« 『この国を出よ』大前研一 柳井正 | トップページ | 『日本経済を救う税金の話をはじめよう』大武健一郎 »

放射線汚染地帯の処理について

たまたま読んでいた本に下記のような一節がありました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478710414/nifty0b5-nif1-22/ref=nosim

『自分を見失いがちな世界でぐらつかない生き方を選ぶ本』リック・カーシュナー p222 汚染された土地にひまわりを植えるとウラニウムを除き、カラシナが水銀を、とうもろこしやバミューダ・グラスが鉛を除く作用があるとわかっています。植物は様々な疾患や身体的障害の治療回復に役立ちます。オトギリソウがうつ病に、イチョウが痴呆に、にんにくが血圧、生姜が乗り物酔いに効果があることを知っていますか。

さて、福島第一原子力発電所の処理 いまだ安定的に冷却されていないようですが、今後はあたり一面のひまわり畑にするのがよいのでしょうね。でも海に流れていったものや 地下に染み込んだものはどうなるのでしょうか?やはり心配です。

ひまわりやカラシナでもいいのですが、もっといいのはこちらかもしれません。

http://www.google.co.jp/search?aq=f&sourceid=chrome&ie=UTF-8&q=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

オーランチオキトリウム

藻類から油がとれて日本が産油国になればいいですねぇ~。(◎´∀`)ノ

|

« 『この国を出よ』大前研一 柳井正 | トップページ | 『日本経済を救う税金の話をはじめよう』大武健一郎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/40001265

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線汚染地帯の処理について:

« 『この国を出よ』大前研一 柳井正 | トップページ | 『日本経済を救う税金の話をはじめよう』大武健一郎 »