« 起業-たこ焼き屋さん | トップページ | 『この世でいちばん大事なカネの話』西原理恵子 »

『さらばアメリカ』大前研一

さらばアメリカ

さらばアメリカ

著者:大前 研一

さらばアメリカ
『さらばアメリカ』大前研一
アメリカは復活するのでしょうかねぇ~?
本書を読むと心配になります。
p13今回の金融危機対策で政府が出すと約束したカネの総額は、すでに第二次世界大戦に次ぐ出費となるという。今後の対策まで含めると、歴史上最大の出費となることは間違いない
p23 イラク戦争5970億ドル ベトナム戦争6980億ドル 第二次世界大戦3.6兆ドル 金融危機対策8兆ドル
歴史上最大の出費をしているアメリカにこのままま投資をし続けても大丈夫なのでしょうか?心配になります。ひとつの希望としては、オバマ政権でしょう。そして、オバマ氏が象徴するように、世界中から有能な人材が集まり続けているということでしょう。
p45つぎは「クレジットカード社会」崩壊も
アメリカの金融機関は、クレジットカード事業が収入の20%前後を占めている。その未払いによる損失額は、これまで年間250億ドル程度だったが、2008年は4倍の1000億ドルに達する勢いで爆発的に増えたのである。
そろそろ、カード破産がより深刻となってくるでしょう。サブプラムローンよりもこちらの方が深刻との話もあるようです。なんてったって学生さんなんかも気軽にカードローンを利用するくらいすそ野は広いですから。
p92南部と言えば、農業以外の主要産業は石油と軍事である。この石油と軍事を優先的に考えるメンタリティが寛容だったアメリカを狂わせている
結局のところ、アメリカをそして世界を動かしているのはニューヨークやワシントンでなくアメリカ南部でしたからねぇ~ここ数十年
ほかには、日米貿易摩擦の話でたえず、日本が従ってきたことや日本のマスコミに対する苦言などでした。
  1. 世界に対して謝る
  2. 世界の一員になる
  3. 戦争と訣別する

上記を提言しております。これからは、全世界的な対環境問題としての戦いが始まるのかもしれません。

|

« 起業-たこ焼き屋さん | トップページ | 『この世でいちばん大事なカネの話』西原理恵子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/29752664

この記事へのトラックバック一覧です: 『さらばアメリカ』大前研一:

« 起業-たこ焼き屋さん | トップページ | 『この世でいちばん大事なカネの話』西原理恵子 »