« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

投資の出口戦略を考える その1

私は5年後に引退を目標としていますが、出口戦略をあまり考えていませんでした。
引退後は利子;配当・家賃収入などで生活していく予定です。もちろん、思い通り行かなければ再就職したり、再度起業したりのオプションも残しておきますが、これはできるだけ避けたいものです。

さて、いくらほど収入があればやっていけるのでしょうか?
http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/13-efe7.html

  • これを元に考えるてみます。
    【支出の部】
    まずは、前提条件として月に42万円の支出とします。
    現在家賃を支払っていますが、約10万円 なんとか残りで生活できそうです。
    いざとなれば、もう少し家賃の安いところに引越します。

  • 【収入の部】
  • 家賃収入】現在家賃収入は月20万円 5年後以降はその8割と見ておきます。

    家賃収入:16万円

    残り26万円ですが、日本円では利子収入は難しそうですね。http://www.watchbase.jp/swappoint/searchswap.cgi?dir=AUD/JPY
  • 【利子収入】

    オーストラリアドルでも約6%しかも円高や為替手数料なども考慮に入れる必要があります。

    現在、fx分を含めると100,000AUDあるため5%として年間5000AUD 月416.67AUD 70円/AUDとして29000円ほどですね。

    これを倍の200,000AUDくらいにしたいものです。そうすると約58000円

    あと残り20万2千円これを債券投資やREIT・株式からの利子・配当で目指しましょう。
  • 【配当収入など】ざっくり3.5%の利回りとすると必要投資額は約7000万円

    PCY5.96%の利回りhttp://etfdb.com/etfdb-category/emerging-markets-bonds/dividends/

3%とすると8080万円
2%とすると1億2120万円必要

まだまだ全然足りません。
とりあえず、3.5%で回る資産を7000万円分そして、FXなどでもあと2倍くらいの投資 これを目標にしたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

実際の手数料を少し調べてみました

たまには自分のやっていることを確認しようと思いまして、Interactive Brokers証券の手数料を確認しました。

  • 銘柄 数量 単価 手数料
  • VTI 25 @64.24   0.65$     費用は0.04%で約50円くらい

ところが、

  • VAS 18 @55.77   6.00(AUD) 0.6%で約470円 ちょっとこれは高いですね。
    たかだ7~8万円の購入なのですが、コストで言えばずっと続けていくと負担になりそうです。というわけで、今後はある程度まとまった段階で購入したいと思います。どうやら1約定につきオーストラリア市場では6$ AUDとなるようです。

ちなみに両替コストはUSD2500ドルにつき195.14円 194812.5円の0.1% 安いです。

CADでも同じCAD2500ドルにつき192.74円 188125円の 0.1%です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

emerging bond ETF新興国債券について

少し前に新興国債券について調べてみました。

http://etfdb.com/etfdb-category/emerging-markets-bonds/ このページは便利ですね。

http://etfdailynews.com/2010/08/31/emerging-markets-bond-etfs-soar-pcy-emb-bwx-igov-ishg/

配当で言えば

  • EMB 4.94%
  • PCY 5.44%
  • ELD 5.03%
  • EMLC 5.61%

こんなところでした。

EMLCは現地通貨建てなのでどのように動くか分からないため選択肢から外しました。以前調べたときにもPCYhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/zef---bmo-emerg.htmlが出ていたので、今月よりある程度定期的に購入してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の流行語ねぇ~

http://singo.jiyu.co.jp/nominate/nominate2011.html

今年(2011)の流行語大賞ノミネートだけど、ほんとうにくだらない。
初めて聞くようなどうでもいい言葉ばかり・・・ま、いつものことだけど
誰にもそして、なんに対しても影響しない 全くどうでもいい言葉、しかも流行っていない、 それが流行語か?薬にも毒にもならない。

“俺の親父は李剛だ( 我爸是李剛)”が昨年の流行語大賞になったんだけどなぁ~中国。
中国のほうが言論の自由あるようですね。

なんなのだ!「ただちに」って
「ただちに」じゃねぇだろ~

「ただちに健康に影響が出るものではない」 と言っただろうが

さて、その枝野氏だが、上杉隆さんの記事を読んで驚きました。
http://diamond.jp/articles/-/14805

「ただちに影響はない」は限られた場合の話だった!?
枝野前官房長官の“問題発言”と“政治家としての責任”

ええぇっ、そんな 限定条件なんて一言もいっていなかったじゃん!危険だからどの方向に逃げろとか、言うべき時に放っておいてもよいような言い方してたじゃん!

もうね、国が国、時代が時代なら処刑されても仕方ないね。同情は全くしない。枝野は言わされただけだから仕方が無いなんて思わない。「唯一のそんな不誠実なことはできない」と突っぱねることができた立場なのに。科学者でも一貫した態度をとってその立場を負われてしまった方がいらっしゃったじゃないですか。

ほんとうに、戦中の大本営になっちゃったようですね。

さて、流行語に加えて今年の一語ですが、「核」で決まりです。それ以外には認めません。どうすんだよ、いったい 「外れた理由が今年だけの問題じゃないから」だったら許しますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面接に遅れてくる奴

朝から夕方まで面接してました。
しかしまぁなんですねぇ~。
なにゆえ面接に遅れてくるのでしょうか?3人くらいそんな奴いたぞ!

あのねぇ~学生のバイトじゃないんだから、勘弁してくれよ!
遅れるならそれで連絡してこようよ!常識でしょう。

ま、そんなこんなで 経営の危機は続くのでした…・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面接で求められるスキルなどについて

私がやっている事業で欠員が出たので、求人募集しております。
幸いなことに十数名の応募があったのですが、果たして求職者はなにを求めているのだろうか?と不思議に思うことがあります。

当方としては、まずはやる気と挨拶、そして愛嬌があれば文句なし。ただしPCスキルは必須
このような条件で募集をしているのですが、ときどき元気な挨拶が返ってこない応募者がいてがっかりさせられます。それじゃあ、求職は難しいのでは・・・あるいはもっと適した職場がきっとあるでしょう。そんな気がします。

面接で必ず聞く質問の一つに「自分の弱点を述べて下さい。またそれに対してどのように考えていますか?」というものがあります。これに関しても、履歴書であらかじめ書いてきているソツのない応募者もいれば、当事業に本当に関心を持っているのか?と訝るような履歴書あるいは面接での応対などもあります。

結局だれをとれば最も適しているのかはやってみないと分からないのですが、だれが入っても日々の業務が回していける状態をはやく作りたいものです。私も早くプレーイングマネージャーを辞めたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月購入ETF

ETF                  10月

  • VAS(AUD)    @53.53      
  • XIU(CAD)      @17.12
  • VB            @63.12
  • VEA         @28.92
  • VNQ          @51.18
  • VNQI         @43.94
  • VSS        @84.07
  • VTI        @55..08
  • VWO       @38.77
  • KXI   
  • STW   
  • USD.JPY @
  • EUR.JPY @
  • CAD.JPY @

10月購入したETFなどです。相変わらずですが、最近ふと思うのは銘柄増やし過ぎじゃないのか?ということです。あとは定期買い付けのほとんどが株式投資のアセットクラスとなっていますが、債券には投資しなくてもいいものなのか???現在検討中です。『投資の大原則』http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-7069.htmlを読んで、あくまで分散ひたすら分散を考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『投資の大原則』バートンマルキール、チャールズ・エリス

投資の大原則

投資の大原則

著者:バートン マルキール,チャールズ エリス

投資の大原則

『投資の大原則』バートンマルキール、チャールズ・エリス

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-dd67.html 以前のエントリのもと本です。

p2投資家は自分のお金を運用するために、3つの問題を考えることになる。資産配分、マーケットタイミング、銘柄選択
タイミングを読んだり、銘柄選択に時間をかけるのは面倒です。低コストに分散・分散!
p25時は金なりのほんとうの意味:再投資:複利 米国のここ100年間の配当と値上がりのリターンは平均10%だった。
そのうちに、またインフレがやってくるのでしょうか?もっと若くから投資を始めておけばよかったです。そうすると50年間くらいの間、投資し続けることができたのに・・・
p29 ベンジャミン・フランクリン:1790年に死んだ時、愛すべきボストンとフィラデルフィア両市にそれぞれ5000どるずつ遺産を贈った。そして、遺言でその資金を投資するように指示し、100年後と、200年後に公共事業費として引き出しても良いと記されていた。100年後2つの市は」50万ドルを引き出すことができた。200年後の1991年、両市は合計額を受け取った---再投資し続けて約2000万ドルずつ。
まさに、「複利の効果」ってやつですね。もうちょっと現金を投資に回したいと思ってしまいます。
p36自分の支出をよっく見て3つに分ける
  1. とてもよい支出
  2. まあよい支出
  3. どうかなと思われる支出

p165まとめ 超シンプルな投資法

  1. 若いうちから貯蓄を始めて、定期的に続けること。
  2. 会社の福利厚生制度や国の退職に向けての制度を活用すること
  3. 市場全体に投資するコストの低い「インデックス・ファンド」を資産タイプごとに選ぶことで分散を図る
  4. あなたにふさわしい資産配分を維持するために年1回見直す
  5. 自分の決めた投資方法を守り、市場の値上がりや値下がりは気にかけない。

2から5はできていると思います。ああ、十分若いうちからはじめられればよかったのに…今更後悔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »