« 『株式投資の未来』 | トップページ | 米国株 非米国株 »

まずは口座開設

【作戦】
@2008-約20年間長期間にわたり国際的な分散投資を行います。
@年間投資額は8000-21000$、年間に3-8回程度の買い付け。
@コストをできるだけ抑え、ネット利回り最大を目指します。
@基本的に面倒くさいことはやりたくないのでやり方を決めたら自動操縦を行います。

【目的】PTを目指します。空いた時間で語学の勉強などをします

【投資対象】国際的な分散投資を最少のコストで行うためETFを選択。シーゲルに感化されております。
WisdomTreeなど日本で扱っていないものも多く、またコストの面からも海外の口座を選択。
例えば日本・海外のコストに関してはthe_beach_ossanさんのブログで紹介されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/the_beach_ossan/2010340.html

海外の銀行口座からでも売買はできるのですが、これもコスト高
ちなみに、citiシンガポールでは買い付けに0.35% 口座維持に資産の0.04%/年かかるため#1年に3回7000$づつ購入する際2028までに少なくとも$5689の費用がかかります(¥→$の費用を1$につき50銭として計算)さらに送金手数料などもかかります。

ということで海外の証券会社を探します。
ぐぐってみると、Firstrade かInteractive Brokersが残りました。で、その比較ですが、
において乙川さんが
>Interactive Brokers は、口座維持費用が高いと思います。
>バイ・アンド・ホールドには向きません。
と書かれております。

また、http://firstrade.guupon.com/ib.htmlでも
>Interactive Brokersの特徴
>どちらかというと、デイトレやスイングトレードなどの短期売買したい
>人に向いています。その主な理由としては、手数料が安いこと、
>トレーディングツールが充実していること、の2つがあります。
と述べられており、長期にはfirstradeかと思いましたが、
果たして本当にそうなのか?ということで

年間に3回7000$づつ買い増し方法で2028年まで計算してみました。
Firstrade $2643 +送金手数料(¥→$の費用を1$につき50銭として計算) 1回6.95$
Interactive Brokers $2520 送金・為替はほぼ吸収できる       月に10$
結論としては大差なしか、少なくともFirstradeの圧勝とまではいかず。

砂漠のキツネさんは
http://blog.livedoor.jp/desort_fox/archives/cat_7527.html
>Q)Firstrade証券とInteractive Brokers証券で迷っているの
>ですが?
>A)私も未だに悩んでいます。Interactive Brokers証券の為替
>システムは確かに魅力的です。ただ取引をしないのに毎月
>手数料を引かれるのが納得できなかっただけで、
>将来的に口座を開くかもしれません。
また
http://blog.livedoor.jp/desort_fox/archives/cat_7527.htmlで
>Interactive Brokers証券にも非常に興味があります。
>それはこの証券会社へ円で送金(新生銀行であれ
>ば手数料無料)すると自動的にかなり有利な(FXの
>ようなレート+手数料2.5ドル)でドルへ両替してもらえ、
>そのドルを別のアメリカ国内銀行口座へ引き落とす
>ようにしておくと、実質的にFXで両替したのと同じよ
>うな両替が可能になるからです。

で、結論

Interactive Brokersでいいじゃないかな? 

為替とかの底は分からないし、たとえ年に3回しか取引しないとしても、いつドルに変えるかのタイミングなんて分からないし、ドル転送金の複数工程が面倒くさいし。また、時間的な分散もしたいので年に8-10回程度の小額買い付けになるかもしれないので・・・
あと、銘柄も複数に分散したいのでどうしても小額の投資になりやすいし
ただし、いったん決めるとやっぱやめた、この口座は放置、というわけにいかないので
注意
さっそくデモ版を試してみます。
駒沢公園散歩人さんのブログに詳しく載っています。
http://komazawapark.blog99.fc2.com/

|

« 『株式投資の未来』 | トップページ | 米国株 非米国株 »

口座開設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/10002012

この記事へのトラックバック一覧です: まずは口座開設:

« 『株式投資の未来』 | トップページ | 米国株 非米国株 »