« 厚生年金と国民年金どっちがお得?その1 | トップページ | 『強欲資本主義ウォール街の自爆』神谷秀樹 »

厚生年金と国民年金どっちがお得?その2

前回http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-d6d2.htmlの続きです

厚生年金と国民年金の比較をググると 厚生年金有利説が多いですね。

http://www.google.co.jp/search?q=厚生年金 国民年金 比較&hl=ja&start=30&sa=N

理由は半額が企業からの負担だから・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

でもね、その半額分を給与にしてもらって 確定拠出型の個人年金にしてしまえば、自分で運用もできるうえに、所得税だって減税されるから、お得だと思うんですけどねぇ~

401Kについてはhttp://teiiyone.com/blog/2009/07/post_221.htmlのページが非常によくまとまっています。

以前、Werder Bremenさんから 宿題のあった「特別法人税」http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-6e92.htmlについてもhttp://teiiyone.com/blog/2009/07/post_208.html述べられております。

厚生年金の企業負担だって 結局は労働者があげた利益が原資なんだけどな。それでいてなるべく人に任せる部分を減らしたほうがコストは削減できるはずなんだけどな。給付がたくさんあるから得だと単純に考えているのでしょうか?それは随分 貧困かつ危うい発想だと思います。違うでしょう!費用負担に対する給付の割合で考えないと・・・ようするにたくさん掛ければたくさん戻るけど、コストはかかるよってことじゃないの?厚生年金??

以前からそのように疑問を感じていたのですが、この本↓を読んで、たぶん謎は解けたかもしれません。それは ↓

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)

著者:橘 玲

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)

橘 玲氏によると厚生年金は割に合わない 理由は専業主婦の保険料を無料にしているから、将来払った額ともらえる額の比較をすると「国民年金」有利とされております。

(どのみち、長生きできなきゃ意味が薄れますが…)

高等遊民さんのブログで紹介されております。http://koutou-yumin.seesaa.net/article/139694855.html 

さすがに、早期リタイヤできるファイナンシャルリテラシーのある方と極小自営業の従業員を比べるのは失礼すぎますね。でも、うちの従業員にももうちょっとリテラシーを高めてもらいたいものです。

こんなのだから 10年たてば「お祝い金」数十万もらえる保険なんかに入る人が結構いるのかな?そのあいだにどれだけ保険料払っているのか…?しかも、テレビCMの広告料どれくらいなのか・・・?

ともかく

  • 人的資源:子供や親類・身近なコミュニティ
  • あらかじめ積み立ておいた資産
  • もっとも重要なの:自分自身の健康

を最大限に生かせるよう日々の生活を考えていきたいものです。

|

« 厚生年金と国民年金どっちがお得?その1 | トップページ | 『強欲資本主義ウォール街の自爆』神谷秀樹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/34072129

この記事へのトラックバック一覧です: 厚生年金と国民年金どっちがお得?その2:

« 厚生年金と国民年金どっちがお得?その1 | トップページ | 『強欲資本主義ウォール街の自爆』神谷秀樹 »