« 『ティッピング・ポイント』 | トップページ | 『天才!OUTLIERS The story of success』 »

『第1感 「最初の2秒」が「なんとなく」正しい』

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)

著者:M・グラッドウェル

第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
『第1感 「最初の2秒」が「なんとなく」正しい』マルコム・グラッドウェル
 2006年3月 グラッドウェルの著書で初めに読んだのがこれ、素直に面白い。
blink the power of thinking without thinking
2枚のカードを引く 実験をしたんですよ。赤カードと青カード p15
 赤 大勝もあるが大損もある 青こつこつ勝てる、そんなに損はしない 
で、面白いのはここから
50枚ほどめくるとなんとなく青がいい、さらに続けて80枚ほどめくる必勝法に確信を持つ。
が、なんと10枚目くらいで手のひらの汗腺 ストレス反応を赤を引くときに感じている。
らしいんですって。へぇ~不思議ですねぇ~、ほんとかな?
『自分を知り、自分を変える:適応的無意識の心理学』 ティモシー・D・ウィルソン
p34モールス信号の打電パターンで分かる「これはオスカーです。ということは、彼の部隊は今、間違いなくトブルク近郊にいます。」
第二次世界大戦時 モールス信号の解読班の活躍ですが、これはありえるでしょうね。人間、ちょっとしたクセってどこかででますよね。
ショックなのはこちら
あなたは、どれだけ 人種差別主義者か?(黒人差別)
私もやってみましたよ。
現在、仕事では黒人のお客様はあまりお見えにならないので、あまり親近感を覚えておりません。結果はやはり、私は差別主義者だったのか・・・(ノд・。)
もう一つショックなのはこちら
p94 身長182.5cmのひとは165cmの人より平均で年間5523ドル多く稼ぐ
ティモシー・ジャッジ 「働く年数を30年として計算すると、背の高いひとは実質何十万ドルも得をすることになる」
えぇ~Σ( ̄ロ ̄lll) そんな?でも、そうだったのね・・・中学生のころもっと牛乳を飲んでおけばよかった…
このあたりも、面白かったです。
p183普通の人の好みとプロの第一印象は違う
p184第一印象を再現できるプロ
プロの試食:マヨネーズだけでも 外見6項目 食感10項目 風味14項目のなかから同じ味を表現できる。
こういう食品味覚審査員のプロのような方にその道のディープな話をタップリ聞いてみたいものです。

|

« 『ティッピング・ポイント』 | トップページ | 『天才!OUTLIERS The story of success』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/31232839

この記事へのトラックバック一覧です: 『第1感 「最初の2秒」が「なんとなく」正しい』:

« 『ティッピング・ポイント』 | トップページ | 『天才!OUTLIERS The story of success』 »