« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

『資本主義はなぜ自壊したのか』中谷巌

資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言

資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言

著者:中谷 巌

資本主義はなぜ自壊したのか 「日本」再生への提言

『資本主義はなぜ自壊したのか』中谷巌 
良い本だと思いますが、でもある意味 「理想論」ですね。現実的にはどうなのでしょうか?「第3の道」っていうのもどうなんでしょうか?

転向した懺悔録とのこと もともと著者は留学して親米主義 新自由経済万歳だった方です。amazonのレビューでは評価バラバラですね。 

p41日本とアメリカでは国の成りたちも大きく異なり、アメリカ流経済学をそのまま日本に適用しても、 それで日本人が幸せになれる保証などどこにもない

アメリカの豊かな社会を支えていたのは、実は自由主義ではなく、「偉大な社会」建設を謳い、政府の役割を重視していた「新古典派総合」に基づく経済政策

賛同します。最近よく思うのですが、事業も少しずつ軌道に乗り始めました。収益も上がってきてます。しかし、どちらかというと 豊かさよりも幸せになりたいです。人間 薄情なものです

p64頭の良いものが頭の悪いものを支配し、搾取するのは当然だという思想が、自由競争、マーケットメカニズムの名のものとで正当化されている。
いかんな、知識を増やそうとしているけど、これじゃあな

p67 日本は歴史的にみても、世界でも類を見ない平等主義的な社会

p97ローカルな資本主義のよさ
生産と消費が一致しているのだから、消費を拡大するためには賃金をそれない理に上げないと、企業の収益も増えない

p117 ブータンとキューバに注目

最近 思うことは 貧しくても ワールドカップサッカーをみんなで盛り上がって応援しているのでもいいんじゃないかと思う。昔の阪神タイガースを応援する大阪のおっちゃん・おばちゃんみたいな感じでしょうか?でも今は強くなったからなぁ(^-^;

p136 イギリスのレスター大学レポート a drian G. white. university of leicester a global projection of subjective well being 2006

p140 ポランニー 『大転換』「資本主義とは個人を孤立化させ、社会を分断させる悪魔の碾き臼である」
 「労働」「土地」「貨幣」市場経済をおかしくさせる同じものを再生産が前提

p145 賃金とは人生の切り売り

まぁ ある意味そうかもしれませんね。でも、どうなんだろう?じゃあ、切り売りしないようにすべき?それとも、賃金関係なしに 楽しい仕事をしていく?おそらく、バランスが大事。仕事の中で楽しいこともあれば、やりたくないこともあるよね。

p199オバマの必要な修復
「大不況」からの修復
新自由主義政策の中で消滅した中流階級の修復
世界のモラルリーダーシップの修復

p324デンマークの40年間居住 一定のの年齢で基礎年金が全額支給 夫婦二人 月額30万 税金かかるため手取り18万円

たしか、消費税は結構高かったですよね。デンマーク ところでW杯サッカーでの対デンマーク戦の日本はすごく良かったです。歴史に残ると思います。

デンマーク 消費税 http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=デンマーク 消費税&aq=f&aqi=g2&aql=&oq=&gs_rfai=

p325日本の社会は悪平等だ、日本の企業は非効率的だといわれていたころの方が日本社会は元気だった

p168 ニューヨーク 243万円 1日入院医療費 東京では4-5日入院しても全額自己負担でも30万以上かかる。
日本の医療費はニューヨークに比べるとべらぼうに安いことが分る。それだけ日本の医師は、薄給で長時間労働という過酷な環境で働いているということでもあろうが、その分、庶民は助かっているわけである。

p220日本の森林破壊は明治維新まで起こらなかった

日本は狭い土地だってので・・・p261などの発言はちょっと 違うのでは? ナイーブかと思われます。実際『文明崩壊』では違う記述があります。

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-7ccf.html

p261日本のような社会では「正直で勤勉」が最適戦略だった

p286 労働は神事であるか?労働は苦役であるか?

p333これありかも?還付付き消費税
限界税率 10億円までは5割の課税 所得が11億円になったら増えた1億円のうちの7-8割は徴収されるという方法 
消費税率 20% 還付金40万円

これって、参院選の前に管首相が苦し紛れに言ってたことでしょうか?

p338 非正規社員の雇用調節 それが従業員の一体感を損ね、現場の「分断」を引き起こしている。

これは、問題ですね。もうちょっと、まじめに働いている人が報われるような仕組みや働いている「一体感」などは大切にしたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近 「中華料理屋」増えてませんか?

最近「中華料理屋」がやたら目立ちます@太平洋ベルト地帯の某地方都市

居抜きでの開業で以前は100円ショップやカラオケボックスだったところにいつのまにか赤い龍のコテコテマークが・・・

あえて入ったことはないため実情は分りませんが、どんなものなのでしょうか?それほど流行っているとも思えないのですが???個人でやっているのかあるいは、何らかのチェーンなのでしょうか?

一説によると中国人の人口が増えてその外食需要を満たすためだともいわれているらしいのですが、実際はよく分りません。その分で行くとこの次のブームはインドカレー屋とかスリランカカレー屋などでしょうか?個人的には菜食主義のブームが来てほしいのですが…

そういえば、サラ金関連の店舗もすこし寂れてきたような気がします。

これからも時々街の風景は定点観測していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WISDOMTREE DLS

部屋の整理をしています。
送られてくる annual reportなどを捨てています。

March 31 2010 WISDOMTREE DLS メモです。
wisdomtree international smallcap dividend fund
の国別構成比
日本の比率は27.1%と多め
それ以外ではUK16.6%
オーストラリア15.1%
あと、5%を超えているのは
シンガポール6.1%
スウェーデン5.3%

う~ん?でも日本ってそんなに配当よかったっけ?
銘柄は 比率の多い順から
4666パーク24 配当3.24%
9536 西部ガス 2.48%
8871 ゴールドクレスト 2.29%
5991 ニッパツ 1.35%
やっぱり、そんなに配当利回りがいいわけではないようです。

あまりWISDOMTREE には期待してませんので 放置放置・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アパート購入(その7)

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-d990.html

前回の続きです。

とうとう決済の日時となりました。

必要なものはあらかじめ渡されていた契約書 印鑑 そしてお金でした。いろいろなところからかき集めてきた資金を銀行口座にまとめておきました。で、その銀行支店での契約です。

重要事項の説明などあり 買主 売主双方が いくつかの書類に印鑑を押して行きました。司法書士さんも同席し、その場で契約および登録を済ませたのでした。

しかし、仲介不動産屋にしてみれば 手数料が売主買主双方から入り、さぞウハウハだったことでしょうね。後になって冷静に考えると こちらを値切ってみてもよかったかもしれません。

さて、心配していた家賃収入の行方です。これからは仲介不動産やではなく、不動産管理会社の出番となります。

不動産管理会社から ○月末が契約決済日なので翌○+1月分からの家賃が私の指定する口座に振り込まれるとのこと で、そのための手続きは管理会社の方でやっていただけるとのことでした。ま、もっとも家賃収入の5%を手数料として差し引かれるわけなんですが…

小さなトラブル行き違いはいくつかあったのですが、無事契約が終了しました。

さて、これで私も一棟アパートのオーナーです。これから自分がどこへ向かおうとしているのかは まったくもって見当もつきませんが、ともかく利回りを高めるべく満室を目指してうと思います。

ちなみに、しばらくしてから 国交省から 土地取引のアンケートなんかが送られてきましたが、無視しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月購入ETF

     5月  6月    7月
VB  @59.96  @61.01  @59.62
VEA  @30.41 @30.78   @31.79
VSS  @79.44 @79.33   @80.72
VTI   @54.12 @56.35  @55.79
VWO @37.22 @39.43    @40.49

先週末 下がったところで約定したかったですが、残念ながら 水曜日には定期買い付けが終了しておりました。ま、こんなもんです。

今週まだまだ下がるようならKXIなどの追加購入を考えています。

いやぁ~、しかし記録的な豪雨が各地で確認されていたのがウソのように夏空になりました。

こんな日は 図書館で勉強するのに限りますね・・・(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地に対する考え(持ち家か、賃貸か)

よく、住まいは賃貸か?購入か?
はたまたマンションか戸建てか?などという命題が取り上げられることがあります。

人それぞによって 考え価値観 仕事や家族の環境が違うので 唯一解はないでしょうね。
私の場合ですが住居は賃貸です。
幸いなことに 持家にこだわる同居人もいませんし、自分自身でもどちらでもいいと思っています。

終の棲家のイメージあるいは老齢になってからの住まいのイメージはあります。平屋で縁側があって日当たりが良くて、庭があって作物を育てたり、縁側でコーヒーを飲みながら本を読んだり、徒歩圏内で生活ができること・・・田舎でしかできませんが(^-^;

自家用車はたぶん持たないでしょう。

思い通りにはいかないでしょうが、そんな生活に憧れます。

自分が65歳~75歳くらいになった時のイメージです。でも、それまでに海外放浪的にPT生活を楽しみたいのですが…(^-^;

その後も もしまだ生きていられるなら その時の健康状態によるでしょうが、やはり高齢者用の施設に入ることになるかもしれません。どのみちそれならグループホームや高齢者用の住宅経営をはじめるのもアリかもしれません。

「持ち家か、賃貸か」について山崎元氏のコラムです

http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/e39380e9b14d37c5aae53f303fc6afd1

 また、朝日新聞のインタビューで私が強調したのは、買うか・借りるか、で損得無しと考えるとした場合、賃貸の方が、ライフスタイルや、働き方・働く場所の変化に対応しやすいということだ。主に、生活の自由度の拡大と、変化への対応、という意味で、賃貸暮らしに優れた面がある、というのが、私の意見のポイントだった。

住居なんて損得で選択するものでもないですし・・・ただ投資と考えるなら利回りなども考えないといけませんね。

もうひとつ参照 あつまろさんのブログです

http://blog.livedoor.jp/a_iwamoto1/archives/51103209.html

損得でいえばシミュレーションもあります

http://blog.livedoor.jp/a_iwamoto1/archives/2008-05.html#20080530

私は「持ち家」を資産とは考えておりません。実際 キャッシュフローがマイナスですから

でも、「土地」に関しては少し違った考えをしています。ひょっとしたら キャッシュを生み出す「資産」ではないかと?

土地は減価償却の経費ではありません。土地はずっと残るものという考えです。そうすると、土地を持つ意味とは?

人に売ったり、建て貸ししたり、駐車場にしたり・・・

そして、いざとなったら作物を育てようかと思っています。(^-^;

人間が生きていくうえで必要な食料や水 住処 教育 医療 連帯感などなどそういうものは必要だし、もっと貴重となる時代が来るのではないかと思っています。

どんなヒドイ 一日だって そのうち 明日はやってくるさ!ま、気楽にボチボチやっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日本人が知らない儲かる国ニッポン』

日本人が知らない「儲かる国」ニッポン―外国人起業家が教える成功術

日本人が知らない「儲かる国」ニッポン―外国人起業家が教える成功術

著者:ティム・クラーク,カール・ケイ,武井 楊一

日本人が知らない「儲かる国」ニッポン―外国人起業家が教える成功術

『日本人が知らない儲かる国ニッポン』

ちなみに、ビルトッテンさんhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/64-3ba0-1.html に関する部分も少し出ていました。

p9日本の医療・ヘルスケア・住宅・不動産・金融・保険 は日本ダメとのこと

だいぶ状況は変わってきつつあると思いますが、ある程度はうなづけます。ただアメリカの医療などには違和感もあります。

p10売り手の買い手から両方から手数料を取るのはどうなんだろう

不動産について たしかにその通りですね。私もそう思います。不動産の物件の売買などでは数百万円の手数料になります。今後はもう少し安くなるでしょう。ちょうど、ネット証券ができ取引手数料が安くなったように

p26日本の消費者金融の利用者は2200万人にのぼるという

どうかしてますね。恐ろしいことです。消費者金融の暗躍は真っ当な社会とは言い難いでしょう。とにかく、駅前が消費者金融の看板だらけなんてのは美しくないです。

p35日本のサービスは画一的 品質のむらをなくし、スケジュールを守り、内部のルールに厳格に従って事項する要するに製造業のモデルをそのまま用いている

なるほど、確かにそうでしょうね。ファストフードならそれでもいいのでしょうが、本当の意味のサービス 顧客ひとりひとりのニーズにあった対応を考えると 日本のサービス業はまだまだ改善の余地はありそうです。

p49 ターガート・マーフィー 『円デフレー日本がおちいった政策の罠』

p53日本人は食糧・衣服・住宅・サービスにばかばかしいほどの高い金を支払っている。

p259 昔ってATM 土日はやってなかったんだっけ?

そうだっけ?citi bank がさきがけらしい。確かそうだったかもしれません???遠い記憶???

p171 日本人は必要な消費財はすべて持っている。必要不可欠なものはほしがらない。必要のないもの---贅沢、娯楽、ファッション、サービスを求めている

必要不可欠であまりお金をかけないものとして医療なども挙げられています。そして医療の非効率性などにも言及されているようですが・・・

p194 マッキンゼーレポートでは薬価の利ザヤが薬の過度の使用を促しているとのこと、

これって30年くらい前の話ではないでしょうか?今はほとんど院外調剤薬局で利益率は診療所よりはるかに調剤薬局の方が高いようですし。

p210従業員のために負担する健康保険がかさんでいるのに困窮した大企業は、かつてコルビーが議長を務めていた在日アメリカ商工会議所ヘルスケア・サービス小委員会に、医療保険制度改革と医療費削減の圧力をかけてほしいと泣きついた。既得権である健康保険制度を守り抜こうとする労働組合と正面切って衝突するのを恐れて、大企業は自分ではやろうとしないのだ、とコルビーは説明する。

なんでしょうね。大企業 ほんとうに嫌になります。消費税の還付やら法人税の減税などどうにかならないかと思います。ったく、日本の個人は貧しく大企業は安泰って もうそろそろやめませんか?

p227 日本ではリスクと報酬の関係がめちゃくちゃだ。少数のエリートにとっては、リスクが低い道のりこそが、高報酬への切符になっている。

同感ですね。こんなリスクしょって起業しているのに、自分はおろか・従業員やその家族などなどの生活もしょっているいるのに・・・儲からなければ切り捨てられて、ちょっと儲かれば税金でアッとう間に右から左へ・・・(つд⊂)エーン

公務員をもう20年くらい続けておけばヨカタカモシレナイ・・・(^-^; アリエナイケド・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まじめに働いている人が報われる社会を!

働けど生活保護に及ばぬ最低賃金…12都道府県

 2010年度の地域別最低賃金を労使代表が議論する「中央最低賃金審議会」の小委員会が14日開かれ、席上、厚生労働省が、最低賃金で働くより生活保護を受けた方が高収入となる「逆転現象」が起きている地域が12都道府県に上ったとする調査結果を公表した。

 最低賃金の時給が、生活保護金額を時給換算した金額より低かった地域は、北海道、青森、宮城、秋田、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、広島の12都道府県で、このうち、差額が最大だったのは神奈川の47円。最低賃金法は、逆転現象の解消を目標にしており、昨年度は45都道府県で最低賃金が引き上げられ、生活保護の時給換算額を下回ったのは10都道府県に縮小していた。最低賃金の全国平均は時給713円。この日の小委員会で経営側は「景気が先行き不透明。大幅引き上げは困難」との見方を示した。(2010年7月14日20時08分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100714-OYT1T01003.htm

経営者として常々思っているのですが、このような状況はほんとうによくないと思います。

いま うちのパートタイマーの平均時給を単純計算すると1500~1600円程度(勤務時間は日中のみ)でした。最低賃金よりだいぶ高いと思います。これなら8時間勤務週休二日20日勤務でも24万円~ 十分といえませんが、単身親と同居 田舎なのでそこそこの生活をしているようです。

ちなみに生活保護でのもらえる給付金の参照↓

http://www.seiho110.org/seido/no1.htm

まじめに働いている人が報われる社会を望みます。

私が言いたいのは障害者や病気などで働けない人が恵まれているということではありません。その逆 真逆!

雇われCEOのくせに!対して利益もあげてないくせに何億円の報酬があるCEOなんかをなんとかしろ!そっちの方を大きな声で非難したいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アパート購入(その6)

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-90c7.html

続きです

さらに、1週間以上がたちました。何の音沙汰もありません。

かれこれ内見から2週間たったでしょうか?不動産屋からのメールにて前回流れた購入希望者の値段と私の指値に差がありすぎるため、難色を示しているとのこと。

少し、差し戻された値段での提示を受けました。

現在の敷金はどのような扱いになるのか?そして、実際 成約した場合の決済方法や場所・日時は?はたまた入居者からの家賃はどのような手はずで私の手元に渡るのか?メンテナンスはどうなるのか?・・・
などなど分からないことだらけだったので、ひとつひとうメールなどで確認しながら進めていきました。

以前 ワンルームマンションを購入した際は銀行で現金での決済だったのですが、今回は額も大きいのでそうもいきません。

不動産仲介業者さんと大家は何度かやり取りをしている気配でした。仲介業者としては、なんとか取引をまとめたそうにしていました。

結局、差し戻された値段での購入でOKを出し ボールを大家さんに投げ渡しました。数日後大家さんからもOKとのことで、○月△日 私が仕事でしばしば使っている金融機関での契約・決済とあいなったのでした。

値段に関してはもう少し粘ってもよかったのかもしれません。ともかく、決まった以上は支払わなければいけません。何箇所かに分散していた資産を決済場所金融機関に送金する手続きをはじめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »