« 中国バブル崩壊の予兆 | トップページ | 学生さん いらっしゃぁ~い »

年度末道路工事のムダ 損失の総額は・・・?

さんざんな週末でした。
仕事の休みが取れず14日ぶりのお休みです。体もココロもアタマもヘロヘロになってしまいました。
とくに 帰宅する際 事故にあってしまい ほんとうになにもかも台無しな週末でした。

道路の片側を規制して 対向車が入れ替わり交通できるよう旗振り誘導がされていました。
私のクルマが先頭になり白旗が振られ普通に流れて走っていたのですが、工事トラックの影から 誘導が赤旗で静止していたにもかかわらず飛び出してきたクルマに当てられました。ショックです・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

その後 警察を呼んだのですが来たのは50分後 寒空のもと なにやってんだろう?!凹みましたね 自分もクルマも・・・crying

今後どうなるかは保険会社からの連絡待ちですが、少し調べてみました。
工事現場の誘導で事故!その責任は? http://allabout.co.jp/finance/gc/9240/2/

 責任を問う余地があります

結論からいえば、誤った誘導を行った誘導員(およびその所属する会社)にも、発生した事故の責任を問う余地があります。事故の相手方には全く過失が無かったと仮定して、相手方の立場からみれば、誘導員と車両の運転者が共同で事故を起こしたと考えることができますが、このようなケースは「共同不法行為」として民法の条文に規定されていて・・・

第719条  数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とする。

と、連帯して賠償責任を負うことになっています。具体的な責任の割合については、個別のケースによってまちまちですが、誘導員の指示を誤信して赤信号で進行したケースで、誘導員に4割の過失が認められた事例も存在します。

私の場合事故られた側なので、それほど躍起にっているわけではないのですが、それでもなかなか来ない警察官やそれにも増してこの年度末の道路工事にイラつきました。

http://response.jp/article/2008/09/08/113448.html

交通事故による経済的損失は3兆2000億円---大阪府予算を上回る

2008年9月8日(月) 10時42分

なるほど、事故による損失ね。次に渋滞に関しては国交省のこのページ

http://www.qsr.mlit.go.jp/oita/douro-ir/data/jutai/tjam1.html

  現在の状況を渋滞がない場合と比較すると、その損失時間は全国で「年間約53億時間」となります。一人当たりにすると「年間約42時間」が渋滞によって失われていることになります。
  この損失時間を平均的な賃金ベースから金額に換算すると、全国では「年間約12兆円」、一人当たりでは「年間約10万円」が失われていることになります。

道路を作る言い訳をしたいのだろうが いやだから、年度末の工事は お前らが作ってる渋滞じゃないか\(*`∧´)/

1-3月の工事の割合が約4割 工事がからまない交通事故を約8割(警官によるとこの時期の事故は増えるそうです)としても 3兆2000億円☓20%+12兆円☓40%=5兆4400億円

どう考えても損失の方が大きいですよね。

|

« 中国バブル崩壊の予兆 | トップページ | 学生さん いらっしゃぁ~い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/39034958

この記事へのトラックバック一覧です: 年度末道路工事のムダ 損失の総額は・・・?:

« 中国バブル崩壊の予兆 | トップページ | 学生さん いらっしゃぁ~い »