« 下げるほうが嬉しいはず・・・ | トップページ | 『大投資家の名言』 »

6月はこうでした

08_06

あまり、代わり映えせず、ほんとうはNGなのでしょうが、別会計に日本株やEZYもあります。 これをやりだすと、別会計だからま、いいか!となって思わぬ浪費や、騰落による思わぬ動きに適切な対処がとれないという危険があります。ひょっとすると、もう少し米株を減らすほうがいいかもしれません。

        1988年12月末    1998年6月末  

  • USA       28%           48%
  • 日本       43%           9%
  • 英国       8             10
  • フランス・ドイツ 5             10
  • そのほかの国々16            23

『インデック・スファンドの時代』 J・C・ボーグルより

2005年では

  •           2005      
  • USA       48.7%           
  • 日本       12.3%           
  • 英国       11.5             
  • フランス・ドイツ 8             
  • そのほかの国々19.5%

海外移住を目的とした資産運用
+ A Place in the Sun +

http://blog.ontheroad.jp/world_markets.html

「MSCI インデックスの構成国と構成比率(グローバル)」を参照しました。

あまり、98年と大きく変わっていない。

ボーグルいわく、88年の日本の時価総額も世界の半分くらいを占めていた。米株が日本と同じようにならないとは限らない。

不気味だな、そう思ったら米国を35-40%くらいに落としてもいいかもしれない。その際組み入れるのは どうする? 新興国?

資源国?

ひょっとして日本?  

ありかもしれない。ゆっくりと調べていくこととしよう。         

|

« 下げるほうが嬉しいはず・・・ | トップページ | 『大投資家の名言』 »

ポートフォリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/21982461

この記事へのトラックバック一覧です: 6月はこうでした:

« 下げるほうが嬉しいはず・・・ | トップページ | 『大投資家の名言』 »