« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

不動産投資ってどうだろう?

REITじゃなくて リアルなリアルエステート

たとえば、競売とか?ググってみました。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGIK_jaJP270JP271&q=%e7%ab%b6%e5%a3%b2%e3%80%80%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3

その中でも

株式会 社 フジホー { 富士宝 }
さんのホームページが網羅的で勉強になります。

http://www.keibai.co.jp/

書籍などもあまたで回っておりAmazonでは

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%8B%A3%94%84

こんな感じです。WWWで情報が得られるのであれば、わざわざ書籍を購入しなくてもよいかと思われます。

法律などはコロコロ変わっていくので、書籍は中身を見るまでどこまで現時点で通用する情報なのかが判断できません。もちろん、目が疲れにくい、どこでも、寝転がってでも見られるなどのメリットもあるのですが・・・

以前から興味はあるのですが、時間と根性?が足りずにまだ動き出しておりません。

金利も安くなっているし、借金はしやすくなっているのになぁ~!

でも、私は商売に関しては きっちり お金を取るところと 投資だと思ってただで提供している情報があるのだが・・・?

不動産投資:今後の検討課題です。

あっ!ちなみに私は借家住まい、不動産は全資産の約10%を目標にしております。

不動産投資を考える上で重要言葉

For those who are very interested in investing in real estate:remember that a home is much more important than a house

『声に出して心で覚えておきたい英語の言葉』酒井一郎 p67より

そうですね、もっと「家庭」を大切にしなきゃね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富裕層になるためには?

『PRESIDENT 2008/5/19号』p49より
【純金融資産の保有額別マーケット規模の推計(2005年)】
【純金融資産の保有額別マーケット規模の推計(2005年)】
各分類の上段は金融資産額、下段は世帯数

国税庁「国税庁統計年報書」(2004年)、総務省

「人口推計」(2004年)、総務省「全国消費実態調査」(2004年)、

およびNRI「生活者1万人アンケート調査」(2003年)よりNRI推計

1997年、2000年、2003年の数値は、2004年の推計

さて、その割合は

  • 超富裕層 0.1%
  • 富裕層 1.7%
  • 準富裕層5.7%
  • アッパーマス14.3%
  • マス層78.2%
こうやって見ると、日本はそれほど不平等とは言えない上位
約2割で資産の半数以上ですか、アメリカ、ラテンアメリカ諸国に
比べて不平等ではないとは言えやはり格差がありますね。
グラフを見ると富裕層・超富裕層の世帯数が減っているのですね。
まさに、一人勝ち状態になりつつあるのでしょうか?
さて、私 以前は準富裕層に届いていた気がするのだが、なんや
かんやでマス層まで落ちこみ、現在はようやくアッパーマスに復活
したかな?目標は0.1%に入りたいですね。それがゴールではありま
せんが、諸般の事情により、将来的には0.1%くらいには入らなけれ
ばいけないと考えております。
さて、『PRESIDENT』では富裕層を3つに分類していました。

1)突然の金持ち:投資には積極的

2)コツコツ金持ち:プロフェショナル仕事に忙しい、預貯金の

  占める割合が半数以上

3)最初から金持ち:増やすことよりも減らさないことを!

しかし、ヘッジファンドや商品ファンドなどのオルタナティブ保有率は

16% この層に深く食い込んでいる金融機関の賜物?

医師や弁護士、会計士は富裕層のなかでは突出して稼ぎがいいわけ

ではない。コツコツ金持ちが頑張っても富裕層どまりで、超富裕層にな

れないという傾向に一致しているとのこと

稼ぎがいい仕事でも、コツコツのみでは超富裕層にはなれないもの
なのですね。ふーん、考えさせられます。
ちなみに、富裕層の 投資目的の不動産所有率はほぼ半数とのこと
私も、今後の課題として不動産投資を検討したいと思います。
今後の課題は不動産投資かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一番使っているカードは?

一番使っているカードは?

もちろん、図書館のIDカードです。

図書館のヘビーユーザーです

もちろん、本やDVDも買うのですが、買ったものはいつでも読めると安心してか、ほったらかしになりがちです。2.3年塩漬け状態の本が結構あります。

せっかく楽しみに買ったDVD 3か月たった今もまだ封を開けていません。

最近は娯楽映画のDVDも図書館で借りられます、民業圧迫じゃないかという気もしますが、税金も払っている(今年は払うはず去年は大赤字でなし)し、便利でいいかと恩恵を受けております。

週に1回か2回は行ってる計算になります。

いつも思うのは個人情報大丈夫かなということです。

個人情報の宝庫ですよね。Amazon真っ青、しかもリアルな地域生活に密着しているだけに余計心配になります。

だれが何を借りたかによって超強力なマーケティングツールその他もろもろになりそうですね。

ちなみ、借りた本に「貸し出し一覧」(そのIDの方が借りている書籍の一覧)の小片がしおり代りに挟まっていたりします。借りた本がダブったりしてドキッとします。

さしずめ、私の場合は金融・経済関係が多いのですが、 「あっ、この本読んだ、あっこれも先週借りた・・・」

たまに、新刊本に女性用の香水の香りがうつり香として残っていたり、いろいろと想像をめぐらせると楽しいです。

皆さんもぜひどうぞ!しかし、競争相手が多くなればぜんぜん借りたい本が回ってこないジレンマが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外ETFのリスト

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Exchange_Traded_Funds

ちょっと情報が古いかもしれませんが、海外ETFのリストです。

気になるのはAustralian ETFs です。

STW 200 オーストラリア インデックス
30ドルを下回ってきたら買いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月約定分

DBC 20.16
DLS 30.78
KXI 44.06
VB 37.88
VDE 63
VGK 33.53
VNQ 29.06
VTI 40.87
VWO 21

1月分も約定しました。さてさて、オバマ政権に注目ですねぇ~。

ドルコスト投資をはじめて1年が過ぎました。とりあえず、 good job 自分自身(*^ー゚)bグッジョブ!!!これからも、あと20年近く頑張っていきましょう 自分自身!

先は長いので、とりあえず、一歩ずつね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日米 支払い文化の違いは誤解のもと

メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法 (幻冬舎文庫)

メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法 (幻冬舎文庫)

著者:長谷川 滋利

メジャーリーグで覚えた僕の英語勉強法 (幻冬舎文庫)
『僕の英語勉強法』 メジャーリーグで活躍した長谷川氏の本です。
ちなみに、長谷川氏の著作では『適者生存』面白かったです。ビジネスへの役立ち度では、『適者生存』をおススメします。

適者生存―メジャーへの挑戦 (幻冬舎文庫)

適者生存―メジャーへの挑戦 (幻冬舎文庫)

著者:長谷川 滋利

適者生存―メジャーへの挑戦 (幻冬舎文庫)
さて、英語勉強法を読んで気がついたのですが、
p79 小切手で料金を支払うシステムは、自動引き落としに慣れている日本人からすると面倒。しかし、アメリカでは確定申告を個人で行わなければならない、いちいち自分の出費をチェックできるメリット
小切手がそのまま領収書の役割をする。
つまり、日本のサラリーマンの源泉嘲笑(税務署)徴収ではなく、個人が確定申告をするシステムです。確かそうでした。そうか、それでか?以前のエントリで自動引き落としhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_f612.htmlのことを書きましたが米国ではあまり一般的でないようです。自分でチェックしながら小切手を切る、そして領収書を確定申告に使うとのことです。
日本は納税者意識が低いので、財政の無駄が多くなりがちですね。早く選挙にならないかな・・・待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

consumer sector を再考する

今、ふと気づいたのですが KXIのままでいいのか?

VDC は ER0.20 持っておくには格安 一方KXIはER0.48

ただ難点なのはアメリカのみ  

Vanguard Consumer Staples ETF (VDC)dataは古い

Number of Stock Holdings (Long) 109 Annual Turnover % 12
Number of Bond Holdings (Long) 0 Yield % 1.72
Number of Stock Holdings (Short) --- % Assets in Top 10 Holdings 59.46
Number of Bond Holdings (Short) ---
Top 25 Holdings Sector P/E YTD Return % % Net Assets
Procter & Gamble Company* 22.17 -3.53 14.13
Coca-Cola Company* 23.87 -8.53 7.55
Wal-Mart Stores, Inc.* 15.38 22.81 7.52
PepsiCo, Inc.* 20.41 -7.56 6.83
Philip Morris International Inc* --- --- 6.65
CVS Caremark Corporation* 20.70 -2.37 4.45
Kraft Foods, Inc.* 20.16 2.33 3.59
Colgate-Palmolive Company* 24.39 1.40 2.98
Altria Group Inc.* 17.45 -7.89 2.92
Walgreen Company* 18.48 -3.51 2.84
Anheuser-Busch Companies, Inc.* 19.08 32.61 2.62
Costco Wholesale Corporation* 28.49 -3.32 2.14
Kimberly-Clark Corporation* 16.95 -9.80 2.08
Archer Daniels Midland Corporation* 13.77 -42.60 1.82
General Mills, Inc.* 17.18 20.11 1.55
Sysco Corporation* 18.80 -2.10 1.37
Avon Products* 32.68 13.34 1.32
Kroger Company* 15.27 9.66 1.28
H.J. Heinz Company* 18.32 11.74 1.17
Kellogg Company* 19.01 7.55 1.14
Safeway Inc.* 17.18 -18.40 1.03
ConAgra Foods, Inc.* 15.85 -5.20 0.93
Wm. Wrigley Jr. Company* 25.71 36.66 0.93
Bunge, Ltd.* 19.57 -19.80 0.85
Reynolds American, Inc.* 14.88 -12.49 0.84

現在はhttp://quicktake.morningstar.com/etfnet/Holdings.aspx?Country=&Symbol=VDC

そしてKXIは 

iShares S&P Global Consumer Staples Index Fund (KXI)(dataちと古い)

Top 25 Holdings Sector Country % Net Assets
Procter & Gamble Company* United States 9.01
Nestle Switzerland 7.80
Wal-Mart Stores, Inc.* United States 6.14
Philip Morris International Inc* United States 4.90
PepsiCo, Inc.* United States 4.75
Coca-Cola Company* United States 4.63
Tesco United Kingdom 2.52
CVS Caremark Corporation* United States 2.35
British American Tobacco United Kingdom 2.33
Anheuser-Busch Companies, Inc.* United States 2.18
Kraft Foods, Inc.* United States 2.17
Unilever Netherlands 2.14
Diageo United Kingdom 2.01
Altria Group Inc.* United States 1.92
Groupe Danone France 1.73
Imperial Tobacco Grp United Kingdom 1.72
Colgate-Palmolive Company* United States 1.70
Unilever United Kingdom 1.61
Walgreen Company* United States 1.53
Reckitt Benckiser Grp United Kingdom 1.48
Carrefour France 1.42
Woolworths Ltd Australia 1.30

現在はhttp://quicktake.morningstar.com/etfnet/Holdings.aspx?Country=&Symbol=KXI

ということは、VDCに

  • Nestle 8%程度  Switzerland
  • British American Tobacco PLC 3%程度 United Kingdom
  • Unilever 2%程度 Netherlands
  • Tesco PLC 2% United Kingdom
  • Diageo PLC 2% United Kingdom
  • Groupe Danone 2% France
  • Unilever PLC1.5% United Kingdom
  • Imperial Tobacco Group PLC 1.5% United Kingdom
  • Seven & i Holdings Co., Ltd. 1.5% Japan
  • Woolworths Ltd 1% Australia
  • Reckitt Benckiser Grp 1% United Kingdom
  • L'Oreal1% France

あとは

  • Reckitt Benckiser Grp
  • Carrefour

くらいをまぶしておけば、それでOKじゃないかい?ドルコストで毎月のように買い付けるのは無理だとしても、5銘柄ずつ3か月に1回ほど買っていけば+VDCで世界に分散できますね。

面倒なことに見合うだけのコスト削減はできるのだろうか?とりあえず、今後の検討課題にしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資金ぐりぐり 資金繰り

今 国民生活金融公庫で設備投資用の資金を借りると

http://www.k.jfc.go.jp/riritsu/riritsu_1ran_m.html

特利Oカテゴリなんかだと、年利0.95%でと貸りられます。どういう業種ならOKなのかは知りませんが、もしこれで1億円借りた(実際には条件的に不可能でしょうが)とします。

それをそのまま新生銀行のプラチナ円定期5年もの1.8%で運用します。

税引き後:年1.44%なので5年後の元利合計は1億720万円 

返済は単純に5年で1億500万円 その差220万円のプラスじゃありませんか!しかも、返済利息分に対しては所得課税はかからないのですから・・・いい話ではないでしょうか?

これがもし、十億円あるいは百億円なら・・・2億2千万円か?

*なお、新生銀行の破綻のリスクは考慮に入れておりません( ̄▽ ̄)

某金融機関に変動金利で1.9%となかなかのいい条件で融資を受けておりましたが、なんと利率が1.7%に下がったとのこと。まさか下がるとは思ってなかったです。低利で借り換えができればいいのですが・・・下手に動くと資金ショート起こしかねないしなぁ(≧m≦)

今年は少しでも繰り上げ返済をしようと思っていたのになぁ(今年の目標の一つです( ̄ー+ ̄))

まだまだ道は険しそうです。

がんばれ、オレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始 結局は仕事

今年はちょっとすごい記録かも

TVを全く見なかった。

近所の親類宅へ訪問時 ついていたテレビ 「ビーズB'zの軌跡」を眺めた程度。大晦日も自宅へは割りと早く戻ってきたのに、中途半端な大掃除に追われ、結局 紅白も格闘技(やってたのか?)も観ませんでしたね。その替わり本を読んだり、調べ物をしたり、書類整理などの日々でした。

もともと私はテレビは見ないのですが(一週間に1時間も見ません)、今回ほど あの馬鹿騒ぎ垂れ流しと無関係でいられた年末年始は珍しいです。

元旦から書類の整理、2日・3日とも仕事でした。この不景気の中 求められる仕事があるのはありがたいことです。好きで選んだ仕事ですので、これからもがんばっていこう!

ただし、家族も大切にしないといけませんね。

仕事・健康・家族 いずれも大切にしてゆけるよう今年の目標を設定していこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のテーマのひとつ「環境問題」

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] DVD 不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2007/07/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

環境問題ですね。ずばり!

『an inconvenient truth』不都合な真実観て正直ビビりました。

http://climatecrisis.net/ 

地球史上かつてないほどのCO2濃度ですよ!奥さん!!

65万年で初の300ppmv越え 怖いよほんと!

  1. 白熱灯を小型蛍光電灯に変える
  2. 車を運転しない
  3. もっともっとリサイクル
  4. 運転しないと言いつつもタイヤの空気圧を適正に
  5. なるべく温水を使わない
  6. 過剰包装にNO!
  7. 過剰な冷暖房をさける
  8. 木を植えよう
  9. 使わない時は電気機器をOFF!
  10. 環境問題についてみんなに広げよう

http://climatecrisis.net/pdf/10things.pdf

2 まずは、車なるべく使わない 私は自家用車持ってません。

1 電球は白熱電球を切り替え中LED

3 電池も徐々にリサイクル電池にeneloopすごいですよ

 エネループ充電器+電池セット エネループ充電器+電池セット
販売元:オフィス・デポ ジャパン
オフィス・デポ ジャパンで詳細を確認する

普通の乾電池より 圧倒的に長持ち、通勤途中の語学学習に最適

職場からもなるべく早く帰ろう。お風呂は家族と同時刻に!

そして早寝早起き!

ネットでの書き込みやリアルな世界でも環境問題について述べたいと思います。

8 ベランダでゴーヤでも栽培してみようかな

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4GGIK_jaJP270JP271&q=%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%80%80%E6%A0%BD%E5%9F%B9%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80&lr=

ともかく、これからは グリーンテクノロジーでしょう。

不況でかき消されがちですが・・・ CO2を本気で減らすようにすべきですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年の締め 12月約定分

DBC @21.84 どんどん下がってます(≧∇≦)
DLS @34.01 下げ止まるかな?
KXI @46.07 安心して買い進み
VB @41.09
VDE @71.70 高値買いか?
VGK @39.61
VNQ @33.55 むしろ世界REITのほうが買いか?
VTI @43.69
VWO @24.70
世界REITに関しては下記参照
今年も継続して買っていこう!
Fund Name Morningstar
Category
Market
YTD
Return (%)
P/E
Ratio
Expense
Ratio
( % )
Average
Market Cap
($ mil)
Total
Assets
($ mil)
Claymore/AlphaShares China Real Esta Global Real Estate -55.40 8.66 0.95 4,669 13
Cohen & Steers Global Realty Majors Global Real Estate -- 13.93 -- 5,444 4
First Trust FTSE EPRA/NAREIT Glb Rea Global Real Estate -46.37 12.75 0.60 3,648 5
iShares FTSE EPRA/NAREIT Asia Global Real Estate -51.64 11.31 0.48 6,376 13
iShares FTSE EPRA/NAREIT Europe Global Real Estate -49.33 10.73 0.48 2,199 2
iShares FTSE EPRA/NAREIT Global RE e Global Real Estate -52.06 11.42 0.48 4,408 141
iShares S&P Dvlped ex-US Property In Global Real Estate -50.52 9.93 0.48 4,404 68
PowerShares FTSE RAFI Intl Real Esta Global Real Estate -54.77 9.63 -- 3,881 3
SPDR DJ Wilshire Global Real Estate Global Real Estate -- 13.27 0.50 3,428 14
SPDR DJ Wilshire Intl Real Estate Global Real Estate -51.01 11.26 0.59 3,890 571
WisdomTree International Real Estate Global Real Estate -56.82 8.96 0.58 3,161 53

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »