« ブラボーな下げ | トップページ | 『まぐれ』 »

『ジムロジャーズ中国の時代』

ジム・ロジャーズ中国の時代

ジム・ロジャーズ中国の時代

著者:ジム ロジャーズ

ジム・ロジャーズ中国の時代
『中国投資の王道』http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_864b.htmlとあわせて読みたい本ですね。
本書では、各テーマにそってさまざまな銘柄が挙げられていますが、おそらくこれは書いたとたんすぐに古くなっていると思われます、書籍で挙げるのは無理がありそうです。
個々の銘柄なんて、ましてや中国の情報収集などははなからあきらめているため、投資に関しては『中国投資の王道』で挙げられていたETFを購入しようと思っております。
いくつか、参考になった点:
p60 PRS (ポリティカル・リスク・サービシーズ)グループ2001年以来中国を「低リスク」国 スコア50点満点で47.5と判定。ちなみに 日本は46点 米国30.5
リーマン、AIG問題で大揺れに揺れているアメリカは 経済基盤もヤバく やはり high risk なのでしょう。
中国と並び、今後の成長が期待されているインドに関しては「インフラ整備かなり遅れている」ため相変わらずnegativeですね。
p177 1980年代にニコンをぶら下げた日本人がルーブル美術館やピラミッドへ押しかけたその時と同じように中国人が大挙してやってくる。日本人はさざなみ程度でしかなかったが、今度の中国はBIG wave
たしかに、もうすでに、中国人観光客は結構いますものねぇ。
 
なんだか、アメリカは超ヤバイ 日本はさらにヤバイそうだし、そうすると、残るのはやはり中国なのかなぁ?とりあえず、ユーロ資産とオーストラリア、ニュージーランド資産をふやそうかな?そんな心境になりました。
中国への投資を増やしてゆこうとは考えておりますが、食品の安全だけは何とか守ってくれよ!と思う今日この頃でした。

|

« ブラボーな下げ | トップページ | 『まぐれ』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/23907893

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジムロジャーズ中国の時代』:

« ブラボーな下げ | トップページ | 『まぐれ』 »