« 早期リタイヤはいつでも可能!? | トップページ | 南の島に骨休め »

『最強国家ニッポンの設計図』大前研一

最強国家ニッポンの設計図

最強国家ニッポンの設計図

著者:大前 研一

最強国家ニッポンの設計図

『最強国家ニッポンの設計図』大前研一
p14外務省はインターネット経由でパスポートを申請できるシステム40億円かけてつくり04年3月スタートさせたが 利用者が伸びずパスポート一冊あたり1600万円もの維持費がかかったため、06年度に廃止した。

p31基礎年金を辞退すれば所得税…相続税を減額 これ面白い 所得税の累進税率の区分を、30歳で辞退してくれたら3区分、40歳で辞退してくれたら2区分、50歳で辞退してくれたら1区分という具合に辞退年齢に応じて低くする。

これ いい のった!基礎年金はいらないので、所得税を減税してください。お願いします。m(_ _)mこのとおり。ただ事業が傾いたり、早期リタイヤした後だとあまり「うまみ」はありませんが。

p34 いま年金を受給している人たちは、平均でその30%を貯蓄に回していることが分かっている。それが3割カットの根拠
いま75歳以上の人は自分が働いている間に納付した保険料の14倍以上の年金をもらう計算になる。年5%逓減案

セーフティネットを作った上で年金カットでいいでしょう。なんで、もしものためって年金まで貯金するの?勘弁して欲しいものです。

p55本の相続税の最高税率は50%と突出して高いのですが、その割に、税収総額に占める割合は約1.6%(約1兆5000億円)に過ぎない。
心理的なマイナス大きい。土地書湯の細分化…固定化を促進土地資産の相続対策として親が借金を背負って不必要なアパートやマンションを建てるケースが多くなる

相続税について述べられいます。たしかにそのとおり、業者に騙されて建てた空室だらけのアパートとか結構見かけます。

p57フラットタックス 日本の国と地方を合わせた税収総額は約90兆円で、でそのうち個人所得税収は約30兆円。 500兆円あまりのGDPのざっと半分が個人所得だと考えると、30兆円の税収を維持するために必要な税率はたった12%

フラットタックス 大賛成

ちょっと、本当に税金何とかしてほしい。弱者救済や東日本大震災後の復興のため、あるいは国民の安全や安心を守るためならこちらとしても納得いきます。しかし、放射線汚染のデタラメさや国民の安全よりも電力会社や天下り機関の擁護に使われるのなら、これ以上税金払いたくないです、返せコノヤロウ!って気がします。http://takedanet.com/2011/05/post_6c14.html 武田邦彦先生のページ参照

p85 25年後には日本のGDPは中国の10%くらい 過去2000年では日本の国力はだいたい中国の10%程度だった。アメリカとカナダ、ドイツとスイス、ドイツとデンマークなどの関係 少しも卑屈になる必要はない

そうですね。そのくらいのスタンスがいいかもですね。

p71 日本も国家ファンド創設を目指せ やめてほしい

農業問題に関して

p111日本は年間1000万トンのコメを消費しているが、それを生産するための水田はオーストラリアなら200億円で買える。これは埼玉県の1年間の農業補助金とほぼ同額だ。肥沃な土壌チェルノーゼム黒土 ウクライナの最大の食料会社ランドコムも200億円あれば買収できる

こういう戦略もありでしょうね。どのみちエネルギー自給率が極端に低いわけですから、食料自給率なんかが低いから心配といっても仕方がないと思います。まずは再生可能なエネルギー自給率を上げて欲しいです。

p170 餓死しないどころかファイティングポーズをとる人間にとって、これほど恵まれた国はない。失業保険がでる。職業訓練校に入れば木工職人、左官職人、植木職人、プログラマーなどの技能を無料で身につけることができる。
なぜこれ以上、ファイティングポーズをとらない人間を税金で助け、過保護にする必要があるのか?なぜ突き放すことが社会悪のように言われるのか?

ある意味、そのとおりだと思います。大学でて企業に就職するのが当たり前のように報道されるのがオカシイのであって。増えすぎた大学の問題や、社会は会社員だけで回っているのではないという当たり前の現実をもう少し大切にすべきでしょう。日本は恵まれていると思います。

p291 IMFのストロスカーン専務理事は、今回の金融危機の損失が世界全体で約138兆円にのぼると語ったがそんなものではすまないだろう。過去15年間に300兆円の国民負担があった、と福井俊彦・前日銀総裁が認めた。

おいおい、勘弁してくれよ!ひとりあたり250万円ですか?そしてこれからも負担は増えていくのでしょうねぇ~

あ、あと国家ファンドの話もあった気がしますが、

それだけは絶対やめてくれ!

|

« 早期リタイヤはいつでも可能!? | トップページ | 南の島に骨休め »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/39913834

この記事へのトラックバック一覧です: 『最強国家ニッポンの設計図』大前研一:

« 早期リタイヤはいつでも可能!? | トップページ | 南の島に骨休め »