« もしものときは?やはり保険なのか | トップページ | ワンルームマンションを購入したのは5年前 »

一棟アパートを偵察

ネットでひっかかった一棟もの投資アパートを偵察してきました。
実際行ってみると、地図で見たよりは立地的に不利な印象でした。生活拠点よりも高低差で結構あるんですよね。

業者さんとは、メールでコンタクトをとっているのですが、まだ内見もしていないのに「購入なら現金ですか、それともローンですか?」と尋ねられました。

両者の違いや質問の本意が分からなかったため、近所の見知った不動産屋に立ち寄り缶コーヒーを手渡しつつ立ち話。やはり、現況では不動産投資は厳しいらしいですね。売るに売れない状況だそうです。

「ところで、不動産購入の際、売り手からキャッシュかローンかって聞かれたんですが、これってどういう意味でしょう?」

どうやら売り手のほうは融資が通らない場合を想定しているとのことでした。せっかく商談し、契約にこぎつけるところまでいっても、銀行からローンが通らないと白紙に戻ってしまう。そんな面倒なことはできれば避けたい。融資が通るかどうか銀行と買い手の状況のいかんにかかわらず、売り手としては確実に買い手から現金がいいわけで、しかもあまり手間暇はかけたくない。そういう本音が垣間見えました。

しかしなぁ、3000万円とか4000万円とかキャッシュでポンとは買えないですよ。ワンルームマンションならいざ知らず。それに、それだけの資本を投入しても利回り10%では300万円とか400万円。さらに、いろいろなものがひかれたり減価償却費があったり・・・と結局投資としてはどうなのか?判断が難しいところです。

それだけあれば、のるかそるかの 他業種参入店舗経営なんかも面白いかもしれません。いや、リスク多すぎですが・・・(;´▽`A``

とりあえず、キャッシュ増やして「現金決済するから値引きしてくれ!」戦略を取りたいと思います。
あ~あ、こんなことなら繰り上げ返済するんじゃなかった。(;ω;)
キャッシュがキャッシュが足りない…

|

« もしものときは?やはり保険なのか | トップページ | ワンルームマンションを購入したのは5年前 »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/32221886

この記事へのトラックバック一覧です: 一棟アパートを偵察:

« もしものときは?やはり保険なのか | トップページ | ワンルームマンションを購入したのは5年前 »