« 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編 | トップページ | 「究極の資産運用」のつづき »

『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編

著者:橘 玲,海外投資を楽しむ会

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-cb75.html

の姉妹編です。

10年の時を経て、ゴミ投資家シリーズは海外投資はETFで買っとけ!という一応の結論に達したようです。

日本ではあまり知られていないETFの一覧があり私としては非常に参考になりました。

特にきになったのは自分のポートフォリオで少し自信がない部分の以下です。

  • 世界のREITはほっといていいのか?
  • カナダをスルーしすぎてないか?
  • 債券投資はどうなのよ?
  • 為替ヘッジすべきなのか?

とりあえず「カナダ」と「為替」について検討しました。

p87 カナダ株 EWC

iShares MSCI Canada Index Fund (EWC)

Index ETF

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=EWC&Country=USA

ER0.58%はもうちょっとなんとかならないかと思いますが、資源国だし持っていたいところです。余裕があれば購入したいと思います。取り敢えずは様子見!

つぎに為替ですが、特に気になるのは人民元です。

為替リスクヘッジはしないつもりでしたが、やはりちょっと気になります。特に、日本円と米国ドルが資産のほとんどになっておりますので、もうちょっと分散した方がいいかと思っています。

p81 CYB 

WisdomTree Dreyfus Chinese Yuan
CYB

ER0.45%

http://quicktake.morningstar.com/ETFNet/Snapshot.aspx?Symbol=CYB&Country=USA

http://www.etfconnect.com/select/fundpages/etf_funds.asp?MFID=186069

中国の成長に賭けたいなぁ~

確かに、人民元はドルに対して上がる方向にかけますが、それならFXでもいいのではないかという気がします。乙川氏のブログhttp://otsu.seesaa.net/article/27435230.html

を参考にすると、そんなに単純なものではないようです。余裕がある時に少額で試してみたいと思います。

世界REITと債券について次回以降に検討します。

|

« 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編 | トップページ | 「究極の資産運用」のつづき »

ポートフォリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/29547920

この記事へのトラックバック一覧です: 『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』:

« 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編 | トップページ | 「究極の資産運用」のつづき »