« 電気自動車に試乗 | トップページ | 銀行って ひどいねぇ~ »

『ヤマダ電機に負けない弱者の戦い方』

ヤマダ電機に負けない「弱者の戦い方」―セブンとアトム、ヤマグチに学ぶNo.1企業との共存の法則

ヤマダ電機に負けない「弱者の戦い方」―セブンとアトム、ヤマグチに学ぶNo.1企業との共存の法則

ヤマダ電機に負けない「弱者の戦い方」―セブンとアトム、ヤマグチに学ぶNo.1企業との共存の法則

『ヤマダ電機に負けない弱者の戦い方』

私も弱小自営業者なので、同じような立場です。戦略をもっと練っていかなければならない気がします。

ちなみに、どうような状況として スターバックスコーヒーが2階に入居した(入った日からいきなり有名店) 新宿最後の小さなお店「ベルク」なんかも参考になります。http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-766f.html

p1電器店数のピークは82年 60810店 04年には39876店 34.4%減少
p27 いかに時代の変化に適応していくか

確かに、電器店も自転車屋も床屋さんも、魚屋さんや八百屋さんだって少なくなりましたね。ちょっと寂しいです。

p32 三流経営者は「金」を残し 二流経営者は「企業」を残し 一流経営者は「人」を残す

せめて、「お金」くらいは残ればいいのですが…(^-^; うまくいけば、「お店」も残せるかもしれません。「人」は扱うのも残すのも育てるのも なかなか大変ですね゚゚(´O`)°゚

p92  転出・死亡 入院などで 毎年固定客は5%くらい減る しっかり顧客管理していなければそれ以上減る

p150 在庫と売掛金を適正水準に管理
p156 ヨドバシ価格 20万7800 ブルーレイレコーダー ヤマグチ価格32万8000円
p218 情報と販促が最重点課題
p243 アトムの井坂社長いわく、大型量販店は
不特定多数の一般客に普及品を大量に売ること
大量陳列 、大安売り、チラシの大量配布
逆に、地域店は こだわりの客に、高付加価値商品(絶対数が小さい) 人的サービス(絶対数が小さい) 正しい戦略

  • p247天地自然の理の経営
  • 売れるものをもっと売れ
  • 売れる時期に売れ
  • 売れる方法で売れ 売れない方法を改善するな
  • たくさん買ってくれるお客さんにもっと買ってもらえ
  • 自店の得意分野をもっと伸ばせ

ひとつ、考えている方法は店舗を縮小 あるいは、分散?して、機動的に動くこと

満足度を高めて、特化してゆくこと・・・ウ~ム 難しいですね。

|

« 電気自動車に試乗 | トップページ | 銀行って ひどいねぇ~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/33875122

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤマダ電機に負けない弱者の戦い方』:

« 電気自動車に試乗 | トップページ | 銀行って ひどいねぇ~ »