« 『賢明なる投資家』 | トップページ | 『借金国家から資産を守る方法』 »

海外への長期投資 為替は?

2008年3月8日『週刊ダイヤモンド』野口悠紀雄「超整理日記」より

東京都内で販売されているビッグマックは¥290、課税前価格は¥276 マンハッタンでは課税前価格$3.49課税前価格が同一となるような為替レートは$1 ¥79.14となる

1$が79円か! ということは、いまでも十分円安なのか?

海外への投資を考える上で為替は避けて通れない難問ですが、たしかシーゲルの本には「為替のことは気にするな」1900年代の英国ポンドと米国ドルの関係を見ても結局はとんとんだったじゃないか と書かれていた記憶があります。

うーん、米ドルねぇ 下がるんでしょうが、それ以上に日本円が・・・

とりあえず、今のところ為替に関していつ、どのように円を外貨に換えるのかルールが定まっておりません。とりあえず、ETFを購入できるドルの余力は残していますが、今後の課題として、いつ、どのようにドル転していくか決めたいと思います。

ETF購入と同じく、日を決めてドルコストで買っていくのがいいのかなぁ?

|

« 『賢明なる投資家』 | トップページ | 『借金国家から資産を守る方法』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/20648185

この記事へのトラックバック一覧です: 海外への長期投資 為替は?:

« 『賢明なる投資家』 | トップページ | 『借金国家から資産を守る方法』 »