« 『バブルへGO!!_タイムマシンはドラム式』 | トップページ | 英語教室に行ってみたり »

『日本人へ』リーダー編 塩野七生

日本人へ リーダー篇 (文春新書)

日本人へ リーダー篇 (文春新書)

著者:塩野 七生

日本人へ リーダー篇 (文春新書)

『日本人へ』リーダー編 塩野七生
危機の時代はリーダーがコロコロ入れ替わる でも 危機はそのまま
継続は力なり

p23最期まで属州の離反のなかったローマは帝国として滅びた

p114 カエサルが勝てた理由 合計33万8千に対して5万 ガリア 味方・敵の心理を読み解き それぞれに適応した対策を立てて戦闘に臨んだから
p140カッサンドラになる覚悟:現状の問題を訴えても誰にも相手にされない

カッサンドラか~ 自分もそんな気がしてきます.

p68 にんげんは、苦労に耐えるのも、犠牲を払うのも、必要となればやるのです。ただ、喜んでやりたいのです。だから、それらを喜んでヤル気にさせてくれる人に、従いていくのです。

リーダーとして そんな人間になりたいものです.

経済大国ではあっても軍事大国には一度としてなれなかったヴェネツィア共和国 徹底した情報収集とそれを駆使しての冷徹な外交

日本も今 それをやらんで いつやるねん!

p190 国会議員としての給料を受けていながら、在職25年を過ぎると特別手当も月々30万円受けられる 1998年 すでに 衆議院に61名、参議院に7名もいて、その特別手当の総額は2億5千万円にもなるとのこと。

職業としての国会議員って あんなに必要ですか? そして そこまでお金を掛ける必要はあるのでしょうか?

『この国は議員にいくら使うのか』河村たかし http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-1019.html 参照

p210 「人は誰でも、自分自身への誇りを、自分に課された仕事を果たしていくことで確実にしていく。だから、職を奪うということは、その人から、自尊心を育む可能性さえも奪うことになるのです。」

「職業」かぁ~? そうでしょうね。自分もそうですが、ある程度 他人から頼りにされたり、任されたりする方が やっていて楽しいですよね。

さて、「職業」というか 「雇用」というか、また人を雇おうとしているのですが、迷っています.売上に対する人件費 などを考慮にいれると 人を雇った方が効率よく回りそうなのですが、そうすると 小回りが効かなくなるというか、 どのように今の事業をしていきたいのかという問題にブチあたります。

拡大路線なのか 拡大せずに堅実にそして質を高めていくのか?

自分としては 拡大して5年後には 人に任せて隠居生活 なんてのを夢みているのですが・・・リーダーというか経営者としての資質も?な私です。

|

« 『バブルへGO!!_タイムマシンはドラム式』 | トップページ | 英語教室に行ってみたり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/37370686

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本人へ』リーダー編 塩野七生:

« 『バブルへGO!!_タイムマシンはドラム式』 | トップページ | 英語教室に行ってみたり »