« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

人件費・・・そして納税!

そういえば、人件費で一千万円以上は軽くいっちゃう。専門技能職のスタッフがいるので当然なのですが・・・

まぁ、一人でやれる仕事じゃないから当然なんですけどねぇ~(ちなみに、私の年収は全くそこまで及んでいません(*≧m≦*))。

3月に口座から税金がさっぴかれていきました。大きな額ではないのですが、まぁ ともかく 納税者としては、自分がどれだけ稼いで、そのうちいくらが税金として国庫に納められるのか、はたまたその税金がどこに使われるのか?果たして橋になるのか?ほとんどだれも通らない高速道路になるのか?そういうところをしっかりチェックしてゆく必要があります。

納税者の多くが給与所得者:サラリーマン・サラリーウーマンですが、もっと、納税者意識が必要でしょうねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『得する生活』

『得する生活』橘玲

51p3bpw85rl__sl500_aa240_
p7社会や世界は幻想でしかないが私たちはそこでしか生きられない 
なんかえらくシニカルだな!橘さんってこんな方でしたっけ?
まずは、クレカの仕組みと賢い使い方。
クレカ年間 70-80万くらい使っているようです。あるいは、それ以上かもしれません。
p51年会費無料還元率 0.5%のカード
  年会費1300円還元率1%のカード 利用額26万円で同額のポイントゲットになる
それを考えれば、ポイント還元率の高いクレジットカードを使うべきなんでしょうね
金融機関で金を借りることはプライバシーの放棄
p139 データベースに痕跡を残さず情報が流出するルートが存在する
これはちょっと心配です。私も自分の情報が知らぬ間に流出しているのでしょうねぇ・・・うゎあ~いやだ。
p234いったん不良債権を購入してしまえば、奇特な第三者に物件を譲渡するまでは、死ぬまで所有者としての責任から逃れることはできない。
P243 おいしくない競売 
p245 不動産業は資格と電話さえあれば事業を始められ、新規参入は極めて容易
p246競売に参加する個人は、最低売却価格付近で無意味な入札を繰り返すか、市場価格よりも高い値段で落札することになる。
p248プロの間では、不動産は競売を利用するよりも、業者を通して売主と値引き交渉した方が有利な条件で入手できるというのが常識になっている。
不動産 競売などについても辛口の評価ですね!ただ、実感として書かれている通りだとも思います。基本的には「楽して儲かる」などのおいしい話なんてありませんよね
p272ヘーゲルによれば、生きる目的は他社の承認を得ることにある。
最近、「生きる」とはなどと哲学的に考えたりします。自分探しをする年頃でもないと思うのですが・・・(;´Д`A ```
  • 目的を持って生きること
  • ゴールを定めて生きること

考えなきゃいけないことは多いですなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレジットカードによる生活防衛

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/3-e38d.html

クレジットカード結構使っています。

零細企業家としは、売上の決済はクレジットカードでやって欲しくないのですが、逆にいえば消費者の立場からはどんどん使いたいと思っています。

今までは、借金やクレジットカードを使うことになにか後ろめたいものを感じていました。しかし、よく考えてみると、必要なものを買っているわけで、その決済が現金かクレカかという違いしかありません。今まで、十数年使っていましたが、「カードがあるから気が大きくなって余計な買い物をする」という心配はなさそうです。

では、次にどのカードを持てばいいのかということになります。ここからが非常に難しくなります。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGIK_jaJP270JP271&q=%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%80%e6%af%94%e8%bc%83

今までは、年会費を取られるのが「生理的にイヤ」な感じがして年会費無料のカードを利用していましたが、実際にポイント還元率などを比較すると年間 数十万円を使うとなると考え込んでしまいます。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGIK_jaJP270JP271&q=%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%80%80%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e9%82%84%e5%85%83%e7%8e%87

現在研究中。結論には少し時間がかかるかもしれません

http://www.mukufusa.com/entry/2mai.html#TOP

面白い記事だったのでメモしておきます。

これ面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生産者→消費者 ネット時代の流れはこうか?

これからは こうかも?
中間搾取全くなしの
生産者→消費者への商品、サービスの提供
ちなみに佐藤秀峰氏のページ
プロフィールだけでも読んでみてください。特別にファンというわけではありませんが、表現者としての魂の叫びのようなものに触れられます。その態度および試みには激しく共感することであります。
http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-37ed.htmlに資本主義経済の終焉次のビジネスモデルは?と考えてみましたが、これがひとつの答えなのでしょう。
私としては佐藤秀峰氏の試みが成功することを応援しております。
さて、投資家として考えた場合、どのように投資するのが正解なのでしょうか?ネット関連企業なのでしょうか?個人をパトロン的に応援するのが正しいのでしょうか?
分かるのは今までのような出版・マスコミ・広告代理店などには投資しないのが吉ということなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日のNHKニュースよりスーザンボイル(天使の歌声?)

いくらニュースがない日曜日とは言え19:00のニュースで スーザンボイル(天使の歌声?)を出すものなのか?

youtubeから引っ張ってきただけの映像じゃないか?

しかも、魂をうちふるわせるほどの歌声とは感じられませんでしたよ。外野がうるさいし、いかにも見た目のギャップを狙っている風で興ざめでした。

youtubeで再度確認しましたが、たしかに素晴らしくはありますが、感動して涙が出るほどではありませんでした。コメント欄でみつけたポール・ポッツはちょっと鳥肌モノの歌声でした。

こちらは激しくお勧めしておきます。http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGIK_jaJP270JP271&q=youtube+%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%84

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月約定分 今月からVSSだ!

待望の非米国小型株ETFがlaunchされました。今まではDLSを買っていましたが、乗り換えです。理由はERの低さと日本株の比率の低さです。

Expense Ratio  DLS 0.58%  VSS 0.38%

https://personal.vanguard.com/us/funds/snapshot?FundId=3184&FundIntExt=INT

Vanguard FTSE All-World ex-US Small-Cap ETF (VSS)http://finance.yahoo.com/news/Vanguard-ETF-Targets-etfguide-14872162.html

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=DLS&Country=USA

というわけで4月購入分

    • DBC @20.25
    • DLS -
    • KXI @42.51
    • VB @40.08
    • VDE -
    • VGK @34.18
    • VNQ @27.59
    • VSS @57.4
    • VTI @41.96
    • VWO @26.61

    今月はVDEを中止しました。特に根拠はありませんが、購入総計のバランスをとるための処置です。

    DLSは日本のウェイトが多すぎるかなと思います。バランス的にもER的にもVSSでよいでしょう。Vanguardがどうしても多くなってきましたが、ボーグル氏に敬意を表してこのまま続行してゆきます。

http://etf.gci-klug.jp/news/2009/04/08/000323.php

  • 【VSS】VSSの国別投資比率は
  • 日本の19.2%を筆頭に、
  • 英国16.0%、
  • カナダ11.1%、
  • フランス4.8%、
  • スイス4.5%、
  • 台湾3.9%、
  • オーストラリア3.1%、
  • 韓国3.0%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慣れないことはやはり不安-FX

FXで豪ドル ロングしていたのが、だいぶ含み益になっています。

このような状態にはあまり慣れておらず、利益確定したいところなのですが、「まだまだ上がるかも、放っておけばスワップつくじゃん」などなど内なる悪魔の声に惑わされてしまいます。

20%上がれば利確というルールhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/p48-09dc.html に従えばいいのは分かっているのですが・・・。

もうすでに、含み益は35%以上となっております。

とりあえず、半分だけ少し高めで決済の注文を出しておきました (セコイですが・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『新聞が面白くない理由』岩瀬達哉

51t361svhel__ss500_

『新聞が面白くない理由』岩瀬達哉

『新聞が面白くない理由』岩瀬達哉
本書にてはじめて「社会の木鐸」という真の意味を深く理解いたしました。
いわく、
p7 「むかし、法令をしくとき、木鐸を振り鳴らしてふれ歩いた」
そうなのです。お上からの情報を垂れ流すのが、本来の新聞の意味のようです。
p9『リベラシオン』日本の新聞記者「ジャーナリストと、役所の広報課員との中間の位置」

そう指摘されても仕方ないでしょうね。

p12 毎日新聞94年6月29日「第一通報者宅を捜索『薬剤調合、間違えた』と救急隊に話す-松本のガス中毒死」という誤報
新聞なんて、松本サリンや古くは朝日KYサンゴ礁の頃からこんなもんでしたよね。
p24官マスコミ接待 推定 3年間の総額約1億4240万円
p47都庁第一庁舎6階にある記者室の見取り図 
すごいですね!有楽クラブでは「麻雀ルーム」まであったそうな
p165 朝日新聞 有吉佐和子『複合汚染』74年10/14-75年6/30
 広告スポンサーの怒りを買って、広告を引き上げられると困るので 広告局を通して事前に自動車メーカーや化学品メーカーに数回分のゲラをまとめて見せに行ってた
当然今でもこのような風潮は健在なのでしょうね、あるいはもっとひどくなっているかもしれません。
マスコミの縁故採用
関連会社への天下り 
p197 朝日系列テレビ局 24社 天下り朝日OBの総数は42人
これもよくある話ですね。
p94総額110億7760万円ものクラブ運営費が税金で肩代わりされていたわけである。これを全国紙1社当たりで見ると、約5億3000万円という具体的数字となってあらわれてくる(朝日新聞 毎日新聞 読売新聞の3社平均額)
 はぁ、なんだかな ┐(´д`)┌ヤレヤレ ここまでくると・・・税金払うのがむなしくなってきます。
良書です。新聞やマスコミのあり方に疑問を持つ方はご一読を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはりおかしい 高橋洋一氏 (逮捕) 書類送検

様々な観点より 高橋洋一氏の逮捕 書類送検は不可解です。 

警視庁練馬署からの公表

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-d539.html

でもいくつかの疑問が指摘できます。

  1. なぜ被害者は高価な腕時計と財布を無施錠のロッカーに放置したのか? ふつう鍵をかけ忘れますか? どのような鍵の作りだったのですか?
  2. なぜ、高橋氏は無施錠のロッカーが分かったのですか?
  3. もし、盗んだとしたら、なぜ、盗んだ後ゆうゆうと浴場で過ごしていたのか?
  4. 被害者が盗まれたと気づき → 通報 →駆け付けた署員が防犯カメラをチェック→浴場から出てきた高橋氏に事情聴取 どれだけの時間でこのことが起こったのか?手際が良すぎるのでは?

その後の報道(というかほとんどfollowされていません)も気になります。

亀田しかり、ホリエモンしかり、持ち上げて突き落とすのが大好きな マスコミはなぜ、こんなにだんまりなのでしょうか?

高橋氏なんて、最近とくにメディアの露出度が高かったですよね。それだけの、マスコミの前でいろいろ語らせていましたよね。だったらなぜ、今、彼をマスコミの前で追及しないのですか? 小悪人の責任追及を大得意としているマスコミがなぜ警察発表のみだけで済ましてしまうのですか?

どうも、この件については分からないことだらけですね。  

メディアだけでなく警察についても不可解です。

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-7e71.html

で、『日本の真実』で大前研一氏の指摘がありますが、日本は警察がその気になればだれでも犯罪者に仕立てることができます。

例えば、こんなストーリーはどうでしょう?

「この時計に見覚えはありますか?」と差し出された時計を手にとってみる

はい、その時点でアウト 指紋が付きました!

そんな、単純なものではなく 財布・時計などがわざと目の前で落下してくる

あっ!と思って拾い上げる ハイ!アウト!

最近 『24 トゥエンティフォー』 観て なんでもありだと思ってきました。

植草秀一氏のブログを参考にさせていただきました。http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-c309.html

参考サイト

http://yukoku.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-389a.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »