« 季節を肌で感じる 春ですねぇ~ | トップページ | 電気自動車に試乗 »

投資遍歴

思えば、2003年 世界同時株安の前後にあまたの日本国家破綻論 本が出回っていました。たまたま手に取って眺めていたら、そうか、やっぱ日本ヤバイかもしんない。という思いにまんまと駆られ、いろいろ関連する書物を読み漁ったのでした。

当初 影響を受けたのは『ゴミ投資家シリーズ』などでした。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%83S%83%7E%93%8A%8E%91%89%C6%82%CC%82%BD%82%DF%82%CC&x=0&y=0

確か あのころの考えでは、日本一国に預けてるはリスクが大きいという気がして海外口座を持とうと思ったのです。しかし、現実問題として どこで、どうやるのがよいのか、また仕事が忙しいこともあり手つかずでした。

2004年にようやく外貨の定期預金を持つことになり(今ならやらない)、日本の証券口座を開設したのでした。

海外の口座をもったのは、2005年だったでしょうか?そのうち海外で生活するだろうという予測のもと銀行口座を開設したのです。

最初は、ゴミ投資家シリーズで出ていたファンドを現在のスペックでどうしたら購入できるかなどとやっきになっていました。いくつかのファンドを購入しましたが、リーマンショックの前後で それらはすべて売却しました。なにせ、手数料が高く長期に持ってはおけないと考えてからです。

その頃から、いろいろな良書を読み、分散投資、手数料極小、長期投資などがテーマとなってきました。

そもそも論として なにゆえの投資?長期投資?かと問われると、やはり仕事をしない状況でも食っていけるように!たとえば、それが、不動産賃料でも印税でもなんでもいいのですが・・・

そんな、私が出会って実行しているのが、ETFを毎月毎月こつこつとドルコストで購入しています。(厳密にはドルコストとバリューアベレージングの折衷)

まとめると、こんな感じ

    • 日本危機?
    •    ↓
    • 海外口座
    •    ↓
    • 海外ファンド
    •    ↓
    • ETF 分散・長期投資
    •    ↓
    • ドルコスト・バリューアベレージング

実際、パンローリング出版も ETFなどの書籍を扱うようになってきましたし、今後はどのようになるかは分かりませんが、少し気になっていることがあります。それは、現物投資・・・検討課題とします。

ETF 世界を舞台にした金融商品 (現代の錬金術師シリーズ)

ETF 世界を舞台にした金融商品 (現代の錬金術師シリーズ)

著者:浅川夏樹

ETF 世界を舞台にした金融商品 (現代の錬金術師シリーズ)

|

« 季節を肌で感じる 春ですねぇ~ | トップページ | 電気自動車に試乗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/33845216

この記事へのトラックバック一覧です: 投資遍歴:

« 季節を肌で感じる 春ですねぇ~ | トップページ | 電気自動車に試乗 »