« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

完済したので抵当権抹消を!

いくつかしている借金のうちひとつが完済(繰り上げ返済)したので、抵当権抹消の手続きにいきました。
金融機関から送られた書類と認印をもって担当の法務局に出かけました。
待つこと約30分ようやく私の順番、指示どおりに記入し、3000円の収入印紙を貼り終了。次回、もう一度書類を取りに行かなければならないのが面倒ですが、さいわい自転車で15分程度なので本屋さんもしくは図書館に行くついでに取ってくる予定です。司法書士に頼むと数万円程度の手数料を取られるそうですが、これも経験と思い自分でやってきました。全然難しくなかったです。それよりも、法務局の事務仕事って大変そうだなぁ、と思いました。ずっと、書類とにらめっこで、とくに誰からも感謝されず、なにかあると怒鳴られるくらいの仕事のような印象を受けました。

私は、担当された男性職員にたいへんですねぇ~ありがとうございました。とねぎらいの言葉をかけて小一時間の初体験を終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不動産投資を検討中

不動産投資に関する書籍を何冊か読んでいます。

たいていの場合が、

  • いかに安く購入するか
  • いかに賃借人をうまく効率よく募集するか
  • そのためにどのようにリフォームするか
  • あとは、税務関係の話などが書かれていることが多いようです。

ネットでいろいろな物件情報を検索していますが、いきなり何千万円の物件購入は二の足を踏まざるをえません。
地元の駅近3階建てのよい物件があり見学してきましたが、1-2週間という短い期間でネット上からは消えていました。問い合わせをする間もなくよい物件は取引されているのでしょうか?不動産投資もデイトレ(やったことありませんが)のように瞬発力がいるものなのでしょうか?
 
 私自身は不動産なんてじっくりつきあっていくものと思っているため今回は縁がなかったのだと諦めますが、地道に探していきたいと思います。

目的としてはあと、10年20年は当地に留まる予定なので

  • 住居の確保 
  • 単純に戸建ての住居はその後使い勝手が悪いため、店舗兼住居そして、他人にも貸せる・売却できる物件
  • できたら賃貸でインカムゲインが確保できる物件
  • 年利15%程度希望

まぁ、そんな都合よくはいかないでしょうが、十分に準備をしていれば目標に近づくはずです(根拠なしヽ(´▽`)/)。
とりあえずは、早いうちに数千万円のキャッシュがたまらないかなぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『千年、働いてきました。』

千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン (角川oneテーマ21)

千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン (角川oneテーマ21)

著者:野村 進

千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン (角川oneテーマ21)

『千年、働いてきました。』

p20創業百年以上の会社は東京商工リサーチが百五十万社に及ぶデータベースから創業百年以上を抜き出したところ15207社
すごいですねぇ~。創業100年かぁ~。事業に関して、10年20年先はなんとなくこうなっているだろうと予測できますが、それ以上は無理ですね。身売りかうまく世代交代の仕組みがない限りは自営業としてやっていくしかないのでしょうね。
「職人のアジア」「商人のアジア」 老舗には安定した国家が必要
なるほど、確かに安定した国家が必要ですね。しかし、あまり安定?しすぎて、澱みができ、利権ができ腐敗してゆくのは困りものです。今回の政権交代を機に悪い膿を全部出し切ってもらいたいと思います。ちょっと、無理っぽそうですが・・・
p223千三百年前に法隆寺を建てた飛鳥の工人の技術に私らは追い付けない西岡常一『木のいのち木のここ』
技術伝承に関しての面白い本として最近
09/10/09
『銃・病原菌・鉄』『文明崩壊』などが面白かったです。1300年前の技術に追い付けないことってあるものなんですね。感慨深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日本で一番大切にしたい会社』

日本でいちばん大切にしたい会社

日本でいちばん大切にしたい会社

著者:坂本 光司

日本でいちばん大切にしたい会社

『日本で一番大切にしたい会社』坂本光司

    1. 景気や政策が悪い
    2. 業種・業態が悪い
    3. 規模が小さい
    4. ロケーションが悪い
    5. 大企業・大型店が悪い
p4 問題はうちではなく外と考える経営者は×
上記などの言い訳を経営に持ち込んでませんか?いや、モロ うちです。反省してます。
そうですね、問題は外の環境より 経営基盤としての哲学というか・・・
でもね、実際の経営はそんなに単純でもないのだとつぶやきたい気持ちもあります。
p21 5人に対する責任
  1. 社員とその家族を幸せにする
  2. 外注先・下請け企業の社員を幸せにする
  3. 顧客を幸せにする
  4. 地域社会を幸せにし、活性化させる
  5. 自然に生まれる株主の幸せ
いま改めて考えると できてないなぁ~!3.4.はぼちぼち考えておりますが、1.2.はできてないよなぁ~
もっともっと報いられるように経営努力しよう!!
p38 「好況だから人材がほしい。不況だからなおさら人材がほしい」
p44日本理化学工業株式会社
  1. 人に愛されること
  2. 人にほめられること
  3. 人の役に立つこと
  4. 人に必要とされること
結果的に障害者雇用が多くなり、なおかつ利益を上げ続けているチョークをつくる会社です。
p59 浜松の財界はトヨタ自動車の親会社であった豊田式織機の経営が危なくなったときに みんなで買いささえた。
トヨタでさえ、そんなことがあったのですね。みんなが危機の時 トヨタは支えてくれるのでしょうか?
きっと支えてくれるはずですよね
p134 中村ブレイス
社会的弱者が人間の尊厳を失わずに生きていくことを支える
個人的に聞き知ったところちょっといただけない会社某 ア〇〇エ〇も入っているようですが、ま、その辺はご愛敬?
従業員が楽しく働けるような会社作りを大幅に推し進めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動におけるCO2排出量 

『週刊ダイヤモンド』2009/9/26号p36より
1人30km移動するために排出されるCO2量

  • タクシー      11.64kg 5925L
  • 自家用車   5.04kg  2565L
  • 航空機          3.27kg  1664L
  • バス              1.53kg  779L
  • 鉄道              0.57kg  290L
  • 自転車               0kg     0L

自動車でいうとだいぶ計算がずれていますが、燃費の設定なのか、何人乗りという設定のためでしょうか?http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/co2-cc56.html

自転車がゼロということですが、呼気はどうなんだ?という議論はナシなのでしょうか?

まぁともかく、10km 20km程度なら自転車に乗りましょう!に賛成です。

あんな重たい自動車を50km/hrものスピードでアスファルトを傷めながら、排ガスを出しまくるというのはよくない!

だいぶ、寒くなってきましたが、頑張って走ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喫茶店がないなぁ

喫茶店がもうちょっとあればいいのに。残念ながら通勤道路沿いにはありません。
ちょっとお腹がすいたときに 気軽に利用できるカフェ。遅めのランチをとりながら、あるいはコーヒーを飲みながら本を読めるような店が理想的です。もっともお店の側からすれば回転率が悪くなるので嫌われるかもしれませんが・・・

自転車で走っていてもまったく見当たりません。
あるのはチェーン店やファミレスのみ なんだかな?むかしはもっと喫茶店があったのにな。もっと、個性がある個人店が元気な街がいいな。

じゃあ、私がやってみるかというと、とてもそんな時間的・経済的・精神的余裕はありません。
せいぜい、少し離れた場所にある雰囲気のいい店を応援する程度ですね。

ちなみに、こんな店は応援したいですね

新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? (P-Vine BOOks)

新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? (P-Vine BOOks)

著者:井野朋也(ベルク店長)

新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? (P-Vine BOOks)

Berg  本を読んでから無性に行きたくなり、出張のついでにいってきました。カレーを食べましたが、コストパフォーマンスは抜群ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『しがみつかない生き方』

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

著者:香山 リカ

しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)

勝間和代も香山リカもあまり好きではないのですが、
どちらかというと香山氏ですね。人に勧めるのは後者ですね。

失礼ながら立ち読みのみです。

本書では、勝間的な生き方に否定的な内容が書かれています。そうなんですよね。勝間氏はちょっと身勝手すぎる気がします。証券アナリストでもライブドアの粉飾を見抜けなかったのは仕方がないなどと、苦しい言い訳なんかかを書いていましたからね。

勝間氏の本を読んでいるとちょっと興ざめしてしまいます。あと、20年間同じスタンスで仕事ができるのでしょうか?

そういう意味では香山リカ 一日の長有り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『金融大崩壊』

『金融大崩壊』水野和夫
p38 95年クリントン政権 63兆9000億ドルだったものが、ピ
ークの2007年10月には187兆2000億ドル 世界の金融資産

p162 「アメリカ投資銀行株式会社」「日本輸出株式会社」

日米の経済的特徴を上記のように言い表しています。しかし、藤巻 健史氏は日本はモノづくりより投資の利益の方が大きいと数年前言ってましたが、現在はどうなのでしょう?

p179 打撃を受けるのは輸出企業 自動車・電機 非製造部門
ではOKか?前回のバブル崩壊よりも雇用という点では影響は軽
微か

そうなのでしょうか?現実は雇用情勢かなりタイトになってきているようです。http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/employment/

p198海外とどう付き合っていくか
p199セーフティネット

今後の課題は海外とどう付き合うのかおよびセーフティネットということらしいです。セーフティネットは重要ですね。失敗しても何度でもチャレンジできる社会が理想的です。最後の最後に栄光をつかむなんてちょっとチープな映画のようですがかっこいいじゃないですか。チャレンジすらできないような格差が固定化したような社会にはNOですね。世襲政治もやめてほしいものです。ほんとに・・・


年金は世界的に見て多い 設計の失敗による大盤振る舞い

高齢者は年金を貯金していますからねぇ~まずは年金の意味、定義付けからやった方がいいのではないでしょうか。

p83 若い人から老人への所得移転なら 富裕な高齢者から貧
しい高齢者への所得移転があってもいいのでは

そうですね、高齢者の方が豊かなのだから、もっとどのようにその資産を活用するのかを考えてほしいものですね。

金融大崩壊―「アメリカ金融帝国」の終焉 (生活人新書)

金融大崩壊―「アメリカ金融帝国」の終焉 (生活人新書)

著者:水野 和夫

金融大崩壊―「アメリカ金融帝国」の終焉 (生活人新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本も捨てたものでない

現在 国会議員の方に選挙前の7月にお話しする機会がありました。

某氏いわく、私は日本をあきらめていない。まだまだよくなっていく可能性がある!と述べられていました。
世界的な不況、年金問題、官僚の天下り、毎年自殺者が1万人以上出る国、大企業の論理、腐ったマスコミ・・・いやなことばかり目についていましたが、そのようななかでも希望を持って活動している人は素晴らしいですね。応援したくなります。

さて、政権交代から3カ月ですが、まだまだ 日本という国に希望を持てるような政策・方向転換は認識しずらい状況です。もう少しわれわれも希望を持てるような具体的な政策をお願いしたいと思います。

われわれもマニフェストの進捗状況をチェックする必要がありそうですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『億万長者より手取り1000万円が一番幸せ』

億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!―年収400万円+副収入でプチリッチになる

億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!―年収400万円+副収入でプチリッチになる

著者:吉川 英一

億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!―年収400万円+副収入でプチリッチになる
『億万長者より手取り1000万円が一番幸せ』
年収400万円+副収入でプチリッチになる
小さな事業を営んでいる私にとっては目からウロコが落ちるような本です。いいです。
日本の税金は高すぎやしないかい?というところから論じられています。
p21 OECD加盟国平均は26.7%の法人税 実効税率が30か国中7年連続で一位
40.7% アメリカは2位 40%
そうなんですよね。やっぱ税金は高いや!確定申告をしない一般的なサラリーマンは無関心なのでしょうか?
p23 課税所得金額で1800万円を超えると最高税率の40%になる
住民税10% 事業税5% あわせて55%が税金
で、著者は述べております。
お金持ちになろうとしたら、脱○か株しかないと
従来どおり株式を購入し続ければよいのでしょう。これでファイナルアンサー?
p36 社員一人を雇うとは5000万円の長期固定負債を負うのと同じだと述べる会社社長もいるようです。
そこまでなまなましい表現を私自身はいたしませんが、ときどき 従業員にたいしてちょっとぉ~・・・と思うことはあります。もっとも大部分の時間は大変感謝しておりますが…ヽ(´▽`)/
給与所得1448万円の 可処分1000万円 税率23%をねらう
ありだと思います。給与所得者の時にこの考え方を身につけておけば、と後悔します。
p91損保会社の総合職 40歳課長で1500万円の給与
だってさ やってられなくなるな。やはり日本のホワイトカラーは生産性低いと思います。
p100日銀出身の木村剛氏いわく日銀で日本国債を買っているのはつきあいで福井総裁(当時)くらい
やはり、資産は海外運用も考えなければいけませんね。
p101持ち株会をすすめてます
長期投資には でも 分散が利かないですね。リスクを集中しすぎる気がします。

p184 いままでの所得税率が23% 住民税10% 事業税5%の合計38%が トータル48%になる 普通の会社で仕入れ原価や製造コストが10%も上がったら苦しくて死活問題 
たしかに・・・おっしゃる通りです。
それで、結局のところ著者の得意分野の不動産投資の話となるわけです。
p185減価償却が減っていくので計算上は利益だけが増えている納める税金も増えていく
p188賃貸住宅の空室率は全国平均ですでに21%となっている
こんな、状況では不動産投資をやる気が起こりませんねぇ~
p191借り入れは元金均等返済にすべき
p212 exit 戦略 いつでも売れない。 価値は下がっていく 最も怖いのは滞納 次が空室
不動産投資なんていくら本読んでも、ブログなどで研究しても費用対効果は薄そうです。物件はそれぞれ違うため、少額がはじめていって実戦で鍛えるしかないのでしょうかねぇ~。
とりあえずは、インターネットで情報を集めている状況です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『年金問題の正しい考え方』

年金問題の正しい考え方―福祉国家は持続可能か (中公新書)

年金問題の正しい考え方―福祉国家は持続可能か (中公新書)

著者:盛山 和夫

年金問題の正しい考え方―福祉国家は持続可能か (中公新書)

どうも、年金問題の 根源はその制度設計ということらしい
少子化や未納問題はその本質ではないとのことなるほど
p16 国民年金 男性1.67% 女性2.33%の利子率
基本的には入っていたほうが得という結論です。山崎元も同じ趣旨を述べられております。http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-2d8b.html
p125 1973年のスキームにおける相対的年金水準は高すぎた
p161 未納は本人にとって損 その分をほかの人が肩代わりするわけではない
p243人口減少社会では積み立て方式がいいか?
p246 完全税方式は世代間の格差と対立
p268 社会保障への支出が経済活動を妨げたり、経済に寄与しない無駄遣いであるかのような議論は間違っている。医療費や介護費は、医療サービスや介護サービスという重要な財に対して支払われているのであるし、年金にしても、基本的には高齢者の生活費として支給されることで総需要を支えている
(実際はせっせと貯蓄していますが…苦笑)言わんとすることに大賛成です。あとは、受け取る側の意識、あるいは年金とは違いますが、税金でいえば、負担している側の納税者意識などの変革も必要でしょう。
政権交代を機に一回ほんとに ガラガラポンして 実際のところをすべてさらけ出して 最初から作ってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »