« 401kの配分を見直す | トップページ | 円高に強い企業 円安に強い企業(過去の雑誌記事から) »

年収1億円プレーヤーについて

年収1億円プレーヤーについての記事を読みました。

『週刊エコノミスト2010/7/20』p22

2010年3月期決算の上場企業から、有価証券報告書で1億円以上の報酬を得ている役員の個別開示を義務付けた狙いについて

亀山静香氏「上場企業には社会的な責任がある。報酬にふさわしい経営をしているかどうか、世界の目にさらすことは重要だと考えたからだ」

「いい仕事をしているという自信があるなら、正々堂々と胸を張ってもらえばいい」

激しく同意します。

とくに、このインタビュー記事でやり玉に挙げられているのが新生銀行。公的資金が入っており、国が大株主そして、10年3月期も1400億円の大赤字を出したにもかかわらず、4人の外国人役員に1億円以上の報酬を払っているとのこと。

恥ずかしながら、株主でもあり、メインの取引銀行としても活用しているのですが、もうそろそろやめた方がいいかもしれません。

ちなみに振り込み手数料が無料の銀行はこちら

http://www13.plala.or.jp/wanpe/doc/EconomyLife03.html

年収1億円についての関連記事

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-e5ca.html

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/1-769d.html

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/1-9854.html

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/1-84e9.html

|

« 401kの配分を見直す | トップページ | 円高に強い企業 円安に強い企業(過去の雑誌記事から) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/36504548

この記事へのトラックバック一覧です: 年収1億円プレーヤーについて:

« 401kの配分を見直す | トップページ | 円高に強い企業 円安に強い企業(過去の雑誌記事から) »