« 『間違う力』高野秀行 | トップページ | 理由あって少しポジションを変更中 »

お金の価値 100万円貯まったのは・・・

私が中高校生だったころ1万円は大金でした。もちろん、普段 お金を使わない生活の私にとっては 今でも1万円は大金です。
大学生になると、学業・交遊・生活費 その他もろもろで出費がかさむようになってきました。その頃は まだ、バブルの余韻がありましたので、居酒屋のバイトや塾講師などのバイトなどなどで月に10万円前後の収入がありました。もちろん、20歳やそこらで金融リテラシーなんて全くないため 「お金」は入っては出ていくを繰り返していました。もっとも貯めようとすら思いつきませんでした。海外旅行に行きたいため何月までに○万円貯める というのはありましたが、まだまだ未来は明るいはず、お金貯めるのは格好悪い、それより今を楽しもう!そんな空気が流れておりました。

働きだすと やれ新車だ、旅行だ 飲み会だ などとやっぱりお金は増えていかなかったと思います。
そんな私も、数年たつと仕事 極度に忙しくなり始め 気がつくとまったくお金を使っている暇がなくなり気が付いたら口座に1,000,000 以上の数字 おおケタが増えた!ちょっと嬉しくなりました。
100万円貯まると嬉しくないですか?
今は、仕事もなくそれどころではない という方が以前よりは多いでしょう。
しかし、例え月16万円の手取りでも資産1/4づつ貯金していけば2年と1カ月で100万円に到達します。参考:「月給1/4の天引き貯金」『私の財産告白』 本多静http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/p48-09dc.html

さて、今は毎月の出費が100万円単位で出ていきます(;д;)。もちろん、個人の消費ではなく 事業の支払いのためどんどん出ていきます。

お金の価値というか、持つ意味合いは状況や立場によって変わっていくのでしょうね。だからこそ危なっかしい。

  • 高校生の1万円 
  • 大学生の10万円
  • 零細社長の100万円

これが、どんどん 上手くいったら

  • 中小企業の1000万円
  • 大企業の1億円
  • 巨大企業の10億円
  • 超巨大企業の 100~1000億円

・・・

という道筋に乗るのでしょうか?いや、ないですね。成長戦略路線とは別に向かっていますので・・・

コントロールできる範囲が広がるのは悪い気はしないのですが、その分  顧客・従業員・取引先・地域の方々 などへの責任が増えてきます。それはそれで しんどいものです、た、たぶん(^-^;

|

« 『間違う力』高野秀行 | トップページ | 理由あって少しポジションを変更中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/34160577

この記事へのトラックバック一覧です: お金の価値 100万円貯まったのは・・・:

« 『間違う力』高野秀行 | トップページ | 理由あって少しポジションを変更中 »