« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

9月購入ETF

9月も 同じような作業(購入)しました

DBC @22.23
DLS -
KXI @52.71
VB @54.55
VDE -
VGK @49.17
VNQ @40.24
VSS @79.13
VTI @53.24
VWO @37.62

あらためてみると、けっこう前月よりも値上がりしています。安く買えないじゃん(-ε-)

もっとも、為替で円高に振れていますが、トータルかろうじて含み益にはなっているようです。

こんなに、毎月 購入を続けられるとは思っていませんでした。我ながらよく頑張っているとなと褒めてあげたいです(性格的にETF積み立てがあっているのでしょう)。

今日はワイン飲もう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『人口減少社会は怖くない』

人口減少社会は怖くない

人口減少社会は怖くない

著者:原田 泰,鈴木 準

人口減少社会は怖くない

『人口減少社会は怖くない』『心配しすぎの日本人年金は世界的に見て多い 設計の失敗による大盤振る舞い高齢者は年金をせっせと貯金しているくらいですからねぇ~(苦笑)

p157 世界に誇れる車があるのに世界に誇れる住宅はない

確かにそうですね。テクノロジー的には世界に通用する住宅をつくれそうなものなのに、実際はまったくダメですね。そして、輸入住宅も相当 障壁が高いですね。

p83 若い人から老人への所得移転なら 富裕な高齢者から貧
しい高齢者への所得移転があってもいいのでは

『人口減少社会は怖くない』おなじタイトルですが、別の本

618trwjhkql_sl500_aa240_

p22 毎年250万人が生まれていた第一次ベビーブームを抑制したのは優生保護法 

なるほど、そういう歴史的背景があったのですね。

  • p85 【今までの企業戦略】
  • 大量生産、薄利多売によるスケールメリット
  • 利益率よりも売上高を重視
  • 拡大志向に基づく企業規模拡大(多角化経営)
  • 労働時間の増加による労働生産性の向上
  • 低賃金によるコスト抑制
  • 利益の内部留保を重視
  • 土地を資産とする発想時代おくれ

  • 【これからの企業戦略】
  • 付加価値率の向上
  • 売上高よりも利益率を重視
  • 計画的かつ適切な企業規模縮小
  • 技術開発力の向上による労働生産性の維持・向上
  • 技術開発分野における国際分業の導入
  • アイデアを生み出せる環境づくり
  • 労働賃金水準の確保

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4896919939/nifty0b5-nif1-22/ref=nosim

人口減少社会も悪くないよな!そんな気がします。なにはともあれ健康的な体と豊かな暮らしの支えがあればよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人口減少の日本にどこまで期待できるのか?

ジム・ロジャーズ曰く 人口減少社会で繁栄した国はない 日経マネー2009年6月号コラムより

しかしですね。移民でどんどん人口が増えているアメリカが繁栄しているかというとはなはだ疑問です。

一部の富裕層の富は増えているでしょうが、圧倒的に貧しい人が増えているでしょう。それを繁栄というのかなぁ?

じつは、私、日本の少子超高齢化・人口減少社会に対して そんなに悪いことなのでしょうか?という疑問を持っております。

マーケットが縮小するかダメだとか、社会制度が破たんするからダメだとか 本当なのでしょうか?

『人口減少社会は怖くない』というタイトルの本を2冊読みました。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%90l%8C%FB%8C%B8%8F%AD%8E%D0%89%EF%82%CD%95%7C%82%AD%82%C8%82%A2&x=0&y=0

これらの本を読んでいると、国内マーケットが縮小してもいいじゃないかと思えます。逆に増えなきゃいけないものなのでしょうか?
根本的な疑問に行きあたってしまいます。

年金制度にしたって少子高齢化の人口問題というよりもその制度設計に問題があったようですし・・・

結論としてはなにもそんなに悲観することはないと思いました。
もう、人口が減少してゆくのが分かり切っているので、それなりの対応をしていけばいいのだと思います。

・具体的には大量生産・大量消費の産業構造からたもとを分かつこと
・付加価値の向上
・不動産での安易な投資は控えること

この辺りを個人的に注意してゆきたいと思います。
ブックレビューは後日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『10万年の世界経済史』

10万年の世界経済史 下

10万年の世界経済史 下

著者:グレゴリー・クラーク

10万年の世界経済史 下

『10万年の世界経済史』2

もう少しロマンチックな話を期待していたのですが・・・どうもそうではありませんでした。

p7 1800年 ヨーロッパ北西部 米国で 人口が増えれば賃金が減少 マルサス的な経済が終了

p107 1612 ウィリアムス・アダムス
 この日本という島国の人々は、善良で、きわめて礼儀正しく、戦場では勇敢である。この国では、法に背いたものに対しては、一切の不公平を排した司法の裁きが厳正に下される。その統治はすばらしく秩序だって居て、世界で社会的秩序がこれほど保たれている国は他にないと思えるほどだ。

昔の日本はそうだったのでしょうねぇ~、きっと。

今の日本はねぇ~ 個人も 企業もモラル低下は甚だしいですね。政権が代わってよくなることを期待しております。

p108 なぜ、産業革命は英国で?日本や中国ではなく
地理的な問題  遺伝的 市場的・・・

そのような複合的な要因とのこと。

さて、今ちょっと調べていることがあります。それは、これから人口がどんどん減少してゆく中で日本は繁栄してゆけるのでしょうか?

いや、個人の暮らしぶりは豊かになるのでしょうか?

ジムロジャーズは人口減少する国で発展するのを見たことない、などと言っていましたが果たしてどうなのでしょうか?

すこし、人口減少する日本社会に関しての本を調べてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『10万年の世界経済史』

10万年の世界経済史 上

10万年の世界経済史 上

著者:グレゴリー・クラーク

10万年の世界経済史 上

『10万年の世界経済史』マルサス的経済http://blog.goo.ne.jp/harunakamura/e/3af9c7832784462c3999e831ef66c8ed

とりあえず、ひろい読み。まだ咀嚼できていません。

p107 ヨーロッパ人の平均身長は1800年代まで170cm前後 

そういえば、そうでしたね、確か。どこかで読んだ気がします。そういえば、関係ありませんが、身長に関しては年収との関連も言われていましたっけhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-bfde.html 

p177 不衛生な17世紀ロンドン 近所の家の糞便が外へあるれ出すことは、日常のちょっとした迷惑にすぎなかった。

p178 日本人はそれらを認識、 発酵作用で伝染病の原因になる有機体の多くが分解・死滅してから使用した。

p179 18世紀の英国における石鹸の使用量1日あたりひとり5.7g アフリカ貧困層に対する供給目標11gにも満たない。19世紀半ばオーストラリアへ送られた流刑者が1日あたり約18gの石鹸を配給されていた。

日本の衛生観念が発達していたのは。『世界経済2000年史』http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/2000-9816.html でも述べられていました。

p182 出所 カーティン 1989年 兵士の死亡率から見た1800年ごろの各地域の健全性ニュージーランド 1000人当たり 9人 タヒチ10人 シエラレオネ 483人

p186 世界は10万年間変化しなかったのか マルサス的な均衡状態は1800年以前のすべての社会を支配していた。少なくとも8000年前の新石器時代に定住農耕社会が成立してから、経済的には完全に同じ状態が続いてきたことを物語っているように見える

p272 マルサス的経済からの変化 中産階級化
産業化以前の古い社会では利子率が驚くほど高かった 10%
ごく一部の人だけが知っていた読み書きが一般的に広まった
労働時間が延びた
個人間の暴力が減少した。
p275 1150-1250 9-13% 1170-2003年のイングランド・英国における、土地と地代負担の収益率 
    1350-1700 5-6% 
    1750-4%から右肩下がりで現在の2%ていどまで
p299 「生殖の成功」というマルサス的経済の時代で重要な意味を持っていた唯一の”通貨” 識字率と 基本計算力

上記のようなことが産業革命がイギリスで起こった理由とのことです。

日本でもあと数十年たっていれば、自然に産業革命が起こっただろうというような記述もありました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大口顧客か・・・?

政権交代の影響でしょうか?・・・大口の注文打診がありました。


でも、よく考えたら あまり 利益にはならないようです。20万円ちょっとか・・・?
それでも、この時期のどから手が出るほど欲しい仕事ですので、「やります、やれます、まかせてください!」なんてふたつ返事で安請負しちゃいました。

さぁ、今後の顧客開拓につながればと意気揚揚で仕事に取り掛かったのですが、なんと、従業員が2名戦線離脱---本人の体調のことなので仕方ないのですが・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

どうすんの、この状況?

さっそく、募集はかけているのですが・・・
教育には時間もかかるし、今いるスタッフにも負担がかかるし・・・
胃が痛い毎日です。

大変な日々です。この時期を乗り越えれば楽になるのでしょうか?楽にならないかもしれません。でも、それでもやるんだよ!

意味はないかもしれない。でもやるんだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファストフード

某 絶品チーズバーガー っておいしいでしょうか?

私、ファストフードはできるだけ食べないように心掛けています。しかし、年に1~2回はそれ以外の選択肢がない状況に追い込まれ、食してしまいます。

さて、わたしの感想

塩からく、脂っこいだけでした。確かに、チーズはとろけて 食感としてはおいしいのでしょうが、味は塩味ですもん。カロリーも高そうだし、1回食べただけで十分という感じです。

チーズバーガーはさておき、店内の様子なのですが、バイトの高校生は混乱しているし 客は多く、スタッフも多いのでしょうが、うまく動けていない感じでした。

 プロはいない職場なんでしょうねぇ~。あんまり好きじゃない雰囲気でした。


さっさと、最低賃金が 時給1000円以上になればいいのに・・・

うちのスタッフの時給もそれぐらいには上げてやりたいところですが、先立つものが・・・(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

401k琉球銀行キターッ

ようやくきました。申し込んでから かれこれ2か月ちょっと !

ようやく401kの移転手続きが終わりました。
いったん 琉球銀行確定拠出年金専用定期預金(1年)に移管された資金が 百万円ちょっとありました。

それを以下のようにスイッチング申し込みしました。

外国債券 15% 野村DC外国債券インデックスファンド    
国内株式 15% 野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX 
外国株式 70% 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI  

上記にて今後とも積み立ててゆきます。

目標は4%の利回りで約20年間
外国株式が多く 国内株式・国内債券のウェイトが低いのは、個別に日本株式を多く持っていること、自分自身が日本債券もどきという理由です。

今後、外国株式が多くなりすぎたらスイッチングなどでリバランスを考えてゆきます。

関連記事

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/401k-02fe.html

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/id-5a16.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自転車でCO2排出削減

通勤に自動車を使ったとします。年間5000km 

 1年間のCO2 排出量を計算してみましょう。

 距離5000km 燃費が10km/Lとすると、500リットルのガソリンが使われます。

 ガソリンの比重0.8 すると 重量は400kg 最終的にガソリンはCO2とH20に分解されます。重さ400kgの炭素が排出されると考えられます。

 元素記号を思い出して、12は炭素 44はCO2 400kg×44/12≒1.5トンのCO2を出していることになります。

ちなみに、計算の参考は 『失敗学のすすめ』p154

失敗学のすすめ



失敗学のすすめ


著者:畑村 洋太郎




失敗学のすすめ


1.5トンもCO2排出削減している私にも なんらかの国からの補助をしてもらいたいものです。エコカー減税やエコポイントだけじゃないだろ!(`Д´)
そんなにエコな私ですが、幹線道路を走っていると 排気ガスを吸わされます。やってられるか(`◇´*)

そういうわけで、幹線道路は避けてなるべく川沿い・線路沿いなどを走っています。おかげで自転車通勤して2週間で252kmを走りました。やや遠回りですが こちらの方がストレスは少ないです。この分で行くと1年で6300km走ることになります。

ま、いっか そのぶん健康的になるので!

最近はそれほど疲れませんし、汗もそれほどかかなくなりました。なんか、体が変わっていってるのが分かります。
もっと、自転車人口が増え、CO2が削減されればいいと思います。それでもって、自転車道が整備され、電柱が地中に埋め込まれればいいのに・・・
箱モノではなく、こういう公共事業をやればいいのになぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想通り自転車関連での細かい出費が・・・

帰宅はたいてい20時以後になります。21時を超えることの方が多いくらいです。

夜間は暗く、ロードバイクで走ってるいると恐怖を感じます。無灯火で右側を走る自転車なんて危なくてしょうがないです。また、ヘッドライトをつけている自転車でも 後ろから見ると 全く存在が見えないことがあります。 反射板のみだと見づらいですね。

さっそく、点灯goodを購入しました。

キャットアイ(CAT EYE) コンパクトセーフティーライト/SL-LD100-W ホワイト SL-LD100W


【お買い得商品】キャットアイ(CAT EYE) コンパクトセーフティーライト/SL−LD100−R レッド 【お買い得商品】キャットアイ(CAT EYE) コンパクトセーフティーライト/SL−LD100−R レッド


販売元:ナチュラム 楽天市場支店

楽天市場で詳細を確認する

さらに、日中はサングラスをしていたので気がつかなかったのですが、夜間に走った後はやたらと目が乾きます。
風をモロにうけているためでしょう。

オージーケー ビナート3 マッドブラックフレーム スモークレンズ スペアレンズ(クリア・イエロー)Sportsオージーケー ビナート3 マッドブラックフレーム スモークレンズ スペアレンズ(クリア・イエロー)

Amazon.co.jpで詳細を確認する

夜間はイエローのレンズで使用しています。そんなに暗くはならないし邪魔にはなりません。
ああ、こうやってどんどん出費がかさんでいくのでしょうか…。

寒くなると、防寒具なども必要になってくるのでしょうねぇ…(´;ω;`)ウウ・・・

安全のためなのですから、仕方ありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『天才!OUTLIERS The story of success』

天才! 成功する人々の法則

天才! 成功する人々の法則

著者:マルコム・グラッドウェル

天才!  成功する人々の法則

『天才!OUTLIERS The story of success』
グラッドウェル三作目  勝間さんの著書はエッ?と思うことがあり、好きでない部分が多々あるのですが勝間さんgood job

1882年1月ロゼトの謎(長生き村らしいです) これって でも有意差あるのかな?
the roseto story Norman:University of Oklahoma Press 1979
The power of clan: The Influence of Human Relationships on Heart Disease New Brunswick N.J.:Transaction Publishers 1993
Carla Bianco "The two Rosetos Bloomington: Indiana University Press 1974
p8 遺伝子以外では、どんな生活を選ぶか、何を食べ、どのくらい運動し、効果的な治療が受けらるかどうか が重要だと考えられていた。だれもコミュニティの点から健康を考えたことはなかった。

ようすうるに、コミュニティの「ちから」によって長寿が保たれているのではないかということなのですが、ちょっと、興味あるので出典にあたってみたいと思います。でも、古いな

プロホッケーの選手は何月生まれが多いか
1.2.3月など早い時期 なぜか 1月1日が年齢を区切る期日だから 
人より少し早く生まれたおかげで チャンスが多くなる p30

これは、聞いたことがありますね。たしか、日本では東大入学者で生まれ月が最も多いのは4月生まれだったと記憶しています。あるいは、3月生まれがもっとも少なかったとか・・・?

そして、オックスフォード大だかどこかの海外名門大学でもやはり学年始まり月の子弟が多かったとか (ソース未チェック)

p66-70 歴史上の世界の富豪ベスト75
1)ロックフェラー 318.3 10億米ドル 32兆円くらい?
2)アンドルー・カーネギー 298.3
3)ニコライ2世 253.5

9)マルクス リキニウス クラッスス 169.8 共和制ローマ 
12)アメンホテプ3世 155.2 古代エジプト

21)クレオパトラ 95.8 古代エジプト

37)ビルゲイツ 58.0

ほぼ20%が一つの国の一つの時代に集中1831-1840年に集中

一人で成功した者はいない p132

p265水田は根気がいる  ボツワナのサン族 年に1000時間
   ヨーロッパの農業 1200時間程度 18世紀
   アジアの稲作農家3000時間

p279 数学は能力ではなく態度である

で、この根気がアジア系の人が数学が得意な理由だと述べておられます。う~ん、ほんとうかなぁ~?

p322成功者は 歴史と社会、好機と遺産の産物である
 

p330 成功者の努力と個人の資質がすべてを決めるわけではない

でも 逆に言うと 時代のせいにして怠けたくならない?私が成功していないのは時代が悪かったのだって…

 もちろん、著者は 勤勉を説いています KIPP knowledge is power program

p55 1万時間の法則

なにごとも、ひとかどの仕事をするトップレベルに達するまでには1万時間は必要だそうです。

p337
機会平等の視点! 日本の子供の貧困問題に 勝間さんが述べられております。

とにかく勝間氏good job

おもしろかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『第1感 「最初の2秒」が「なんとなく」正しい』

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)

著者:M・グラッドウェル

第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
『第1感 「最初の2秒」が「なんとなく」正しい』マルコム・グラッドウェル
 2006年3月 グラッドウェルの著書で初めに読んだのがこれ、素直に面白い。
blink the power of thinking without thinking
2枚のカードを引く 実験をしたんですよ。赤カードと青カード p15
 赤 大勝もあるが大損もある 青こつこつ勝てる、そんなに損はしない 
で、面白いのはここから
50枚ほどめくるとなんとなく青がいい、さらに続けて80枚ほどめくる必勝法に確信を持つ。
が、なんと10枚目くらいで手のひらの汗腺 ストレス反応を赤を引くときに感じている。
らしいんですって。へぇ~不思議ですねぇ~、ほんとかな?
『自分を知り、自分を変える:適応的無意識の心理学』 ティモシー・D・ウィルソン
p34モールス信号の打電パターンで分かる「これはオスカーです。ということは、彼の部隊は今、間違いなくトブルク近郊にいます。」
第二次世界大戦時 モールス信号の解読班の活躍ですが、これはありえるでしょうね。人間、ちょっとしたクセってどこかででますよね。
ショックなのはこちら
あなたは、どれだけ 人種差別主義者か?(黒人差別)
私もやってみましたよ。
現在、仕事では黒人のお客様はあまりお見えにならないので、あまり親近感を覚えておりません。結果はやはり、私は差別主義者だったのか・・・(ノд・。)
もう一つショックなのはこちら
p94 身長182.5cmのひとは165cmの人より平均で年間5523ドル多く稼ぐ
ティモシー・ジャッジ 「働く年数を30年として計算すると、背の高いひとは実質何十万ドルも得をすることになる」
えぇ~Σ( ̄ロ ̄lll) そんな?でも、そうだったのね・・・中学生のころもっと牛乳を飲んでおけばよかった…
このあたりも、面白かったです。
p183普通の人の好みとプロの第一印象は違う
p184第一印象を再現できるプロ
プロの試食:マヨネーズだけでも 外見6項目 食感10項目 風味14項目のなかから同じ味を表現できる。
こういう食品味覚審査員のプロのような方にその道のディープな話をタップリ聞いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ティッピング・ポイント』

『ティッピング・ポイント』 マルコム・グラッドウェル 
面白かったです。おススメします。
The Tipping point 
あるアイディアや流行もしくは社会的行動が、敷居を超えて一気に流れ出し、野火のように広がる劇的瞬間のこと
ハッシュパピーの靴なら別に流行ろうが廃れようが 知ったこっちゃありませんが、梅毒の爆発的感染はヤバいですね。
p29 1990年から91年にかけては、市は財政難を理由に医療予算を徐々に減らしていった。ボルティモアの梅毒問題
臨床医は17人から10人に減り、専門医にいたっては3人から実質ゼロ (一説だけどね)
そんな状態なら流行っても不思議ではありませんね。現在、新型インフルエンザが話題となっておりますが、死者も出ていますので 当局は財政難を理由に医療予算を削ることがないよう祈っております。
少数者の法則80:20
  1. 少数者の法則
  2. 粘りの要素
  3. 背景の力
p95ロナルドレーガンとウォルター・モンデールとの間の大統領選の1984年の実験 シラキュース大学 ブライアン・ミューレルの研究
アンカー
ダン・ラザー CBS中立
トム・ブロカウ NBC中立
ピーター・ジェニングズ ABC レーガンについて話すときの表情がより明るく輝く
結果的にTVアンカーの仕草がABC視聴者の投票行動に影響を与えた。
これって、まんま FOXテレビですね
p107感情は外から中へ向かう
p109 カリスマ的な人だけが自分の感情を相手に感染させることができる
p122 破傷風のパンフ 恐怖をあおるよりも粘りの要素 :地図 時間
文章も読みやすく 例示と説明のバランスもいい!
内容も興味深くオススメの書籍です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »