« 世界経済2000年史 その2 | トップページ | 長期投資家の健康リスク »

恥ずかしい日本の経済

『週刊ダイヤモンド』2008 11/1号
p150 野口悠紀雄 超整理日記より
日本の経験を教えると見得を切れば恥をさらす
日本で最初の資本注入が行われたのは株価バブル崩壊のほぼ8年後
しかも、結局なににどれくらい使って、国民負担はどれくらいかの総括ができないまま、確かに麻生何某は日本の経験を教えると息巻いているかもしれませんが、オバマはそれを反面教師にすると いなす はずです。
しかも、G7ローマでの中川昭一某の酩酊状態・・・(lll゚Д゚)
国民は結局どのように負担したのか?
単純に合算すれば 46.8兆円(各業務の性質が異なるから合算すべきでないらしい)
国民負担は10兆円 破たんした長銀と日債銀 6850億円の住専処理よりも多額 日本人の政策批判能力の低さ
はてさて、今回はいったいいくら負担することになるのでしょうか?というか、その最終合計が出るのはいつのことになるのでしょうか?

|

« 世界経済2000年史 その2 | トップページ | 長期投資家の健康リスク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/28161223

この記事へのトラックバック一覧です: 恥ずかしい日本の経済:

« 世界経済2000年史 その2 | トップページ | 長期投資家の健康リスク »