« 『消費税のカラクリ』斉藤貴男 | トップページ | 所有欲はないのです »

なぜ所得の種類によって税額が変わるの?

答えは 取り立てる側の論理なのでしょう。

例えば 同じ2000万円の収入で最も税額が大きいのは次のうちどれでしょう?

  1. 勤労所得
  2. 株式の配当
  3. 土地・建物の譲渡所得

お金に色はないけれど 色分けして 税額が違うとなると 勤労意欲が薄れてしまいます。自分の感覚では不労所得にこそもっと税金をかけていいと思います。
Photo

答え 勤労所得が最も税額が大きいです。その額 720万円4千円

上場株式の配当ではなんと 200万円のみ

なに この差! しかもかたや 勤労 かたや 不労所得

ストックある人は ノブレス・オブリージュで税金払いましょうよ!(私もそちらにはいるのですが・・・(゚ー゚;)

|

« 『消費税のカラクリ』斉藤貴男 | トップページ | 所有欲はないのです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/38039632

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ所得の種類によって税額が変わるの?:

« 『消費税のカラクリ』斉藤貴男 | トップページ | 所有欲はないのです »