« 月のきれいな夜にチャイを飲みながら考えたこと | トップページ | 『プロフェッショナルの条件』PFドラッカー著 »

郵貯の預入限度額アップって死亡フラグ?

郵貯の預入限度額アップって死亡フラグなのでしょうか?

それほど、日本がヤバいと読むべきなのでしょうか?

はっきり言って、民間企業と準国営企業が同じ土俵で戦ったとしても民間はそうとう苦戦せざるをえないのに。土俵が30度くらい傾いているのか?

もっとも、民間の銀行も効率的かつ共感できるビジネスモデルではありませんが・・・http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-e0b4.html

郵貯が2000万円まで限度額をアップするとどうなるのでしょうか?

もっとも影響が出るのはペイオフがどうなるかでしょう?ペイオフに関して言及されているブログです。

http://wanderer.exblog.jp/10267843/

2000万円までペイオフで保護されるとなると お年寄りの資産など一気に郵貯に雪崩れ込みそうですね。そして、郵貯にたくさん国債を購入してもらってなんとかファイナンスしていくというのが日本の仕組みなのでしょうか?

勘弁してほしいっす!国債大量発行ばらまきで ほぼ無駄に終わりそうな 子供手当やら高校無償化やら農家個別保証はやめてほしいものです。

やはり、海外移住なども視野に入れた方がいいのかも・・・\(;゚∇゚)/?

|

« 月のきれいな夜にチャイを飲みながら考えたこと | トップページ | 『プロフェッショナルの条件』PFドラッカー著 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/34014495

この記事へのトラックバック一覧です: 郵貯の預入限度額アップって死亡フラグ?:

« 月のきれいな夜にチャイを飲みながら考えたこと | トップページ | 『プロフェッショナルの条件』PFドラッカー著 »