« 『マネー力』大前研一 | トップページ | 15兆円の補正予算 »

経済危機でもっとも得したのは○○

結局、今回の経済危機でだれがもっとも

メリットを享受し、だれがもっとも痛い目にあったのでしょう。

【メリット】大企業 とくに自動車・家電

エコカーやエコポイント笑止千万ですが、そして、ETC割引に象徴される天下りの受け皿組織

なぜ一部の企業を利するような制度を簡単に認められるのでしょうか?

     どっちやねんo(`ω´*)oプンスカプンスカ!! 環境保護したいのかしたくないのか?車使わせたいのか使わせたくないのか。

危機だ危機だと煽っての経費削減。雇用調節弁としての派遣切り

【メリット】:勝ち逃げできる人 、 ○億円のボーナスや○十億円規模の退職金などを得てそれを返さなくてもいいような人、アメリカ企業のCEO 金融・証券・製造・サービスなどなど・・・

だいたい米企業のCEOなんて 報酬が高すぎるよ 大した業績も上げてない。あるいは短期的な視点でのみ利益を上げるような操作

メリットを受けている人はほかにも長期的な投資を積み立てている者、安く買える

【デメリット】もちろん、デメリットを受けているのは

  • 仕事や住居を失った人
  • 無理なローンで借金だらけの生活をしていたサブプライムローン破綻者はある意味、注意が足りなかったと言えるでしょうが、つつましやかな生活をしていた日本の非正規雇用労働者。
  • 日本の製造業を20数年に渡って支えてきたのにここにきて仕事がなくなった外国人労働者
  • 資産の大部分が下がってしまった退職者

バブルに浮かれるまくる状態は好きではありません。どちらかというと経済は少しくらい停滞していもいいと思っています。環境や未来の子供たちのためには。でも、一部の利権団体のみがメリットを受けるというのは間違っているでしょう。

それらを是正する方向に少しでも社会が変わってほしいものです。

|

« 『マネー力』大前研一 | トップページ | 15兆円の補正予算 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/29891382

この記事へのトラックバック一覧です: 経済危機でもっとも得したのは○○:

« 『マネー力』大前研一 | トップページ | 15兆円の補正予算 »