« 節電しませんか? 日本の夜は明るすぎ | トップページ | AUD/USD 上昇の理由は? »

満室にはなったものの

あまり気乗りしませんが、4月になったということもあり 久しぶりに不動産について書きます。

マメに営業にいった成果が出たのでしょうか?3月中に満室となりました。思惑以上に家賃を下げざるを得なくなり利回りは悪くなったのが残念ですが、よしとしましょう。

少し具体的な数字をメモ程度に書いていきます。

アパート一棟購入価格:2150万円
今年の家賃収入見込み:2,772,000円
表面利回りは・・・・ 12.893%

こうやってみるとなかなか よい投資のように思えますが、実際はかなり渋いです。あまり儲かるものではないと思います。

まずは、購入の際にいろいろな手数料が生じます。印紙代やら登録料やら 固定資産税や、不動産取得税やら・・・そんなイニシャルコストとは別に ランニングコストもかかってきます。

修繕費はもちろんのこと、ハウスクリーニングやら リノベーションも必要です。

あとは火災保険やら、そうそう最近は地震保険まで・・・

また 家賃が全額オーナーのもとに届くわけではありません。

不動産管理会社からは少なからずの管理費・送金手数料などを引かれたものがようやく オーナーの手元に入るわけです。

今回の東日本大震災などのように自然による大災害のリスクもありますし、投資として 筋がいいのか悪いのかは いまだ結論をだしておりませんが、もうあまり日本の不動産には期待せず こちらへの投資は控えようと思います。 とりあえず、この物件での目標は5年間で家賃収入1000万円。これだけ入れば上等でしょう。

|

« 節電しませんか? 日本の夜は明るすぎ | トップページ | AUD/USD 上昇の理由は? »

不動産投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/39450535

この記事へのトラックバック一覧です: 満室にはなったものの:

« 節電しませんか? 日本の夜は明るすぎ | トップページ | AUD/USD 上昇の理由は? »