« 1億円を作った人の共通点 その2 | トップページ | 昨日12/16(金)はタクシー多かったな »

『柳井正の希望を持とう』

『柳井正の希望を持とう』
「まえがき」がいい。

我々はビジネスマンだ。
ビジネスマンがやることは、すわなち働いて金を稼ぐことだ。仕事は我々の飯の種なのだから。
 店を開け、お客様を迎え、商品を売る。あるいは営業に出かけて、商品やサービスを提供し、金を稼ぐ。そうして手にした金を再び社会へ送り出し世の中の景気を良くしていく。それが我々の使命だ。そうすることで、世の中は回っていく。

震災直後の自粛ムードのなかで 自分たちができることを教えてくれます。

p7近頃「頑張らない生き方」をすすめる本が巷にあふれている。だが、頑張らない人生には価値がない。私は「生きる」ことは、すなわち「頑張る」ことだと信じている。

いい言葉です。でも一緒に仕事していたら キツそうですね。 私もそれはそれで、現在のスタッフからは仕事の鬼のように思われているかもしれませんが…

p81 ユニクロの服とは
 ユニクロの服とは、服装における完成された部品である。
ユニクロの服とは、人それぞれにとってのライフスタイルを
つくるための道具である。
ユニクロの服とは、つくり手でなく着る人の価値観から
つくられた服である。
ユニクロの服とは、服そのものに進化をもたらす未来の服である。
ユニクロの服とは、美意識のある超合理性でできた服である。
ユニクロの服とは、世界中のあらゆる人のための服、という
意味で究極の服である。
MADE FOR ALL

もうかれこれ20年近く前でしょうか?個人輸入でアメリカのメーカーからよくアウトドア関連のグッズやアウター、シャツなどを買っていました。その頃はリーズナブルな値段でセンスよく感じられたのですが、今は円高にも関わらずユニクロの方が安いですし、モノやセンスも納得できます。

先週末はわざわざ家から数キロのユニクロまでアウターを買いに行って来ました。もはやユニクロは完全にブランド化しましたね。

p93 人間相手の取引の鉄則は、まず自分が約束を守ること。そのかわり、相手にもちゃんと約束を守ってもらう。何度も約束を破るひととは取引をやめるしかないだろう。

p95親父は死んだ時、定期貯金の残高が6億円になていた。その後、私は会社を上場した。その時、両親が持っていた株を売ると、60億円もの金額になった。

もっとも驚いたのはこの部分です。えぇっ!柳井さんの親父さんもそんなに貯められたんだ?ゲゲェ・・・!自分なんて ほんとまだまだ だと思いました。1億・2億円なんて小さく感じますね。あ、それはさておきものを考える尺度がお金ではいけない気がします、反省。

p175 そこそこでいい という会社はつぶれる

店長十戒
1.店長はお客様の満足実現のため的確な商品と隙のない売り場づくりに命を懸けろ。
2.店長はサービス精神を発揮し、目の前のお客様のために全力を尽くせ。
3.店長は誰よりも高い基準と高い目標を持ち、正しい方向で質の高い仕事をしろ。
4.店長は鬼となり、仏となり、部下の成長と将来に責任を持て。
5.店長は自分の仕事に、誰にも負けない自信と異常なまでの熱意を持て。
6.店長は社員の模範になり、部下と本部に対してリーダーシップを取れ。
7.店長は販売計画を考え抜き、差別化と付加価値を売り場で生み出せ。
8.店長は経営理念とFR WAYに賛同し、全員経営を実践しろ。
9.店長はほんとうに良い服を良い店で販売し、高い収益をあげ社会に貢献しろ。
10.店長は謙虚な心で、自分に期待し、どこでも通用する世界の第一人者になれ。

野菜を売り始めたときはどうかな?と思いましたが、まだまだユニクロは伸びていくでしょうね。個別株は持ってませんが・・・。

ともかく仕事をバリバリしたいときにはおすすめの本です。

|

« 1億円を作った人の共通点 その2 | トップページ | 昨日12/16(金)はタクシー多かったな »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/43368203

この記事へのトラックバック一覧です: 『柳井正の希望を持とう』:

« 1億円を作った人の共通点 その2 | トップページ | 昨日12/16(金)はタクシー多かったな »