« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

資産のピークをどこにもってくるか?

早期リタイヤを考えていますが、その際 2大重要事項があります。

健康問題と経済問題

例えば資産2億円で2-3%のインカムゲイン 生活費が400万円なら全く問題なく暮らせますね。
でも、これをやっていると 死んだ後どうなるの?残し過ぎじゃないの?なんて考えてしまいます。

自分の理想・美学ではゼロで死ぬこと
そうすると、資産のピークはどこがベストなんでしょう?

想像で60台後半くらいかと思っていましたが、これをみると↓

http://yukyunoyakata.holy.jp/seikatu/setai-shisan-1.htm

50歳代後半 59でもいいと思います。
いや、待てよ 実際は90歳以上生きる確率だってあるし、医療費や介護費用も必要だろう。とするとやっぱり70歳ピークでいいのかもしれない。ってことは、アリーリタイヤなんて夢物語なのか?

いいです。いざとなったら 70歳すぎても小商いやりますから(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞読んでますか?

英語クラスで 何新聞を読んでますか?と聞かれました。

新聞はとっていません、と答えると 「えっ!そうなの?」と意外な反応をされました。

私が新聞をとらない理由は

  • 信頼していないから
  • 値段が高い
  • ECOじゃない
  • かさばるから

ようは 情報なんてフローなんだからその都度 流れていけばいい。

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-6b1a.html

ちなみに同様の理由で書籍もあまり購入しません。今まで読んだ本がすべて自宅にあったら1部屋は確実に潰れてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フローなのかストックなのか?

私のなかの価値観です

車 いらない
自宅 いらない
借金も いらない 
保険も いらない(でも現実借金があるから そうもいかない)

なるべく モノはいらない。
ただ、使えればいい。
要はフローで考えいます。

よく サラリーマンで自家用車を買ったり、自宅を買ったり、生命保険をかけたりするな、と思う。
恐ろしくてそんな大それたことは 私にはできません。どうしても、そのようなモノを所有するなりサービスを受けたいならいっそうのこと、法人化しちゃえばいいのに・・・

人生は貯めておくことができない時間の流れですし、そしてもっと言えばヒトの体を構成する分子だってずっと我々の体を保ち続けているわけではありません。福岡伸一先生が述べられていました「動的平衡」だって。

そんな私は元来所有欲がありません。もちろん、バブル前後以後のブランドものなどをありがたがる風潮には相容れないものを感じています。使えればいいや、そんな淡々とした価値観で生きています。

私が引退するときは オフィスに溢れているPCや備品 書籍の数々 どのように処理するのだろう?二束三文か、はたまた 欲しい方に無料で譲るのか?

あと、10年くらいで引退できないものかどうか、最近読んでいるのは「中高年 定年後の海外ぐらし」その系統が多いです。(^-^;

明日も仕事がんばろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月購入ETF

ETF

      5月     6月    7月   8月 9月  10月  11月
VB  @59.96  @61.01  @59.62 @57.32  @60.92 @65.89  @67.89 
VEA 
@30.41 @30.78   @31.79 @33.58   @33.85 @36.01  @35.94
VSS  
@79.44 @79.33   @80.72   @82.11  @87.84 @95.92 @96.89
VTI  
@54.12 @56.35  @55.79    @55.16  @57.19 @59.88 @61.89
VWO
@37.22 @39.43    @40.49 @41.36   @43.70  @46.98 @47.69

今月も 下がったところでは買えませんでした。というよりもどんどん買い付けコストが上がっていってます(;ω;)

USD JYP @82.02(ドル買い付け)円ドル相場が動き出したのでしょうか?さすがに今の円高は生き過ぎじゃないかと ボストン在住の方におはなしをうかがう機会がありました。はてさてどうなることでしょうか?

今年もそろそろ クリスマス・年末モードでしょうか?ん?ブラック・フライデーは来週でしたっけ?果たして消費は冷え切っているのか?予想以上に悪いのか?今からちょっと郊外型のショッピングモールに偵察に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雇われるときは時給

雇われるときは時給が気になるものですね。

しかし、雇い主としては 利益が気になります。多少人件費がかかったところで、利益が上がったり、リスクがヘッジされるのであれば、それはもう 「買い」なのだと思います。

多少近隣の時給相場を無視しようが、このタイミングでのよい人材確保と育成はよい選択だと思っています。

経営者としては 時間あたりの給与を計算するよりも もっと大きな視野にたって物事を考えますね。 その仕事をその人に任せることによって得られるメリットなどなど・・・

このような視点を得られるようになったのも 独立して人を雇う側に立てたおかげです。いろいろな方に感謝しなければいけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きくしたいわけでなく

最近 私の事業はなんとか 軌道に乗っているようです。数字をみていると 少し安心材料が増えてきました。

外から見てると 危なっかしい経営に見えます(^-^;。
しかし、数字を追ってみると、手堅く キャッシュ・フローを積んでいる感じです。

さてさてこれからどうするのか?事業拡大 大幅な設備投資に乗り出すのか?あるいは、今まで買ってないような社長仕様のベンツを買ったり、不動産を購入したり・・・

現在 人員を増やしています。人材育成とそして磐石な経営基盤を作っていきたいと思っています。
大きくするのではなく 強くしたいものです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小さな会社のブランド戦略』村尾隆介

小さな会社のブランド戦略

小さな会社のブランド戦略

著者:村尾 隆介

小さな会社のブランド戦略

『小さな会社のブランド戦略』村尾隆介
小さな会社を成功させるにはブランド戦略

P48 pangan traveler まずは〇〇の専門家になるhttp://www.phangan-traveler.com/

自分はなんのために事業をやっているのでしょうか? いろいろあります。格好のいいステートメントはありませんが、でも この分野だけは負けられない という意地はあります。

いいな、こういうの パンガン島の専門家 だって。なんか羨ましい。

p52 コルモンス イタリア 1本26000円 足一本分 プロシュート 年間1500本
 これが私のクオリティを保つための最大の数字です。 ロレンツォ・ドズヴァルド

むやみに拡大しない勇気を持ち「自分のサイズ」を見失わない

こういうのを見習いたいですし、本当は見習わなければならない。自分は臆病だから拡大方向なのだと思います。絶対の自信がなければこのような思考に至らないと思います。

事業環境がどうだとか、競合がどうだとか、法規制がどうだとかそんな外的環境に全く左右されないような仕事への自信・・・私にはまだないです。

大切なのは

  • 売り物を作る力
  • 売り物を売る力
  • 管理する力

まだまだ精進の日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事業拡大ってどうなの?

事業は拡大しない しない とずっと思っていたのですが、どうも思っていることとやっていることは逆なわけで・・・。

最近 面接ばかりやっている気がします。
そんなに人を雇ってどうするんでしょうか?ほんと!

自営業者なので 自分が楽になるのならドンドン人を雇うという方法もあります。がしかし、実際は人を雇って・仕事を作ってその分 余分な軋轢やらストレスやら・・・何をやっているのやら┐(´д`)┌ヤレヤレ

事業が軌道に乗ったら 出口戦略を考えることとはよく言ったもんです。

フランチャイズ戦略?ありえないでしょう。

とりあえず借金を返して、ある程度の資産を残せたら、人に譲りたいと思います。でも本当は 気楽に2-3ヶ月休みをとって旅に出たいものです。
バーニングマンを見にネバダ州に行ってみたり、W杯サッカーを観にブラジルに行ったり、癒されに南の島でのんびりしたり・・・

疲れが溜まっているようです。週末は予定を入れずなるべくぼっーおとして過ごすことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語教室に行ってみたり

4~5人で集まってネイティブ英語の方と話をする教室に行ってます。

大して高額ではなく 興味本位 遊び半分という感じですが、あまり身にはならなさそうです。
もう少し、自分からドンドン 質問したり 発言しなきゃ 上達はしなさそうです。

しかも、相手は もう十数年も日本にいるイギリス人で 日本語も日本英語も理解しています。こちらは特に額に汗し必死にならなくても通じるというお気楽感があります。これじゃあダメだろう。もっと切羽詰った状況でないと上達はおぼつかないでしょう。

自分の事業もそこそこ軌道に乗っているのを知ったクラスメイトに「なぜ今さら英会話勉強するの?」と訊かれました。

それはね!ひょっとしたら未来の日本はとっても住み心地が悪そうだから・・・ナンチャッテ(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日本人へ』リーダー編 塩野七生

日本人へ リーダー篇 (文春新書)

日本人へ リーダー篇 (文春新書)

著者:塩野 七生

日本人へ リーダー篇 (文春新書)

『日本人へ』リーダー編 塩野七生
危機の時代はリーダーがコロコロ入れ替わる でも 危機はそのまま
継続は力なり

p23最期まで属州の離反のなかったローマは帝国として滅びた

p114 カエサルが勝てた理由 合計33万8千に対して5万 ガリア 味方・敵の心理を読み解き それぞれに適応した対策を立てて戦闘に臨んだから
p140カッサンドラになる覚悟:現状の問題を訴えても誰にも相手にされない

カッサンドラか~ 自分もそんな気がしてきます.

p68 にんげんは、苦労に耐えるのも、犠牲を払うのも、必要となればやるのです。ただ、喜んでやりたいのです。だから、それらを喜んでヤル気にさせてくれる人に、従いていくのです。

リーダーとして そんな人間になりたいものです.

経済大国ではあっても軍事大国には一度としてなれなかったヴェネツィア共和国 徹底した情報収集とそれを駆使しての冷徹な外交

日本も今 それをやらんで いつやるねん!

p190 国会議員としての給料を受けていながら、在職25年を過ぎると特別手当も月々30万円受けられる 1998年 すでに 衆議院に61名、参議院に7名もいて、その特別手当の総額は2億5千万円にもなるとのこと。

職業としての国会議員って あんなに必要ですか? そして そこまでお金を掛ける必要はあるのでしょうか?

『この国は議員にいくら使うのか』河村たかし http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-1019.html 参照

p210 「人は誰でも、自分自身への誇りを、自分に課された仕事を果たしていくことで確実にしていく。だから、職を奪うということは、その人から、自尊心を育む可能性さえも奪うことになるのです。」

「職業」かぁ~? そうでしょうね。自分もそうですが、ある程度 他人から頼りにされたり、任されたりする方が やっていて楽しいですよね。

さて、「職業」というか 「雇用」というか、また人を雇おうとしているのですが、迷っています.売上に対する人件費 などを考慮にいれると 人を雇った方が効率よく回りそうなのですが、そうすると 小回りが効かなくなるというか、 どのように今の事業をしていきたいのかという問題にブチあたります。

拡大路線なのか 拡大せずに堅実にそして質を高めていくのか?

自分としては 拡大して5年後には 人に任せて隠居生活 なんてのを夢みているのですが・・・リーダーというか経営者としての資質も?な私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『バブルへGO!!_タイムマシンはドラム式』

映画の内容はともかく バブルの頃を思い返してみます。

私は当時 学生で浮かれた空気はなんとなく感じていましたが、それでも映画で映し出されるような 夜の付き合いや接待など そんなにあったのかなぁ~?という気分です。自分としては今と あまり 変わっていないような気がします、携帯電話とかPC、インターネットなどの環境は大幅に変わりましたが、バブル前後で日本人の生活様式・生活感が極端に変化したとは感じていません。もちろん、物凄く羽振りが良くなった人や、逆に奈落の底に突き落とされたような人も知っています。でも極端にデフォルメしすぎるのはどうかなと思います。バブルに浮かれようがそれが弾けようがいずれにせよ、人々の生活は続くのですから。

そういえば、親がNTTの株がどうしたこうした などと言っていた気がします。

あと、これは時代がもう少し古いかもしれませんが、ニュース映像で 今年の冬のボーナスは平均で〇〇万円で去年に比べ△△パーセントの伸び率です。というナレーションとともに、銀行員が札束を扇型に広げながら物凄いスピードで数える映像などが流れていたような気がします。

アッシーとかメッシーとか 苗場とか赤プリとか クリスマス・イブが今以上に物凄く盛り上がるイベントだったとか・・・?

よくわかりませんが、単に私が年をとっただけかもしれません。

で、バブルよ再び!と思うかどうかと問われますと。べつになくてもいいや!という感想です。特別に楽しい思いをしたり、辛い思いをしたことはないので、基本 中立ですが、なんとなく地に足ついてないようで 違和感をおぼえます。

私の理想は 白洲次郎のように畑を耕す日々ですから。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーオーシャンは屯坐か?

事業に関して:ブルーオーシャンで優雅に泳がせようと思っていたのですが、ムリっすね!

大変すぎる。ひとりではとっても対応できそうにありません。

たとえ 設備投資やらかかる経費が少なくて利益が大きく取れたとしても  私自身 体を壊してしまっては元も子もありません。

だれか 事業パートナーがいればなぁ~。
とりあえず 幹部候補で 募集を出す選択はあります。しかし、事業を大きくしたいのかどうかという点に関してはまだ軸足が定まっていません。

とりあえず、自分の目標としては あと10年くらいで この事業を売りたいと思っています。もし、その後も続けるとしても 休みたい時に3週間でも4週間でも休んで 海外に放浪できるような立ち位置を取りたいと考えています。

イエローオーシャンでポチョポチョ 泳いでいるのが私にはあっているようです。ああやっぱりpassiveだ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »