« 『奴隷の時間 自由な時間』ひろさちや  | トップページ | 『この国を出よ』大前研一 柳井正 »

1984年当時の生活でOK!

1984年 日本のGDPは302兆円だったhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/64-3ba0-1.html

今と比べて 当時なにか困ることってありましたっけ?

自分の生活ではVTRなどが出回り始めた頃かもしれません。もちろん家にはありませんでしたが、いまもテレビなんて見ないですし。
パソコンやインターネットもありませんでしたが、日々の生活には困りませんでしたよね。
当時 新聞、テレビ、ラジオが主な情報源でしたがそれほど困った記憶はありません。それどころか、現在の大手メディアなんて いまどれほど信頼できるものなのでしょうか?

たしかに、今はコンサートチケットやフライトチケットを予約するのもネットとクレジットカードでポチポチ プリントアウトで済みます。

当時コンサートの予約なんて結構大変だったですね。何回も何回も電話して しかも 黒電話のダイヤル式 これが大変!人差し指が痛くなるのですよ(。>0<。)
あ、あと 当時 異性をデートに誘う時なんて、自宅に電話するのですが、 親が出ないか?ドキドキものでした。

でも、それ以外 なにか 生活においてもの凄く困ることってありましたっけ? 交通手段が今よりは未発達でしたが、それも日常的には支障なかったですし・・・。ああ確かにコンビニエンスストアやカラオケ店などはありませんでしたが、現在でも基本使わないですし。「夜は早く寝る」ということで日常は成り立つのではないでしょうか。 

あとは、趣味・娯楽の世界が狭かったかもしれないていどでしょうか?

今は見ようと思えば世界のサッカーが見られますし、マニアックな趣味の者同士がつながることができるでしょう。でも、べつに縁側で将棋とか プロ野球ナイター中継見ながらのビールと枝豆でも十分楽しかったのではないでしょうか?

1960年代に戻れ!とは言いませんが、せめて1984年当時くらいの生活でいいんじゃありませんか?年収は6割でも幸せ度6割増しかも知れませんぜ!

|

« 『奴隷の時間 自由な時間』ひろさちや  | トップページ | 『この国を出よ』大前研一 柳井正 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/39949402

この記事へのトラックバック一覧です: 1984年当時の生活でOK!:

« 『奴隷の時間 自由な時間』ひろさちや  | トップページ | 『この国を出よ』大前研一 柳井正 »