« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

『チャイナフリー』

チャイナフリー:中国製品なしの1年間

チャイナフリー:中国製品なしの1年間

著者:サラ・ボンジョルニ

チャイナフリー:中国製品なしの1年間
『チャイナフリー』サラ・ボンジョルニ
中国製品なしの生活を一年やってみました・・・・以上おわり。
別にたいして深くない話 拾い読みだけで、まぁいいか。
予想通りの内容にしか読めませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにVIXをのぞいてみると

足元の景気環境はいかがなのでしょうか?

それまで、求人の反応が鈍かったのですが、なんだか最近求職者が増えてきたような気がします。一時的なものなのでしょうか?

それはさておき、久しぶりにVIX 恐怖指数をのぞいてみました。

http://finance.yahoo.com/echarts?s=%5EVIX#chart10:symbol=^vix;range=19900102,20081121;charttype=line;crosshair=on;ohlcvalues=0;logscale=on

タイムスケールをマックスにとってみると、すごい勢いですね 滝登り状態

個人的には恐慌の底は3年後、それからもだらだらした相場が十年前後続くことも念頭に置き投資していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さらば財務省』高橋洋一

さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白

さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白

著者:高橋 洋一

さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白
『さらば財務省』高橋洋一
期待していたものより迫力は少ない印象でした。
私としては、もっとこうドロドロした怨念が伝わってきたり、ノーパンしゃぶしゃぶの話やら、だれそれが、こんなヒドイことしていた風の暴露話を想像していたものですから・・・( ̄Д ̄;;
p71 2008年8月 日銀がとったゼロ金利政策の解除に、クルーグマンは「これは失敗する」
「日銀は市場には資金が『ジャブジャブある』というが、真っ赤な嘘だ。日銀がハイパワード・マネーを増やしてデフレを解消し、穏やかなインフレにしない限り、日本経済は立ち直れない。それもせずに、ゼロ金利を解除したら、、日本経済は壊滅状態になる」
かのクルーグマンがこうおっしゃっていたのですね。まだ判断するには早すぎますが、クルーグマンの言う通りになりそうですね。
p157 「公務員住宅などの国有財産は民間に所有権を移した方が、財政の観点や資源の効率利用の観点からいっても望ましい。その上で民間から借りればいい」
財務省は「国有財産は必要だ」
そうですね、こういうところはなぜか民営化とか市場原理を導入しないんですよね。ったく財務省は・・・。
p183年金はバランスシートで見れば破綻寸前。政府が約束している給付金は今の保険料では将来的には、まかなえなくなる
p191 1995年大蔵省理財局に勤務していた著者が、初の国のバランスシートを作成していたが、他部局からの猛反発で幻に、反対理由は明白「そんなものをつくると、国の隠れ資産と隠れ負債が白日の下にさらされてしまい、われわれに都合が悪い」
p192財務省の主張する834兆円は「粗債務」で、国際的にしばしば使われている「純債務」ではない。粗債務は政府が持つ膨大な金融資産を差し引いていない。日本政府ほど政府が多額の資産を持っている国はなく、2005年末に発表されたがくでは538兆円にもあがる。
増税ありはトリック
このあたりの数字を出しての突っ込んだ話は素直に頷けます。
でも書きましたが、財務省と高橋氏どちらを信じるかと言うと私は後者ですね。残念ながらマスコミはあまり取り上げませんが。
p194
2007年10月17日に経済財政諮問会議が示した資産について
最も楽観的な資産でも8兆円の増税が必要になり、どのみち増税は避けられない運命だと思わされてしまう。
p194 2007年10月17日に経済財政諮問会議が示した試算
  1. 18年間は長すぎる「マクロ計量モデルの長期計算はできない」エコノミストの常識 せいぜい5年程度
  2. 歳出の増え方:社会保障は1/3にすぎない無駄がある公務員人件費や公共投資なども伸ばそうとしている
  3. 名目成長率の低さ 2-3%は低いのではないか?
  4. 金利の設定
これですよ、これ!
財務省のウソ!!
ちゃんとこの辺りのデータを出してくれればだれもが納得するのに、なかなかこういうロジックは出てきませんよね。
あとは、公務員制度改革の話など。
ほんとうに頼みますから公務員制度改革をやりましょうよ。
高橋氏のような学者肌の元官僚からの情報発信は貴重です。
これからも、高橋氏の発言を要チェック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実際日本の借金は?

2008年11月号 『エコノミスト 投資の達人』より
高橋洋一氏の言葉よりp54 
米国債 100兆円 を含めて政府の資産を全部足すと700兆円あります。
世界標準では、資産を差し引いて、借金は300兆円と言うんです。
あれれ、いったい日本の借金って実際はいくらあるんでしょう?
財務省は800兆円とも1000兆円とも言ってますが・・・
857兆4834億円となっておりました。
でも、高橋氏の試算でいけば、なんだか 子や孫の代に迷惑をかけずやっていけそうな気がします。
無駄な公務員の天下りなんかをカットすればOKじゃないのですか?
 『エコノミスト』増刊10月号2007年 民主党前原氏談
「天下りをしている官僚の数は、現在約2万8000人います。それを受け入れる外郭団体が約4500あって、毎年約12兆円近くの補助金が流れている。」
早く選挙ないかなぁ。政権変わっても公務員改革はできないかもしれない。でもなにかが変わらなきゃね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜかフィンランド語・・・?

このところ、ずっと仕事でオフィスに籠っております。

たまにお客さんがやってきますが、先日はじめてフィンランド人の方がこられました。

やはり名前の後ろには○○ネン とネンがついていました。

フィンランドの言葉をしゃべってもらいましたが、なんだか、ピンポンピンポンと不思議なリズムの言葉でした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

人口はわずか五百万ちょっと、消えゆく言語なのでしょうね。

日本も私もいつまでも内向きでチマチマやってちゃだめなのでしょうね。

ともかくTOEIC目前ですので 英語勉強しなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気対策はお金を使うこと

『週刊ダイヤモンド』2008/11/8号p35大前研一氏の言葉から

日本人は年金の三割を貯金に回す。そして平均3500万円もの金融資産を残して死んでいく。死ぬ瞬間がいちばんカネ持ちなのである。 

「彼らになぜ貯めるんですか」と聞くと「イザというときのため」と言う。「イザというときとは?」と聞くと、「そりゃ、イザってときだよ」と同じ答えが帰ってくる。考えていないのである。

死ぬまでお金をため込んでゆく姿に疑問を投げかけているのですが、ひょっとしたらその「イザ」っていう時は、死後なのかもしれません。

一説には葬儀業は15兆円産業と言われておるようですが、http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4GGIK_jaJP270JP271&q=%E8%91%AC%E5%84%80%E7%94%A3%E6%A5%AD%E3%80%80GDP%E3%80%80%E5%85%86%E5%86%86&start=0&sa=N

さすがに、それは大げさなような気がします。

http://www.meti.go.jp/policy/newmiti/mission/2007/web_1/sousetsu05.htm

[年間売上高]

年間売上高をみると、最も多いのは「新聞業、出版業」の49900億円、次いで、「クレジットカード業」の16583億円(ただし、営業収入額)、「葬儀業」の8914億円、「結婚式場業」の8911億円となっている。

就業者1人当たりの年間売上高をみると、「新聞業、出版業」が3918万円、「クレジットカード業」が3496万円と、この2業種が群を抜いて高いものとなっている。一方、「カルチャーセンター」は104万円と最も低いものとなっているが、これは常用雇用者が少なく非常勤講師等の臨時雇用者が多い雇用形態によるものである。

日本人が葬式にかける費用は、http://mrs.allabout.co.jp/p/p50005/0310.htm

1年の死亡者数が100万人とするとそれだけでも、3兆円、そしてその後数年間に及ぶ法事などを考慮に入れればかなりの額になりますね。ざっくり5-10兆円くらいでしょうか?

私としては葬儀にカネをかけるより、もっと生きたカネを使いたいと思います。

経営はいまだ巡航速度にいたっておりませんが、とりあえず、今年一年頑張ってくれたスタッフにボーナスをしっかり出してやりたいと思いますヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『おい、ブッシュ、世界を返せ!』

『おい、ブッシュ、世界を返せ!』
51k24rrtmpl__sl500_aa240_ 2003/11/29 マイケル・ムーア
やっと、ブッシュ政権の終わりも見えてきました。本当に長かったですね。さて、世界は元通りになっていくのでしょうか?難しいと思いますが、ブッシュがむちゃくちゃにした頃よりはよくはなっていくのでしょう。
さて、本書ですが、ブッシュの9.11以降対テロ?の名のもとに行われた「ブッシュの戦争」について、公開された情報を徹底的に調べまくっています。
p19 退任していくクリントン政権の高官たちからオサマ・ビン・ラディンについての警告を受けたのを喧嘩腰で無視した弱みがあるからか? Michael Elliot et al They hada a plan  time magazine.august 12 2002
p37 9.11テロについて なぜ、議会が調査報告書をまとめたときそこからサウジアラビアが攻撃に果たした役割について28ページ分を削除させたんですか?
テロリストではなく、軍事攻撃で十分な訓練を受けた先鋭中の先鋭だったら?
はじめから大義のなかった戦争ですが、われわれはイラクのテロリストが9.11を起こしたと思い込まされているようですが、実はサウジアラビアなのですね。
p57クリントン は ユノカル やエンロンやハリバートンがテロリスト 国家と商売するのを許さなかった。そこで、エンロンはクリントンゴア枢軸を倒すべく、ブッシュの最大の支援者となった。
さて、バラク・オバマはどのようにアメリカの秩序、世界の秩序を構築してゆくのでしょうか?よい時代の訪れを期待しております。
p167 僕たちが戦いを挑むべきテロリストは国内にいる。問題意識はそちらに向けるべきだ。いつの日か国民が再び正当な手続きで大統領を選べるようになり、金持ちが社会的責任を果たすようになる時まで
ガラでもありませんが、一市民の私たちも戦い続けなければならないのかもしれません。
そういえば、日本の衆議院解散総選挙はまだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Interactive Brokersへ質問

http://www.interactivebrokers.com/jp/main.php

メインの画面右の

から口座管理でログイン

左側のmessage centerをクリック

   Unread    Tickets    Messages    Corp Actions
そこから、create new Ticketを押せば、どうやらmessageを送れたようです。

Thank you for your inquiry. As per the audit trail, you originally submitted a GTC order to BUY 500 shares of 2800.HK @ 14.44 at 17:45 HKT on Oct 18, 2008. This order was executed at 10:00 HKT on Oct 23, 2008 and 500 shares of 2800.HK was purchased @ 14.44.

There is another order though, which was a DAY order to BUY 500 shares of 2800.HK @ 14, submitted by yourself at 10:34 HKT on Oct 23, 2008. Subsequently you tried to modify the order size to 100 at 10:35 HKT and it was rejected due to incorrect board lot size.

If you have further question, please feel free to contact us
.

orderの価格と約定の価格が違ったので質問しました。

どうやら私の勘違いらしく、以前のorderが残っておりそれが執行されたようでした。

たまにしか、order出さないので、結構低い値で指値出していたつもりなのですが、それ以上に市場が動いちゃっているのですね。orderのサイズが100では受け入れられなかったので、ガチャガチャいじくりまわしているうちに分からなくなったようです。paper account でもっと練習を積んでおくべきだった!!

まあいいや!今後反省してもう少しちゃんと記録とっておこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Interactive Brokersからさっきのアレなしで!

少し前にIBからメールが来ました

Dear IB Trader,

An execution has occurred in this account that is being declared erroneous. The transaction is in the process of being removed from the account as a result of this ruling.

The execution(s) are as follows;

2008-10-03 09:30:00
Bot 4 KXI @ 48.90

* A ruling has been made on this execution and it has been determined that it was clearly erroneous.


**NOTE**
The original order entered, which resulted in this execution, has been canceled. Traders must review the current account position and working orders to determine if it is necessary to resubmit any orders not currently working as a result of this ruling.

GENERAL ERROR TRADE INFORMATION
In order to promote a fair and orderly market in which to trade, exchanges often make decisions to allow or disallow trades based on a number of factors. The exchanges each have their own guidelines that are used in evaluating executions, some of which are made public and some are not. Currently the exchanges operate as "Self Regulatory Organizations" or SRO's, which gives them the authority to make such decisions. Generally speaking, decisions are based on the following types of factors
:

ようは、さっきのあの約定はウソウソ、アレなしでお願い!というような意味でとりましたが、こんなことが度々おこると困るなぁ。\(*`∧´)/以下はこんな時に起こります。

* Pre-market or after-market hours.
* Excessive delay in request to review transaction(s)
* Suspicious trading activity
* "Locked" or "Crossed" market
* News released for security
* Relative volatility for security
* Relative volume for the security
* Trading in security was recently halted / resumed.
* Security is an IPO
* Stock split or reorganization
* Generally volatile market conditions

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サブプライム危機はこうして始まった』

サブプライム危機はこうして始まった 決定版 アメリカからの最新リポート

サブプライム危機はこうして始まった 決定版 アメリカからの最新リポート

著者:ブルース E ヘンダーソン,ジョージア ガイス

サブプライム危機はこうして始まった 決定版 アメリカからの最新リポート
p30
結局、借り手の債務不履行がわずかながら表面化してきたとき(実際は、そのときすでに背後には何十万件もの滞納や返済不能が発生していたのだが)、ずさんな産業全体の仕組みが、瓦解
そりゃそうだよね。返せるわけないじゃん、日本であった「ゆとりローン」みたいなものでしょ?何も学ばなかったのかな?やっぱりそういう意味ではバブルだったのですね。
そこまで、アメリカの住宅状況がバブルに浮かれていたなんて気づきませんでした。
『差し押さえられた夢2008年の状況』
「サブプライム住宅ローン危機は、たくさんの低・中所得者層の人たちからその富の大部分を略奪してしまった。その富とは彼ら裕福でない人たちの、主な、いや唯一の試算である自分の住宅だ。 (中略) 試算ではこれにより合計1640憶ドルから2130億ドルもの有色人種の富が奪われてしまった。この数値は米国市場、有色人種にとっての最大の損失となっている」
世界的にヤバイ状況ですね。さてそれではどのように対応したら良いのでしょうか?
p190 もっとも重要なことは「お金」が持つ本質的な「意義」「機能」また「お金」が絡む場合の「相互信頼」の重要性、そしてローンなど「信用制度の意義」と「利用の仕方」についてみんなの習熟度をまずは高めること
    • 政府の介入
    • 格付けの厳格化
    • 企業倫理
「ウォールストリートには、”コストがいくらかかろうが、勝利することが肝心”だとするカルチャーがある勝利すれば誰のドリームよりも大きなものを手にすることができる」
もうね、そんな間違った文化を正した方がいいですよ、ほんとに!
アメリカや中国的?文化よりも日本文化の方が理想的な気がします。
がんばれ日本!
でも、くたばれ官僚主義!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月に約定したものは?

いつもと同じETFのほかに、香港およびTOPICSを買っちゃいました。
Interactive Brokersで買ったのですが、はたしてTOPICS連動1306は日本で買った方がいいのか?アメリカ証券会社を使った方がいいのかは?いろいろな状況によるので私にはわかりかねます。ただ、指値に刺さっちゃっただけです。ヽ(´▽`)/
2800 トラッカーファンドオブ香港 @14.40
1306 @797
DBC @27.84
DLS @38.53
KXI @47.81
VB @47.275
VDE @74.6
VGK @44.44
VNQ @46.0
VTI @48.27
VWO @27.37
個別で日本株をいくつか買ってしまいました。日本株のウェイトを下げたい下げたいと思いながら…これだ(;;;´Д`)意志が弱い・・・
仕方ないので11月は外国株式をドーンと買っちゃおうかな しかし先立つものが…  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『なぜグローバリゼーションで豊かになれないのか』

なぜグローバリゼーションで豊かになれないのか―企業と家計に、いま必要な金融力

なぜグローバリゼーションで豊かになれないのか―企業と家計に、いま必要な金融力

著者:北野 一

なぜグローバリゼーションで豊かになれないのか―企業と家計に、いま必要な金融力

豊かになったはずの日本ですが、生活の実感として豊かさが感じられないのはなぜでしょうか?

相変わらずの長時間労働の毎日ですし、通勤ラッシュや住宅事情・・・

それほど豊かでなくてもいいので、生活の実感として豊かさを享受したいものです。

本書では、

『人間を幸福にしない日本というシステム』http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_482d.html

『日本は金持ちあなたは貧乏』http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-0076.html

などとも通じる、根本的な日本の経済制度に対する言及もなされております。

p116 いずれにせよ、豊かさを実感できないのは、少数の生産者が保護されている結果、物価が高いからだ。多数(生活者)の犠牲の元に、少数(生産者)が利益を享受していることになる。
p132生活者から搾取した超過利潤を、生産者の守護者である政治家と官僚が分け合った。その分、我々の生計費は割高になった。
面白かったのは
p113の記述 1986年大前研一の新国富論 1ドル150¥は過大評価、生活実感にあうレートは1ドル300¥ 
年収1000万円でも3万ドル程度とのこと、実際の生活実感としては本当にその程度かもしれませんね?
しかし、もし1ドル300円の生活実感だと現実のこの為替レートとくに今の円高はどう説明すればよいのでしょうか?はたまた、このギャップをどのように利用すればよいのでしょうか?
円貨を稼いで海外でドルベースの生活が理想的ということなのでしょうか?
取りあえず、引き続き英語の勉強をしてゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界恐慌を乗り越えろ 4)体が資本

  • 何歳くらいまで生きたいですか?
  • あるいは、何歳くらいまで生きられると思いますか?

私が高校生くらいの頃、『41歳寿命説』西丸 震哉著 という書物が世に出されました。

疫学的な話は当時より興味を持っており、そんなことはあり得ない。41歳が寿命(平均余命)なら新生児・乳幼児の死亡率がめちゃくちゃに上がらない限り起こりえない、と判断し本書は読んでおりません。センセーショナルなタイトルが印象的でしたが、実際人に聞くと平均寿命くらいは生きられると思っている方は多いようです。

平成18年度版の簡易生命表によると男性79.00歳、女性89.51歳だそうです。

http://www.jili.or.jp/lifeplan/event_type/lifesecurity/oldage/1.html

少し誤解があるかもしれませんが、例えば「70歳の男性があと9年か?」なんて思うのは間違いです。70歳の男性は14.69歳あります。平均寿命とは0歳児の平均余命のことなので生き残っている人の余命は当然長くなります。

そして、当たり前のことですが、統計的に意味のある平均でも、その前後にバタバタと天に召されるわけではありません。

さて、前置きが長くなりましたが、本題です。

実は私は90歳以上まで生きていたいのです。なぜか?

その頃の世界がどのようになっているのか興味があるからです。夢も希望もないような世界になっているかもしれません。80年代に流行った近未来映画のような世界になっているかもしれません。それでも、見てみたいのです。

そして、当然 長期投資では投資期間が長くなればなるほど複利の力で資産が増えていきます。50年後の資産残高がどれくらいになっているのかなど興味は尽きません。

もちろん、その時期に例え何億あろうが、使いようがないのでは?という疑問はあります。ただ、もし本当に50年の猶予期間があればそれまでに、正しい 生きたお金の使い道が決められるとは思っています。

で、大恐慌を乗り越えるにも体が資本でしょう。

とりあえず、キチンと睡眠をとって、食事に気をつけ 塩分・脂分をひかえております。あと、もう少し運動ができれば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »