« 仕事・事業の出口戦略 人生の出口戦略  | トップページ | 『資産運用の強化書』角山智 »

海外で暮らすのもアリ?

ちょっと、仕事で嫌な事が続きました。

あ~、もういっそうのこと、店をたたんで、引退あるいは、再就職?でもいいかな?

1.2億45歳 年収そこそこならそれでもいいか (現実は違いますが(^-^;)
2億あれば、 働かなくても 海外で暮らしていけるな。

とりあえず、英語勉強しよう さて、なにから?
今年もTOEIC受けてみようかな?

現在、『夢の海外移住計画』を読んで現実逃避しています。

夢の海外移住計画―永住権を最短で取得するための指南書 世界の移民投資プログラム集

夢の海外移住計画―永住権を最短で取得するための指南書 世界の移民投資プログラム集

著者:ヘンリー・G. リーブマン,川村 敏

夢の海外移住計画―永住権を最短で取得するための指南書 世界の移民投資プログラム集

個人投資家ビザっていうのがあるのですね。

オーストラリア:45歳以下 150万AUD以上 ビジネス英語ができる
カナダ:40万CADの投資、ビジネス経験、80万CADの個人純資産
カリブ海の島々は ハードル低そうです
マレーシア:50歳以下 既婚 150,000RM(マレーシアリンギ) 400万円ちょっと 外国からの月収10000RM 26-27万円
ニュージーランド:40-44歳で6点、事業経験6年で3点、投資資金が100万NZDで1点150万NZDで2点 200万NZD 3点 250万NZDで4点 2008年2月に出た本書ですが、書かれた時点での必要点数は合計12点
 十分な資金と経験のある事業家は、株式市場に投資するか、商業的資産を購入すれば容易にニュージーランドに移住できる
 

|

« 仕事・事業の出口戦略 人生の出口戦略  | トップページ | 『資産運用の強化書』角山智 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

海外に移住したいですか?
失礼ですが、おいくつでしょうか。
可能性はいろいろありますよ。
何処の国住みたいかもよりますが、
英語だけはある程度は話せる方が良いですが。

カナダ、アメリカ、オーストラリアの永住権持っています。ブログですこしづつお話していますが、
もし参考になれば遊びに来て下さい。

投稿: takechan0312 | 2010年3月 7日 (日) 21時59分

takechan0312さんコメントありがとうございます。
海外生活を極めていらっしゃるようで、今後参考にさせていただきます。
>失礼ですが、おいくつでしょうか。
40歳前後±5の範囲です。

永住を希望しているわけではないのですが、外から日本を客観的にみてみたいです。

投稿: lazy | 2010年3月 8日 (月) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/33464102

この記事へのトラックバック一覧です: 海外で暮らすのもアリ?:

« 仕事・事業の出口戦略 人生の出口戦略  | トップページ | 『資産運用の強化書』角山智 »