« 恥ずかしい日本の経済 | トップページ | ちまたの景気 »

長期投資家の健康リスク

『世界経済2000年史』を読んだので、その影響を受けて長いスパンで物事を見たくなります。さて、そうすると、あと、50年くらいは大過なくすごせるのではないか、そんな気になります。

複利計算してみると

50年間6%で運用できれば1万円が18万4022円 1742%アップです。

100万円なら約1840万円

1000万円なら約1億8400万円

なんだか、すでに億万長者になった気がします。

ところが、ここで改めて心配なことが浮かび上がってきます。せっかくの大金を手にしても(実際そうなるとは決まってないのに)元気でなければ使いようがないし、しかも、ひょっとしたらこの世にいないかもしれません!

ゲゲッ!なんてこったヾ(.;.;゚Д゚)ノ そうだ、そういえば墓場にmoneyは持っていけません。

なんのための長期投資なのか?あるいは、現時点でもし「短命」が決まっているのならなにも長期投資をするよりもさっさと、享楽的な生活を享受すればいいのではないか?

原点に帰ってブログの最初のページを再度見直しました。http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/pt_1c37.html

そっか、目標はPTなんだ。60歳代 70歳代でもPTはありですよね。80歳ではちと厳しいかもしれませんが、それでも健康であれば不可能ではありませんね。

最高のリスクヘッジは健康な生活!

健康的な生活、カロリー制限、運動の継続なるべく歩くことなどを心がけたいと思います。

ほかの長期投資家の皆さんは健康リスクをどのように考えているのか気になります。

長期投資家 40歳目前めざせ50年長期投資!

|

« 恥ずかしい日本の経済 | トップページ | ちまたの景気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/27230374

この記事へのトラックバック一覧です: 長期投資家の健康リスク:

« 恥ずかしい日本の経済 | トップページ | ちまたの景気 »