« 2011年3月購入ETF | トップページ | 原子力発電を推進する理由- コストが安いから? »

原子力発電を推進する理由-安全だから?

電力会社が 原子力発電を推し進めるときに このような事をいいます。

  • CO2排出が少ない 
  • コストが安い 
  • 安全である

いくつか資料を調べてみました。

まずは、健康被害について
ドイツでもフランスでもアメリカでも 原発で働く人の発ガン率は一般人よりも低いなどの報告が散見されています。
これは、なぜでしょう?

放射線が体にいいから?

いえいえ そんなわけないでしょう。明らかに発がんリスクの高い ウィルス性肝炎の人が 除かれていたり 糖尿病などの労働者も除かれているでしょう。健康な人が分母になっているため、そして、厳格な放射線量の管理と健康チェックがおこなわれているためでしょう。これらのバイアスによるという報告もみられました。原発の監視ルームでモニターチェックしていると人と違って実際に作業しているのは下請け孫請けの作業員ですし。

ほかにも 原発事故で死んだ人と交通事故で死亡者数を対比してどちらが危険かなどの議論も たしかにできなくはないですよ。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51693454.html

そりゃ、確かにね。でもチェルノブイリの現状を考えても 実際は即時性の問題よりも遅発性の発がんリスクの問題じゃないかと思うのですよね。

ところが、京都大学原子炉実験所のこのレポートによると、1945年から1989年まで(つまり45年間)の原子力のためにガンで死亡した人数は、ICRPというモデルで計算して117万人、ECRRというモデルで計算して6160万人にのぼるといいます。(45年から、ということは広島・長崎も含まれているのかもしれませんが、1950年までに死亡した人数の合計で35万人程度と言われていますから、それ以外によるものが非常に大きいでしょう。)乱暴ではあるが、年平均をとって、年間死亡者数をとると、ICRPで2.6万人、ECRRで137万人となります。http://furukawayuki.blogspot.com/2011/03/blog-post.html

議論としても甘いようですし

実情はhttp://www.jca.apc.org/mihama/rosai/elmundo030608.htm こちらのほうがよほど説得力を持って私に訴えかけてきます。

ということで 結論としては 原発はぜんぜん安全じゃない!!

|

« 2011年3月購入ETF | トップページ | 原子力発電を推進する理由- コストが安いから? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/39510218

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電を推進する理由-安全だから?:

« 2011年3月購入ETF | トップページ | 原子力発電を推進する理由- コストが安いから? »