« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

オレはおまぬけなMBAホルダーになろうとしているのか?

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。

それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は 「そんなに長い時間じゃないよ」 と答えた。 旅行者が 「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」 と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、
女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…
ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。 「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」 「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」 と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、
奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」
2ちゃんねるでみるコピペです。
なんだか、わたしは上記のMBAホルダー おバカ アメリカ人の提案に従っているようで悲しくなります。でもな、現実は、ひとりでそんなに のんびりと仕事をしているわけじゃないんだよな。
朝の7時台から夜の21時くらいまでほぼ、毎日 土曜日も日曜日もなく、完全なoffってないもんなぁ~。もう少し、ペースを落としてもいいのかもしれない。
今後、出口戦略あるいは、非成長・非拡大戦略を考えていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「年収1億円」のデータを取りよせる

『PRESIDENT』2005/12/5 p113

Photo

特筆すべきはランキングに載っている人数でしょうか。カメラマンなんて「だれ」と「だれ」って言えそうな気がします。

そして、少し意外なのが、俳優278人そんなにいるんだ高額納税者の俳優って?

あと、気になるのは教員が15人もランキング 本業じゃなくて副業のタレント業や著述で稼いでいるのでしょうか?どのように分類されているかは不明です。

面白い記事がたくさんあるのですが、だんだん気分が悪くなってきました。もう、どうでもいいや!そんな気になります。

とりあえず、目の前にある自分のできることをしっかりやっていこう!無理やりの前向きなコメントでしめたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年収1億円をもうちょっと考えてみる

前回のエントリーの http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/1-769d.html つづきです。

最近読んだ本で、参考になる記述がありましたので紹介いたします。

『日本のお金持ち妻研究』 

p10 夫の職業 会社経営者51%」 医師24% 弁護士・会計士9% そのほか16%
で世帯年収は 平均値9900万円 中央値8500万円 
3000万円未満 14% 3-5000万円 17% 5000-1億 31% 1-1.5億 22% 1.5-2億 10% 2億以上7%
出所:『日本の高額納税者調査 2007』 平均年齢 夫63.1歳 妻59.3歳
前回のエントリーの http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/1-769d.html とはだいぶ様子が違います。比較すると面白いかとおもわれます。こちらのほうはアンケート調査からの結果であり、7000人へのアンケートで 回収数はたったの108通 データとしては相当バイアスがかかっています。つまり、ひけらかしたい人たちだけが答えているということです。世間的には必要以上に露出する傾向があるかもしれません。
内容で印象に残ったのは
p146 サラリーマンで個人的にベンツを買ったり、ブランド品を買いあさったりする人は金銭的にだいじょうぶ?
という税理士 世帯年収1億円 このあたりは『となりの億万長者』を思い出させます。
p147生活費 200万円 うち貯蓄生保などは70万円 ローン返済20万円 消費支出110万円
ぜいたく品を消費するというよりも、堅実に貯蓄をしている印象があります。
実際はそんなものかもしれませんね。
収入が増えようが減ろうが、質素倹約がなによりかと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年収1億円を考えてみる

相互リンク先のPALCOMさんの「年収1億円」エントリ

http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-908.html 触発されて私も書いてみたいと思います。

ネットで検索すると2005年と少し古いエントリですが このような情報がありました。

意外と「アーチスト」あるいは「その他農林業」が上位です。もっともこちらは高額納税者番付をもとにしたデータなので、そうとうバイアスがかかっているかと思われます。

「この職業に就きさえすれば、年収1億円くらいはGET!」などではありませんので誤解なきよう!

http://moneyplus.seesaa.net/article/9459939.html

高額納税者番付職業 第 1位 画家
高額納税者番付職業 第 2位 舞踏家
高額納税者番付職業 第 3位 その他農林業
高額納税者番付職業 第 4位 デザイナー
高額納税者番付職業 第 5位 その他芸術家
高額納税者番付職業 第 6位 商品販売
高額納税者番付職業 第 7位 俳優
高額納税者番付職業 第 8位 著述家
高額納税者番付職業 第 9位 演出家
高額納税者番付職業 第10位 プロスポーツ選手

となっています。

このベスト9位までが、平均年収が1億円を超えています。

第10位のプロスポーツ選手は、9983万円でした。

http://moneyplus.seesaa.net/article/9501497.html

そして、11位以下は こちら

高額納税者職業 第11位 宗教家
高額納税者職業 第12位 その他専門職
高額納税者職業 第13位 その他法律家
高額納税者職業 第14位 音楽家
高額納税者職業 第15位 カメラマン
             16位 裁判官・弁護士
             17位 漁業
             18位 家主・地主
             19位 会社役員
             20位 質屋
             21位 保険セールスマン
             22位 技術者
             23位 薬剤師
             24位 小売店主
             25位 医師
             26位 その他役員
             27位 地方公務員
             28位 不動産仲介人
             29位 国家公務員
             30位 教員
             31位 飲食店主
             32位 農業
             33位 獣医師
             34位 畜産
             35位 税理士・会計士
             36位 建築作業者
             37位 旅館主人
             38位 美容師
             39位 演芸家
             40位 歯科医師

今まで 本気で年収1億円というのを考えたことがなかったのですが、これを機に少し真面目に考えてみました。

現在のキャパ あるいは同業他社などを考えてみると まだまだシェアを奪って収入増は見込めるでしょう。しかし、年収1億はふつうにありえない。もし万が一 売上高利益率がこのまま推移すると 売上を2億円弱引き上げなければなりません( ゚д゚)ポカーン ありえない。とうぜんそんなキャパシティがないため 付加価値を高めるか、新規顧客をどんどん増やすか、回転数をあげていくか…ちょっと現実離れしていけます。

うちの規模だとせいぜい売上アップは3000万円程度で頭打ちでしょう。

しかし、もし、同じような店舗を2店・3店と出店していければ…

あり得ない話ではなさそうです。出店のコツは分かってきたのですが、人のやりくりが難しいでしょうねぇ。

でも、もっとも大切なことはどう稼ぐかよりもどう使うかなのでしょう。

参考までに職業別の平均年収ランキング(出典:PRESIDENT 12月号の特集記事、「日本人の給料」) 

http://www.value-gap.com/2006/10/post_78.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月購入ETF

  •    12月       1月     2月
  • VB @ 56.44     59.23    55.48      
  • VEA@ 34.70     35.57    31.69 
  • VSS @ 82.11     86.15    77.84
  • VTI @ 56.17      58.00    54.21 
  • VWO @ 40.90     42.22    38.06
  • KXI @  -      -      55.32

2月購入ETE 少し 下がったのでKXIの追加と 口数を増やしました。

しばらくは、外国株とくに新興国・中国を増やしていく予定です。 

ETFを毎月購入し始めたのが2008年1月からです。2年以上がすぎましたが、今のところなんとか含み益が出ています。これから先 どうなるかは分かりません。現況ではどうにかこうにか暮らしていけてるので、少しずつ投資金額を増加させつつ、目標のアーリリタイヤメント、海外ロングスティ PTにむけて加速をつけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

効率的フロンティアを検討

2009_12_2

現在 読んでいる『資産運用の強化書』角山智著 を読んでいます。それによるとアセットアロケーションの重要性が説かれております。
同書p36 ゲイリー・プリンソン アメリカの82年金基金のパフォーマンス 1977-1987年
パフォーマンスを決めたのはアセットアロケーション

  • アセットアロケーション:91.5%
  • 個別銘柄の選択4.6%
  • マーケットタイミング1.8%
  • そのほか2.1%

出典は Determinants of portfolio Performance Ⅱ
Determinants of portfolio Performance Ⅱ 

http://www.timothyburger.com/Determinants_Brinson_1991.pdf

(出典は未読(^-^;)

さて、効率的フロンティアを調べてみました。

http://tarot-mpt.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/_ver110_a933.html

そして、昨年末のポートフォリオhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/2009-ef69.htmlをプロットすると上記表

う~ん?最適解ではないけど大ハズシはしてない。こんなところでぼちぼちやってゆこうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人事業か法人か・・・?

「こんな状況ではヤバイですよ。もうちょっと頑張って売り上げを伸ばさないと」など創業当時から某会計士には さんざんケツを叩かれてきました。
しかし、最近少し売上・利益が安定しつつあるためか、「そろそろ節税などを考えて 法人化なども考えてみてはいかがでしょうか?」
変わるもんだなぁ~(*^.^*)

法人化のメリット・デメリットがいまいち分りません。ネット検索しても、いまいち実感としてメリットがつかめない。いつでもやめられる個人事業のほうが気楽でいいかもな。

あるいは逆に、法人化→株式上場なんてのも面白いかもしれません(ありえないけど(*´ェ`*))

個人的には 401Kの確定拠出最大額6万8千円を継続してどうなるかみたいという気持ちもあるし、法人だろうが・個人だろうがあまり「事業の信用」には関係ない気がするので、このまま個人事業でいいかな?という気がします。

『週刊ダイヤモンド』2010年1月30日によると、p66 「中小企業倒産防止共済」というのがあるそうです。
総額320万円まで積み立てることができ、40か月で全額戻る 個人事業主なら必要経費として処理できるという優れもの。現在、不安定な業者ともおつきあいがあるので、申し込もうと問い合わせました。

なるほど、OK分りました。

とりあえず、申込書(送ってくれるそうです)と確定申告書を持って1年以上付き合いのある金融機関へGo!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アバター』観てきました

作日は映画代が安くなる日でした。1300円で3Dの『アバター』が観られました(o^-^o)

最初 映画のタイトルを聞いたときは、エッ!なに ネット上でのなんらかのチープなやりとりのこと?面白くなさそう。なんて思っていました。もちろん、ぜんぜん違うSFかつ宮崎駿風ファンタジーでもあり、そしてまた『タイタニック』的でもあるのでした。

また、3Dの映画ってどうなのよ!
と思っていました。昔の赤と青の右目・左目が違う眼鏡をかけてみるのかい?またもやチープな先入観を持ってしまいましたがどうして、どうして。大満足でした。

3Dいいですね。確かに遠近がくっきり葉っぱがひらひらと自分の手に届くところへ落ちていくようでした。
これからの家庭用ゲーム機は3Dを使った対戦、シューティングやボクシングなんかが面白そうです。とくにwiiなどのように体を動かしながらだと迫力満点でしょう。もっとも私はゲームやりませんが(*´Д`*)

内容もよかったです。昔のハリウッド映画では考えられないような内容でした。

映像も抜群でしたし。

まだ観てない人にオススメできる映画です。できたら3D 日本語吹き替えで!(字幕は目が疲れます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農業 食糧不足

昔 父が[「これからは食糧難の時代が来る」とせっせと副業で畑を耕していたことがありました。

白洲次郎みたい ちょっとかっこいいぜ!と思っていたのでしょうか?そんな、父は飽食の時代のまま世を去りました。当時、ふと思ったのは少し考えが進歩的過ぎたのかな ということでした。

が、しかし、ことはそんなに単純ではないらしいことが分かってきました。
将来→人口増→食糧難→ああ困った 食料を確保しよう: そんな図式では到底考えられないのが現状のようです。

食糧不足で困るのは結局は 貧しい国の貧しい人々だということが分かってきました。 もっと言えば、現在の先進国の豊かさは環境破壊と途上国の貧困という犠牲のもとで成り立っているのではないでしょうか?
いろいろな書物を読むたびにそう感じてしまいます。
食料問題は結局のところ貧困問題なのだと気づかされます。食料が少なくなり価格が高騰しても豊かな国の豊かな人々が飢えるのはもっとも最後。まずは貧しい国の貧しい人々が真っ先に食料危機に直面させられます。もちろん、だから自分は当分OKなんて言っているのではありません。その貧困問題の根源や環境問題も密接にかかわっていることを考え 今後どうしていくべきかを考えてゆきたいと思うのです。

昨今の二酸化炭素排出量に関しても同様に考えていく必要があるだろと思います。
途上国のCO2排出を制限しろ!とか いや、発展するまではそのままで、まず先進諸国だ!などの意見がありますが、第三の道が必要かと思われます。

みんながちょっとずつ環境のことを考えて行動する。途上国や先進国などのくくりなしに、地球環境をもっと考えたほうがよいと思います。『文明崩壊』を読んでますますそう思いました。

PCやネットはどうなんだ?という話もありますが、新聞などに比べたらインパクトは少ないのではないでしょうか?また、今年はなるべく自動車を使わないようにしたいと思います。自転車か電車での移動を基本としたいと思います。タクシーも経費で扱えるのですが、なるべく使わないようにしたいと思います。

まぁ、できることから少しずつやってゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドカレー 屋

インドカレーや
ランチを食べにインド料理屋さんに入りました。
800円台のランチプレートにはカレー 2種類と皿からはみ出るほど大きなナン、ライスそしてサラダがのっておりました。なかなかリーズナブルな値段だと思いました。

店内は40席弱で、8割は入っていたでしょうか?日本語をある程度話すインド人とおぼしき女性がふたりでフロワーを回し、厨房では男性がひとりぺったんぺったんとナンを作っているのでした。
客の回転率もよく、休日ということもあり 学生など若いカップルなども多かった気がします。

固定費・人件費は少なめで 回転率も原価率もよさそうです。なかなかいいビジネスとお見受けしました。
さすが、インド!

これからも、ちょくちょく訪れてインドの奥深さ?を堪能したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人材派遣会社にいらつく

ったく、イライラさせられる。

だいたい、なんだよ、派遣会社って!うちの業界はある意味 慢性的な人手不足。現在のスタッフもがんばってはくれているんだけど、しっかり有給とったり、インフルエンザにかかったりで休むことはある。そのときのバックアップという意味も含めて 仕方なく派遣会社から応援を頼んでいる。

しかも、けっこうな費用を出して!
だいたい人材派遣ってナニよ?

いわば人身売買みたいなもんだろ!自分は何もしないのに、人を右から左に動かすだけで、何の知識も経験も資格もいらない (タブン ゴカイ シテイル)。

ざけんな!なんでもそんなものに60%もさっぴかれなきゃいかんのじゃ、ボケ!

だいたい、自分の能力あるやつは人材派遣なんて使うなよ!

もうね、人材派遣とかパチンコとかタバコとか宝くじ、保険とか貧しくて知識のない大勢の大衆から少しずつ金をかすめ取っていくのはやめろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不労所得と思っていたけど…

あまり、税金のことを考えていなかった。

今年はどうやら結構な額。そして、恐ろしいことに予定納税もある。結構キャッシュが必要ですね。

思い切った投資(借金)はできそうにないですね。払えるのかな?ちょっと心配になります。

不労所得でたとえ、月に20万円が入ってくるとしても、その実半分近くが税金となる可能性もあります。ウ~ン、そういう意味では減価償却のきく不動産からの家賃収入なのかなぁ?

ともかく、無理な投資はせずきっちり税金を払えるキャッシュを用意しておきます。でもな、税金の使買われ方に関しては要チェックだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »