« 早期リタイヤの工程表 | トップページ | 2011年5月購入ETF »

ひっそりと出されたSPEEDI未公表の理由

東京電力福島第二原子力発電所から放射性物質が放出された場合にどのように拡散するか、文部科学省が予測したデータ37件が公表されていなかったことが分かりました。文部科学省は「福島第二原発でも予測したデータがあることを忘れていた」と説明しています。

東京電力福島第二原子力発電所から放射性物質が放出された場合にどのように拡散するか、文部科学省が予測したデータ37件が公表されていないことが分かりました。文部科学省は「福島第二原発でも予測したデータがあることを忘れていた」と説明しています。公表されていなかったのは、気象や地形などの条件をもとに放射性物質がどのように拡散するかを調べる「SPEEDI」というシステムを使った予測結果の一部です。福島第二原発から放射性物質が放出された場合、どのように拡散するかを予測した3月11日午後6時から13日の午前9時までの1時間ごとのデータ37件が公表されていませんでした。文部科学省は「福島第二原発については、福島第一原発の予測結果とほとんど変わらないことから、3月13日以降、予測を行っておらず、データがあることを忘れていた」と説明しています。「SPEEDI」の予測結果について、政府は先月から「すべてのデータを公開する」としていましたが、経済産業省の原子力安全・保安院が試算した福島第一原発と第二原発のあわせて5件のデータが公表されていなかったことも、3日、明らかになったばかりです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110604/t10013313161000.html

6/4(土)朝のラジオニュース NHKで腰が抜けそうになりました。休日の朝一 ミスや不祥事を仕方なく公表するにはよい時間帯ですね。しかも、政治的に菅直人の不信任案否決後、絶妙なタイミングです。今回の原発事故問題では、いかにインチキがまかり通っていることでしょうか。

いわく、「そうだ、汚染水の処理技術はわれわれ以外の海外でも専門的にやっているところがあり、それに目を向けた」だとか

「ただちに健康への影響はありません」とか

「レベル4の事故」レベル7に上げたのは都知事選後

今回のSPEEDIに関しては、せっかく被爆レベルを下げることができたのにそれを「忘れてた」っていう理由で納得しろったって無理でしょう。業務上過失致死とか致傷とかの刑事事件ものではないでしょうか?

|

« 早期リタイヤの工程表 | トップページ | 2011年5月購入ETF »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/40289805

この記事へのトラックバック一覧です: ひっそりと出されたSPEEDI未公表の理由:

« 早期リタイヤの工程表 | トップページ | 2011年5月購入ETF »