« 『10万年の世界経済史』 | トップページ | 『人口減少社会は怖くない』 »

人口減少の日本にどこまで期待できるのか?

ジム・ロジャーズ曰く 人口減少社会で繁栄した国はない 日経マネー2009年6月号コラムより

しかしですね。移民でどんどん人口が増えているアメリカが繁栄しているかというとはなはだ疑問です。

一部の富裕層の富は増えているでしょうが、圧倒的に貧しい人が増えているでしょう。それを繁栄というのかなぁ?

じつは、私、日本の少子超高齢化・人口減少社会に対して そんなに悪いことなのでしょうか?という疑問を持っております。

マーケットが縮小するかダメだとか、社会制度が破たんするからダメだとか 本当なのでしょうか?

『人口減少社会は怖くない』というタイトルの本を2冊読みました。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%90l%8C%FB%8C%B8%8F%AD%8E%D0%89%EF%82%CD%95%7C%82%AD%82%C8%82%A2&x=0&y=0

これらの本を読んでいると、国内マーケットが縮小してもいいじゃないかと思えます。逆に増えなきゃいけないものなのでしょうか?
根本的な疑問に行きあたってしまいます。

年金制度にしたって少子高齢化の人口問題というよりもその制度設計に問題があったようですし・・・

結論としてはなにもそんなに悲観することはないと思いました。
もう、人口が減少してゆくのが分かり切っているので、それなりの対応をしていけばいいのだと思います。

・具体的には大量生産・大量消費の産業構造からたもとを分かつこと
・付加価値の向上
・不動産での安易な投資は控えること

この辺りを個人的に注意してゆきたいと思います。
ブックレビューは後日

|

« 『10万年の世界経済史』 | トップページ | 『人口減少社会は怖くない』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/31304279

この記事へのトラックバック一覧です: 人口減少の日本にどこまで期待できるのか?:

« 『10万年の世界経済史』 | トップページ | 『人口減少社会は怖くない』 »