« 人生の目標は幸せになること・・・でも幸せって? | トップページ | 『人を動かす』D・カーネギー »

『デフレの正体』藻谷浩介

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

著者:藻谷 浩介

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

『デフレの正体』藻谷浩介

『デフレの正体』藻谷浩介 タイトルだけで敬遠していたけれど 読むべきだった。勉強になりました。

p36 外国から稼ぐ金利配当-支払う金利配当  所得黒字は07年 16.3兆円。世界から見れば日本はモノを売りつけるだけでなく金利配当を大量にむしり取っていく商売上手の金貸し

なかなかいいじゃないですか。私も知らなかったのですが、日本最強じゃない?なんて思ってしまいます。政治・官僚にはイライラしますが…

p88 バブル崩壊後の失われた10年の最中 地方で所得や消費が伸びていた
この事実も知りませんでした。でも今から考えると納得できます。肌で感じる景気動向もそうでしたね。まだ、その頃はワンボックスのファミリーカーなど流行ってましたし、広告だって家族ぐるみの消費を謳っていた気がします。
p90 国内では「地方経済はどん底だ、地方への不動産投資は全く儲からない」知言う言い方が通用していますが、、海外から見れば「東京への不動産投資だって全然儲からない」
だめだ、日本への不動産投資はもうやめておこうと思います。どうせやるなら世界REITやります。http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-85f3.html
p102 将来の医療福祉関連支出の先買い すなわちコールオプションの購入 流動性は0で 消費には回らない
「いざという時のため」ってやつですね。以前から大前さんが指摘のところですね。http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-7450.html 
『お金の流れが変わった』大前研一 p212 日本人は「いざというときのため」といって保険をかけ、さらに年金では足りないとせっせと貯金に励んでいながら、なぜか年金の三割を貯金に回している非常に変わった国民である。その結果、高齢者の懐には恐ろしい額のお金が貯まってしまった。
p204 ある外資系企業が世界同時不況前に行ったという調査結果の伝聞ですが、金融資産(不動産は含まない、債券や株式や貯金だけの合計)を1億円以上持っていた故人が世界中に950万人おりまして、そしてなんと、そのうちの6人に1人、150万人は日本人だったそうです。 日本人の85人に1人 合計は400兆円 
ふ~ん、そうなんだ
p173
「消費の隊時間生産性」
p174国民総時間の減少
p189 00-07年の7年間だけで日本の輸出が7割も増え、税務申告された個人所得が04-07年にバブル期に迫る水準にまで増加し、にもかかわらず小売販売額は1円も増えなかった
とりあえず、デフレ脱却の政策をお願いします。
p248筆者の意見
「親が貧乏でも能力ある子どもには、機会が均等に与えられるべきだ」彼らが上がって来られない分「それほどの能力がないのに地位を得る人間が増えること」の方が、されに一層社会に害悪だ。
なるほど、その通りですね。賛成します。そして、日本の社会ってものすごくそのような例 多くないですか?徳をつんだ人が上でいればいいのでしょうが、そうでもなく、結局は庶民にしわ寄せが行くような。失敗した国や東電が資産を切り売りするのではなく、増税や電気代料金値上げで対応するような、いやな社会だ。
ちなみに、高橋洋一先生はhttp://diamond.jp/articles/-/10728?page=4にて人口減少がデフレの原因ではない、と述べられております。私としては、人口減少が唯一のデフレの原因ではないが、こんな状況だとお金使わなくなるよね、って意味で著者の藻谷氏を支持しております。っつうか、 JAPAN shortのポジション希望

|

« 人生の目標は幸せになること・・・でも幸せって? | トップページ | 『人を動かす』D・カーネギー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/41106740

この記事へのトラックバック一覧です: 『デフレの正体』藻谷浩介:

« 人生の目標は幸せになること・・・でも幸せって? | トップページ | 『人を動かす』D・カーネギー »