« 臆病者のための株入門 | トップページ | 『国家の品格』 »

大恐慌だとしたら・・・

20年後にはPerpetual Traveler「永遠の旅行者」を夢見てはじめのブログですがしばしば不安に襲われます。

低迷する日本株式のごとく20年たっても、ずっとそのまま、いやむしろ今が大恐慌の入り口---サブプライムローンははじまりに過ぎないとしたら・・・。

ありえない話ではないでしょう。

藤原正彦氏の『国家の品格』に以下のような一節があります。

国際決済銀行の発表によると2004年でデリバティブの残高が一兆円の二万五千倍、 二京五千兆円という世界のGDPを足し合わせた何十倍にも及ぶ。

リスクを4%としても一千兆円規模の時限核爆弾のようなものだと。

たしかに、こんな世の中がずっつ続くと考えるほうが間違いかもしれない。地球温暖化などの環境問題、新型インフルエンザの世界的大流行、最近活発となってきた地殻活動による大震災・・・

そんなことを考えていると、長期投資が無意味なことに思えてきます。

そんなことより、畑を耕し、食糧の確保を真剣に考えたほうがよいのかもしれません。

まぁ、こういうくらい話ばかりが聞こえてきたら底だという説もありますが、またいろいろ勉強してゆきたいと思います。

|

« 臆病者のための株入門 | トップページ | 『国家の品格』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/20330010

この記事へのトラックバック一覧です: 大恐慌だとしたら・・・:

« 臆病者のための株入門 | トップページ | 『国家の品格』 »