« 『日本人が知らない儲かる国ニッポン』 | トップページ | 2010年7月購入ETF »

土地に対する考え(持ち家か、賃貸か)

よく、住まいは賃貸か?購入か?
はたまたマンションか戸建てか?などという命題が取り上げられることがあります。

人それぞによって 考え価値観 仕事や家族の環境が違うので 唯一解はないでしょうね。
私の場合ですが住居は賃貸です。
幸いなことに 持家にこだわる同居人もいませんし、自分自身でもどちらでもいいと思っています。

終の棲家のイメージあるいは老齢になってからの住まいのイメージはあります。平屋で縁側があって日当たりが良くて、庭があって作物を育てたり、縁側でコーヒーを飲みながら本を読んだり、徒歩圏内で生活ができること・・・田舎でしかできませんが(^-^;

自家用車はたぶん持たないでしょう。

思い通りにはいかないでしょうが、そんな生活に憧れます。

自分が65歳~75歳くらいになった時のイメージです。でも、それまでに海外放浪的にPT生活を楽しみたいのですが…(^-^;

その後も もしまだ生きていられるなら その時の健康状態によるでしょうが、やはり高齢者用の施設に入ることになるかもしれません。どのみちそれならグループホームや高齢者用の住宅経営をはじめるのもアリかもしれません。

「持ち家か、賃貸か」について山崎元氏のコラムです

http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/e39380e9b14d37c5aae53f303fc6afd1

 また、朝日新聞のインタビューで私が強調したのは、買うか・借りるか、で損得無しと考えるとした場合、賃貸の方が、ライフスタイルや、働き方・働く場所の変化に対応しやすいということだ。主に、生活の自由度の拡大と、変化への対応、という意味で、賃貸暮らしに優れた面がある、というのが、私の意見のポイントだった。

住居なんて損得で選択するものでもないですし・・・ただ投資と考えるなら利回りなども考えないといけませんね。

もうひとつ参照 あつまろさんのブログです

http://blog.livedoor.jp/a_iwamoto1/archives/51103209.html

損得でいえばシミュレーションもあります

http://blog.livedoor.jp/a_iwamoto1/archives/2008-05.html#20080530

私は「持ち家」を資産とは考えておりません。実際 キャッシュフローがマイナスですから

でも、「土地」に関しては少し違った考えをしています。ひょっとしたら キャッシュを生み出す「資産」ではないかと?

土地は減価償却の経費ではありません。土地はずっと残るものという考えです。そうすると、土地を持つ意味とは?

人に売ったり、建て貸ししたり、駐車場にしたり・・・

そして、いざとなったら作物を育てようかと思っています。(^-^;

人間が生きていくうえで必要な食料や水 住処 教育 医療 連帯感などなどそういうものは必要だし、もっと貴重となる時代が来るのではないかと思っています。

どんなヒドイ 一日だって そのうち 明日はやってくるさ!ま、気楽にボチボチやっていきます。

|

« 『日本人が知らない儲かる国ニッポン』 | トップページ | 2010年7月購入ETF »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/34593849

この記事へのトラックバック一覧です: 土地に対する考え(持ち家か、賃貸か):

« 『日本人が知らない儲かる国ニッポン』 | トップページ | 2010年7月購入ETF »