« キッザニア もしも13歳に戻ったら? | トップページ | 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編 »

家のこと 住宅とは・・・

「持ち家」ねぇ~どうなんでしょう?

あれば、いいかなとも思いますが、是非とも必要ということはありません。仲のいい同級生なんかは、結構みんな戸建の持家を持っていたりします。

そんな様子を聞くと必要以上に焦ってしまいます。

今から35年ローンってのは「ナシ」でしょう。そんな先のことは分かりませんし。おそらく、現住所からは離れる予定ですし・・・。もちろん、現金および少しの借金で買えるとなると、中古の住宅か、キャッシュフローを得られる物件なんでしょう。

こういう時は良書から学んでいくとしましょう。

となりの億万長者―成功を生む7つの法則

著者:トマス・J. スタンリー,ウィリアム・D. ダンコ

となりの億万長者―成功を生む7つの法則

『となりの億万長者』トマス・J・スタンリー 1997年

p96医者の平均所得は14万$ 全米の世帯平均の約4倍 だが、医師に金持ちは少なく、比率として多いのは競売人

そうなんですよ、競売人やこれらを扱っている弁護士なんですよ。上手に資産を形成しているのは。

おなじく、トマス・J・スタンリー より

なぜ、この人たちは金持ちになったのか - 億万長者が教える成功の秘訣

著者:トマス・J・スタンリー

なぜ、この人たちは金持ちになったのか - 億万長者が教える成功の秘訣

『なぜ、この人たちは金持ちになったのか - 億万長者が教える成功の秘訣』トマス・J・スタンリー 

p322 弁護士10人のうち9人近く(88%)は別荘を含めて、家を建てたことが一度もない。

やはり、住居に関しては、借家で十分!私としては戸建ての借家にもう少し選択肢が広がればありがたいのですが、まだまだ少ないですね。

もし、どうしても、持ち家が必要になったら競売などで手に入れるように!

しばらくは、この結論でやってゆきます。

|

« キッザニア もしも13歳に戻ったら? | トップページ | 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/29307789

この記事へのトラックバック一覧です: 家のこと 住宅とは・・・:

« キッザニア もしも13歳に戻ったら? | トップページ | 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編 »