« 『レバレッジシンキング』 | トップページ | 定額給付金の使い方 »

郵政に関連して腹の立ったこと

そもそも郵政民営化の理由はなんだったけ?
かんぽの宿が民業圧迫だったり、赤字垂れ流し税金の無駄遣いでけしからん とかでしたっけ?

郵貯とか簡保の資金が回りまわって

財政投融資 そして無駄な公共投資という名のばらまきに化けるからなの?

特定郵便局局長が世襲なのがけしからん なの?

週刊ダイヤモンド2009/05/23 p54 竹中平蔵
 国内郵便需要が減っている、国際郵便需要は増えている ドイツは国際郵便に参入するため13年かけて民営化
 郵貯:貯金を集めて国債で運用のビジネスが成り立たない。国営ではリスクを取れない

民営化する理由になってないじゃないか。もうね、いっそうのこと 規制緩和委員会や郵政審議会の面々に利益誘導するためと言っちゃっていいじゃないですか?よほどすがすがしい。

なんなんだこいつ>奥谷禮子
http://ja.wikipedia.org/wiki/奥谷禮子

人材派遣会社 ザ・アール 公社から7億円もの仕事を受注・要は接遇マナー研修 日本郵政の社外取締役
なにがスカイブルーのあいさつだよ 笑わせるな!
<週刊ダイヤモンド2009/05/23より>

そして、かんぽの宿はオリックスかよ

特定郵便局局長が世襲なんて可愛らしいじゃないか。こいつらが儲けるための郵政民営化かよ クソッ!

はやく政権交代して、洗いざらい 膿を出せ!!


   
 

|

« 『レバレッジシンキング』 | トップページ | 定額給付金の使い方 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/30082374

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政に関連して腹の立ったこと:

« 『レバレッジシンキング』 | トップページ | 定額給付金の使い方 »