« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

薄っぺらくなった求人誌

そろそろ、求人募集をしなければいけません。

人手が足りないわけではないのですが、1.2人は余裕がないと、もしもの時に対応できなくなってしまします。

ある程度、人員に余裕がないと、ひきつった顔で接客とかしかねない状況になります。

新聞広告はたしか、6-7万円くらいするので、求人誌で募集を出そうと思っています。今回はパートタイムのみ。それでも、2-3万円くらいはしますからねぇ。もちろん、無料のハローワークにも募集しています。

それにしても、最近の求人誌は薄っぺらいですねぇ。求人誌営業担当者と話しましたが、やはり、不況のあおりで求人自体が大幅に少なくなったようです。

いい人が来てくれたらいいのですが・・・

ちなみに、こういう人

  • 接客が上手な人
  • 事務処理能力が高い人
  • こちらが必要としている専門能力がある、あるいは それへの習得の意欲がある人
  • 勤務時間を融通できる人
  • 長く勤めてくれる人
  • 急に休まない人

こんなところです。

営業担当者は「今はよりどりみどりですよ!」なんて言ってましたが、はたしてどうやら?

あまり、求職者が多すぎてもこちらの対応が大変なりますが・・・

とにかく、求職者もそうでしょうが、こちらも、しっかりと継続的な事業ができるように足場を固めていく必要があります。お互いいい仕事がしたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『この世でいちばん大事なカネの話』西原理恵子

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

著者:西原 理恵子

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
『この世でいちばん大事なカネの話』西原理恵子
美容整形医との脱税?節税話など現世的なエグイ話かと想像していましたが、もっと、根源的・普遍的なお話でした。
  • 親家のなかで貧乏がどんなに人間を追い込んでいくか
  • ギャンブルがどういうものなのか
  • 合コンでおごられて当たり前 そんなお姫様願望は 破綻するし 結婚が避難場所ではないのだよ。いざ、リストラされたり、離婚したり・・・他人のおカネを当てにして暮らしていける時代ではないのだよと
うーん、お話として好きですねぇ~
しかし、どちらかというと、人生の初心者である若者に強くオススメしたいところであります。さして、著者と年齢の変わらない私が人生や投資の参考になるかというと?
お話として読んで、しんみりと再確認するくらいの流し読みが良いようです。
仕事をどうやって取ってくるか、そして、それをどうやって差別化していったのか、そのバイタリティはさすがですねぇ。スペシャリストとして尊敬しいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さらばアメリカ』大前研一

さらばアメリカ

さらばアメリカ

著者:大前 研一

さらばアメリカ
『さらばアメリカ』大前研一
アメリカは復活するのでしょうかねぇ~?
本書を読むと心配になります。
p13今回の金融危機対策で政府が出すと約束したカネの総額は、すでに第二次世界大戦に次ぐ出費となるという。今後の対策まで含めると、歴史上最大の出費となることは間違いない
p23 イラク戦争5970億ドル ベトナム戦争6980億ドル 第二次世界大戦3.6兆ドル 金融危機対策8兆ドル
歴史上最大の出費をしているアメリカにこのままま投資をし続けても大丈夫なのでしょうか?心配になります。ひとつの希望としては、オバマ政権でしょう。そして、オバマ氏が象徴するように、世界中から有能な人材が集まり続けているということでしょう。
p45つぎは「クレジットカード社会」崩壊も
アメリカの金融機関は、クレジットカード事業が収入の20%前後を占めている。その未払いによる損失額は、これまで年間250億ドル程度だったが、2008年は4倍の1000億ドルに達する勢いで爆発的に増えたのである。
そろそろ、カード破産がより深刻となってくるでしょう。サブプラムローンよりもこちらの方が深刻との話もあるようです。なんてったって学生さんなんかも気軽にカードローンを利用するくらいすそ野は広いですから。
p92南部と言えば、農業以外の主要産業は石油と軍事である。この石油と軍事を優先的に考えるメンタリティが寛容だったアメリカを狂わせている
結局のところ、アメリカをそして世界を動かしているのはニューヨークやワシントンでなくアメリカ南部でしたからねぇ~ここ数十年
ほかには、日米貿易摩擦の話でたえず、日本が従ってきたことや日本のマスコミに対する苦言などでした。
  1. 世界に対して謝る
  2. 世界の一員になる
  3. 戦争と訣別する

上記を提言しております。これからは、全世界的な対環境問題としての戦いが始まるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

起業-たこ焼き屋さん

私のオフィス近くにたこ焼き屋さんができました。といっても、ほとんど移動販売のような形態です。半畳ほでのプレハブ内でたこ焼きを作り、お客は持ち帰るかあるいは、オープンカフェ状になっているその場で食べる形態です。

オープンカフェ?と言っても ビーチパラソルを立てているだけで、安いプラスチックのテーブルとプラスチックのイスがある程度。

肝心のたこやきは 8個500円 私は たぶん二度目に来ることはないでしょうが、それでも、思っているよりはお客さんがいましたね。

ロードサイドの割には駐車場もなく厳しい立地だと思いますが、梅雨時や真夏はお客さん来るのかなぁ?

ただ、大失敗をせずに撤退できそうな形態なのでそちらは素晴らしいと思います。

ちなみにちょっと調べましたがhttp://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=1&oq=%e3%81%9f%e3%81%93%e3%82%84%e3%81%8d%e3%82%84&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGIK_jaJP270JP271&q=%e3%81%9f%e3%81%93%e7%84%bc%e3%81%8d%e5%b1%8b+%e9%96%8b%e6%a5%ad

面白いですね、たこ焼き屋さん。

やはり、やるなら、学校の近く 専門学校や自動車学校 自転車・徒歩の人通りが多いところがいいのでしょうね。

人の心配している場合ではなく、自分の事業を心配しなくては、広告費に少し多めに投資していく方向です。

人材もハローワークで募集中なんだけどあまり問い合わせがありません(;ω;) こちらにも、お金と時間をかけなければいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗は悪くない

私の職業はいわゆる自営業です。実は、今の仕事の前にも一度起業しています。大失敗ではなかったのですが、このまま続けていても見込みがないと判断して一回事業をつぶしています。

その時に学んだことです。事業を続けていくうえで最も大事なことはなにでしょうか?

それは、商品やサービスではなく、資金や設備でもなく、人材ですらありません。

最も大事なことは顧客がいるということです。

極端に言えば、モノでもサービスでもそれを必要とする顧客さえいればどんなニッチな商売でも成り立ちます。

誤解を受けるかもしれませんので補足しますと、人材を軽視しているわけではありません。例えば、自分だけでできる事業であれば 人材どうこうを考えなくていいからです。実際、前回の起業は自分だけで始めて、そして つぶしました。現在では何人かのスタッフを雇い事業を細々と続けています。いまでは、本当にいい人材確保の重要性を実感しております。

たぶん、三回目に起業する時は二回目よりも上手になっているでしょう。いまだに10個くらいの起業プランはあるのですが、なにぶん現在の仕事をまずはうまく回さないと始まりません。

『週刊ダイヤモンド』2009年4月11日号 「社会起業家」特集をながめて いくつか興味のある事業がありました。

中田英寿がこういうことをやってみたいと言っていた「グラミン銀行」から「知的障害者が手作業で作るワイン-ココ・ファーム・ワイナリー」「無農薬米生産-吉野農場」などなど

ひとつ気になった事業がありました。これは、短時間で行き詰まるだろうというビジネスがあったので、どこがどうダメか書いておきます。

ホームページはhttp://carepro.co.jp/index.html

p66ケアプロ ワンコイン検診 

代表は看護師で糖尿病の入院病棟でいわば、「手遅れ的な」患者を看るうちに検診の重要性を認識し健康管理サービスの会社を立ち上げたそうです。

そのような病院の患者および知り合いの会社員100人を独自に調査したところ「時間がかかること」「カネがかかること」が検診を受けなかった理由だったそうです。

でも、残念ながらこれはサンプリングの取り方に問題ありますね。入院患者が過去にそう思った、あるいは会社員が現在そう思っているからと言って、実際に不特定多数の顧客が来るのとは違います。顧客のニーズを満たすより、自分が「こうだろう」と思って、それに顧客をあてはめるようなやり方ではちょっと厳しいでしょう。設備にお金もかかりそうですし…。

ただ、これは批判ではありません。エールです。失敗は悪くない。問題はそこから何を学ぶかなのです。

周囲にたくさんの支持者がいたり、別の利益の源泉をもっていたりすれば、これでも続けていけるでしょうが、いずれにせよ、失敗しても 何度でもチャレンジできる社会の方がいいと思いますし。もっと、自営業者や起業家が元気な社会の方が健全ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「究極の資産運用」のつづき

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-ecbe.htmlの続きです。

『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』を読んで考えたことをメモ程度に記しておきます。

今回は「不動産」と「債券」についてです。

p74

世界REIT  

  • RWX  
  • WPS
  • p97 RWO IFGL FFR PRY 流動性に問題か?

p117 世界の不動産 iShares FTSE/NAREIT Global Propety Yield Fund (ドイツ市場)

  RWX:ER0.59 http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=RWX&Country=USA http://www.etfconnect.com/select/fundpages/etf_funds.asp?MFID=170035

日本の比率 約 23%

 WPS:ER0.48 http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=WPS&Country=USA

http://www.etfconnect.com/select/fundpages/etf_funds.asp?MFID=179652

日本の比率が30%越え 経費が安くていいのですが、日本比率をどう考えるかどう考えるかですね。

iShares FTSE/NAREIT Global Propety Yield Fund  ER0.48

iShares FTSE EPRA/NAREIT Developed Markets Property Yield Fund (IWDP)

http://www.londonstockexchange.com/NR/rdonlyres/9A87350F-A701-4216-BC88-0B15991BBCCE/0/iSharesFTSEEPRANAREITGlobalPropertyYieldFund.pdf

日本が3%の比率なのはgoodですが、アメリカが50%強じゃねぇ~現在VNQ ER:0.11%を持っているため、ちょっとアメリカ一辺倒になりますね。

http://us.ishares.com/product_info/fund/overview/IFGL.htm 

http://us.ishares.com/content/stream.jsp?url=/content/repository/material/fact_sheet/ifgl.pdf&mimeType=application/pdf

ちなみに日本は22%程度 中国は5.4% いいかも

RWO:ER0.50

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=RWO&Country=USA

http://www.etfconnect.com/select/fundpages/etf_funds.asp?MFID=186347日本の比率はアメリカ40%強、日本13%強

PRYはER0.75%の時点で却下

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=PRY&Country=USA

IFGL:ER0.48

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=IFGL&Country=USA

http://www.etfconnect.com/select/fundpages/etf_funds.asp?MFID=182334

日本22%と少なめ 中国も5%ながらちゃんと入っている、いいかも

FFR:ER0.60% 

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=FFR&Country=USA

http://www.etfconnect.com/select/fundpages/etf_funds.asp?MFID=180440

日本16%強 アメリカ40%弱

ERとアメリカ比率高いことから却下

以上より IFGLとVNQを1:1くらいで持つのが適当かと思われます

現時点では考えてませんが、今後検討してゆきます。

あと、債券どうする? BND Vanguardとか

世界債券:p99

  • BWX
  • WIP
  • エマージング EMB PCY

BWXか日本22.5% ER

http://www.etfconnect.com/select/fundpages/fixed_etf.asp?MFID=181384

日本多くない? ER0.50%

WIPは

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1074.html

iShares Barclays Intermediate Credit Bond Fund (CIU)
(バークレイズ・キャピタル米国クレジット(1-10年)インデックス連動・信託報酬0.20%)
iShares Barclays 1-3 Year Credit Bond Fund (CSJ)
(バークレイズ・キャピタル米国クレジット(1-3年)インデックス連動・信託報酬0.20%)
iShares S&P/Citigroup International Treasury Bond Fund (IGOV)
(S&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)連動・信託報酬0.35%)
iShares JPMorgan USD Emerging Markets Bond Fund (EMB)
(JPモルガン・エマージング・マーケッツ・ボンド・インデックス・グローバル・コア・インデックス連動・信託報酬0.60%)

http://www.etfconnect.com/select/fundpages/fixed_etf.asp?MFID=258994

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Holdings.aspx?Country=&Symbol=IGOV

iShares S&P/Citigroup International Treasury Bond Fund (IGOV)
(S&Pシティグループ・インターナショナル・トレジャリー・ボンド・インデックス(除く米国)連動・信託報酬0.35%)いいんじゃない?でも、ちょっと、日本多いかな、24.95%は?

mornigstarのETFスクリーナーにてWorld bondを探すと

http://screen.morningstar.com/ETFScreener/Results.html

やっぱり、DB Global Government ex-US Inflation-Linked Bond Capped Indexだけでいいかも

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/iboxx_global_in.html

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/3_b64a.html

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/2_b86b.html

あるいは、同じくER0.25%のIBCIでしょうか。うん?違いは?

しまった。今確認したらIBCIのつもりでIBCL買ってた(。>0<。) しかも、買ったのは去年だし・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編

著者:橘 玲,海外投資を楽しむ会

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-cb75.html

の姉妹編です。

10年の時を経て、ゴミ投資家シリーズは海外投資はETFで買っとけ!という一応の結論に達したようです。

日本ではあまり知られていないETFの一覧があり私としては非常に参考になりました。

特にきになったのは自分のポートフォリオで少し自信がない部分の以下です。

  • 世界のREITはほっといていいのか?
  • カナダをスルーしすぎてないか?
  • 債券投資はどうなのよ?
  • 為替ヘッジすべきなのか?

とりあえず「カナダ」と「為替」について検討しました。

p87 カナダ株 EWC

iShares MSCI Canada Index Fund (EWC)

Index ETF

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=EWC&Country=USA

ER0.58%はもうちょっとなんとかならないかと思いますが、資源国だし持っていたいところです。余裕があれば購入したいと思います。取り敢えずは様子見!

つぎに為替ですが、特に気になるのは人民元です。

為替リスクヘッジはしないつもりでしたが、やはりちょっと気になります。特に、日本円と米国ドルが資産のほとんどになっておりますので、もうちょっと分散した方がいいかと思っています。

p81 CYB 

WisdomTree Dreyfus Chinese Yuan
CYB

ER0.45%

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=CYB&Country=USA

http://www.etfconnect.com/select/fundpages/etf_funds.asp?MFID=186069

中国の成長に賭けたいなぁ~

確かに、人民元はドルに対して上がる方向にかけますが、それならFXでもいいのではないかという気がします。乙川氏のブログhttp://otsu.seesaa.net/article/27435230.html

を参考にすると、そんなに単純なものではないようです。余裕がある時に少額で試してみたいと思います。

世界REITと債券について次回以降に検討します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編
ゴミ投資家か~なつかしいですねぇ。
読んでたなぁあの頃、かれこれゴミ投資家から10年も経ったのですね。
私が読んだのは、確か5.6年くらい前だと記憶しています。
これからは、海外に口座持たなきゃ、日本ヤバいよヤバいよ!そういう危機感が募り私もいくつかの口座を開きましたね。
クレジットカードなんかも作ったけど、結局使わなかったです。
オフショアのファンド買ったりもしましたが、結局はETFに落ち着きましたし、そういう意味では日本オンリーでも同じような条件になってきましたよね。海外有利なのはドルコストが有利なintaractive brokersを使えることと、Vanguardが思う存分買えることくらいでしょうか。あとは、多少英語の勉強になる?そういえば、世界に投資できるというメリットもありました。
香港、オーストラリア、ユーロ・・・自分の場合もちょっと外国国債増やしていいかもしれません。そちらに関しては『究極の・・・』方で詳しく説明されております。
本書の内容ですが、最初のページのどんな人がどこの口座開設が有利か、というのがあります。
p35 意外とintractive金利はあるようですね
      citi    intaractive(預け金)
米ドル  1.41%  1.93%
ユーロ   2.42% 3.99%  2008/6/24の時点で
現時点ではここにあります。citiよりだんぜん有利ですね。
あとはまぁ、お得意のboomやらciti香港やらアビィやらの多少バージョンアップした説明です。
口座を開いて運用している人にとってはそれほど参考にならないでしょう。
運用を見直そうという人には

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家のこと 住宅とは・・・

「持ち家」ねぇ~どうなんでしょう?

あれば、いいかなとも思いますが、是非とも必要ということはありません。仲のいい同級生なんかは、結構みんな戸建の持家を持っていたりします。

そんな様子を聞くと必要以上に焦ってしまいます。

今から35年ローンってのは「ナシ」でしょう。そんな先のことは分かりませんし。おそらく、現住所からは離れる予定ですし・・・。もちろん、現金および少しの借金で買えるとなると、中古の住宅か、キャッシュフローを得られる物件なんでしょう。

こういう時は良書から学んでいくとしましょう。

となりの億万長者―成功を生む7つの法則

著者:トマス・J. スタンリー,ウィリアム・D. ダンコ

となりの億万長者―成功を生む7つの法則

『となりの億万長者』トマス・J・スタンリー 1997年

p96医者の平均所得は14万$ 全米の世帯平均の約4倍 だが、医師に金持ちは少なく、比率として多いのは競売人

そうなんですよ、競売人やこれらを扱っている弁護士なんですよ。上手に資産を形成しているのは。

おなじく、トマス・J・スタンリー より

なぜ、この人たちは金持ちになったのか - 億万長者が教える成功の秘訣

著者:トマス・J・スタンリー

なぜ、この人たちは金持ちになったのか - 億万長者が教える成功の秘訣

『なぜ、この人たちは金持ちになったのか - 億万長者が教える成功の秘訣』トマス・J・スタンリー 

p322 弁護士10人のうち9人近く(88%)は別荘を含めて、家を建てたことが一度もない。

やはり、住居に関しては、借家で十分!私としては戸建ての借家にもう少し選択肢が広がればありがたいのですが、まだまだ少ないですね。

もし、どうしても、持ち家が必要になったら競売などで手に入れるように!

しばらくは、この結論でやってゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッザニア もしも13歳に戻ったら?

スタッフが連休中に子供を連れて「キッザニア」に行ったそうです。http://www.kidzania.jp/

いいねぇ、小学生低学年なら大喜びかな?食べ物屋さんパフェを作ったとかなんとか言ってましたっけ。ホンダではありませんが、「つくるよろこび」ってありますよね。

中学生くらいになってくると、いろいろ現実的な問題に直面してこうもいかなくなってくるのでしょうか?

「『勉強しろ』って言ったって『勉強していい学校に入れ』って言ったって、政治家なんてみんな世襲じゃないか、首相なんて全然勉強できないじゃないか」な~んて言われたら反論のしようがありません。

あまり、夢がなさすぎるかな?

ちなみに意外だったのが公務員人気にかげりという記事です。

http://www.kuraray.co.jp/enquete/occupation/2009/boys.html

http://www.kuraray.co.jp/enquete/occupation/2009/girls.html

今年なんて、絶対に公務員人気沸騰だと思っていたのですが・・・バイアスがかかっているのでしょうか?(私に?あるいはアンケートさきに?)

小学一年生の女子 パンケーキお菓子屋さん いいですねぇ。もっと零細企業が元気で地域の経済が回るような、コミニュティとしてやっていけるような社会がいいですねぇ。

ちなみに私が13歳に戻ったら、動物学者になりたいです。基本フィールドワーク・・・ちょっと精神的に疲れているのかもしれません(^-^;

世俗的な話に戻ると、これからの世の中を生きていくのに有利なのは

  • コミュニケーション能力
  • 英語力
  • IT

でしょうかねぇ、やはり、とくに前2者を高めなければ生き残れないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『あなたのTシャツはどこから来たのか?』 

あなたのTシャツはどこから来たのか?―誰も書かなかったグローバリゼーションの真実

あなたのTシャツはどこから来たのか?―誰も書かなかったグローバリゼーションの真実

著者:ピエトラ リボリ

あなたのTシャツはどこから来たのか?―誰も書かなかったグローバリゼーションの真実
『あなたのTシャツはどこから来たのか?』 ペエトラ・リボリ
序文:1999年ジョージ大学にて あなたのTシャツは 時給18セントで搾取 奴隷のように働かせている発展途上国の子供たちによってつくられている? ほんと?
という問いかけから始まる、ある意味冒険の書(知的)
面白かったです。
中国で山のように作られるTシャツ。その原料の綿は実はアメリカテキサスからやってくる不思議
なぜ、米国綿は世界覇権を維持できたのでしょうか?どうやら政治の問題のようです。このあたりは"King Corn"
にも通じる話のようです。
2001年 ネルソン・ラインシュは生れてはじめて作物の全滅を経験した。 禍は綿に起こるだけで人間にはおこらない。様々な政府の作物保険金や災害助成を補う収入を得た

これが現実のようです。

p126 あまりにも内外時間あまりにも少ない賃金で働かせる しかし、農村での暮らしよりずっとまし
搾取問題の「おおもと」はどうやらこの辺りにあるようです。
p297 ミトゥンバ貿易 新たな雇用を創生 、取引業者、輸入業者、仕分け屋、洗濯屋、仕立て屋などなど
これは、ジムロジャーズのはなしとちょっと食い違いますが、たぶんこっちのほうが現実だと思われます。より、洞察が深く、一見では分からないところまで取材しているようです。
少し、あさっての方向ですが、グローバリゼーションについて考えてしまいます。
グローバリゼーションねぇ~!
私個人としては、発展途上国の農民がずっとそのまま農民でなければ先進国が立ちいかない状況には反対です。どこまで、受け入れることができるのか?
自家用車なし、テレビなし DVDなし そのへんのところまでならOK
巷でまことしやかに言われていることが「本当のところはどうなの?」という問いかけで見てみると、違った側面が現れより深く理解できる。このような教訓を得られる書物です。
p322 いつの時代にも市場と貿易により若い女性たちが搾取工場に縛り付けられたが、彼女たちはむしろ自由になったということ、そして、農民は農村にいることこそ一番と決めつける前に、もう一度よく考えたほうがいい。
貧困に見舞われている人々の苦しみは市場の持つ危険によるのではなく、むしろ政治から疎外されてしまっていることから来るのだ。
彼女に活動家としてのエネルギーがまだ残っているなら、貧者を市場から守ることではなく、貧者を政治に組み込むことに力を注ぐべきだ。
大変いい言葉ですね。勇気づけられます。さて、それを踏まえて上で、今後の世界、政治および経済はどのように動いていくのでしょうかねぇ。少なくとも日本の政治トップにはあまり期待できませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話のこと 

携帯電話の機種変更をしました。さすがに、外観的にもだいぶ壊れてきましたので。

いまどきの携帯電話って5万も6万円もするのですか?もちろん、よく分からないのでショップで一番安いのを求めました。

私はもともと電話が嫌いです。こちらの都合とは関係なしにやっていることを無理やり中断させられるからです。実際、ものすごく重要で緊急な内容の伝達はそれほどありません。ルーティンの連絡ならmailでしてほしいものです。

本当に携帯電話で使う機能は

  • 時計
  • 目覚まし アラーム
  • 通話(主に待ち)
  • mail

くらいです。携帯電話で写真を撮りたいとは思わないですし、音楽をダウンロードしたり、テレビを見たいとも思いません。いろいろできるのかもしれませんが、そんなことに時間を使いたくありません。

携帯電話が普及してなにかいいことがあったのでしょうか?出会いや「つながり感」が広がったのでしょうか?

昔、公衆電話から誰が出てくるかドキドキしながらガールフレンドに電話したり、電話番号を尋ねるのが一種の符丁だった時代が懐かしくも奥ゆかしく感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »