« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

資産をいかに増やすかを考えるよりも

資産をいかに増やすかを考えるよりも どのように使うかを考えたほうがいい。
間違いなく 使い方を考えたほうがいい。それがたとえ老後の生活費だろうが、アワと消える浪費であろうが・・・。

  • 自分のために使うのか
  • 家族のために使うのか
  • 社会のために使うのか

だいたいね、投資ブログとか、マネー誌とかは増やすことを考えさせすぎですよ。結局のところその増やした財産、運用した得た利益をどう使うかのほうがよっぽど大事でしょう。まぁ、もっともマネー誌で人生訓のようなものを長々と書かれても興ざめしますが・・・(^-^;

などと偉そうなことを書いちゃいましたが、では私はどうなのでしょう?

う~ん、もう少しで自分のために使うお金は不労所得のみでまかなえそうです。家族・社会 よりよい社会のために使いたいものです。まだ、具体的には動きはないのですが、今後 社会起業活動などを視野に入れております。うまくいけばいいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成功している理由を考えてみる

私がやっている事業に関して、数字だけを見ると成功している部類かもしれません。
キャッシュ・フローはボーナス月を除いてほぼ毎月黒字ですし、順調に負債も減っています。

しかし、実際はそれほど楽々やっているわけではありません。休日なんてほとんどありませんし、昨年は大口顧客との契約が終わり売上で1000万円規模で飛んでしまいましたし、スタッフが増えたことで人員管理が大変です。

苦労話はさておいて 成功している理由を考えてみました。たぶんこんなところでしょう。

  • 小さくはじめたこと
  • ニッチ市場での勝負
  • 顧客の創造源があること

「企業の目的は顧客の創造」だとドラッカー氏も述べておりましたが、そのとおりだと思います。ただ、それだけではありません。もし商品が売れなくなっても根強いファンがいる場合はどうするのでしょうか?
顧客の創造だけを考えればその売れなくなった旧商品を捨てて新しい商品開発やマーケティング戦略が必要になるでしょう。でも取り残されたオールドファンを見捨てていいものなのでしょうか?ここにスポットライトを当てて取り込む戦略などもアリなのではないでしょうか?

「しんがり」というか、出口戦略といいうか ともかくどのように幕を下ろすのが最もいいのか、難しい問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税を上げる前にもらいすぎ年金を減らしましょう

Nenkin

出典は2011/12/24.31『週刊東洋経済』p92から
以前にも書きましたが、消費税を上げる前にやることあるだろ!
http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-246e.html
http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/2-ba50.html

昔新聞の読者投稿欄などで、デフレ歓迎論を展開するじいさまがいました。なんでも、食料品や衣料品など安く買えていいじゃないか、と

オイオイ ちょっと待てよ!だれが負担しているとお考えなのでしょうか?10年来ずっと給料が下がり続けている現役世代ですよ!

さっさと貰い過ぎの年金を適正化してくださいな!それができないのならインフレになっても連動しないよ!って制度変えなきゃね

もうね、いっそのこと ベーシックインカムでいいですよ、ホント なんかよほどすっきりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『生物学的文明論』本川達雄

『生物学的文明論』本川達雄
以前のエントリhttp://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/40-b7a7.htmlの続きです。

なつかしい『ゾウの時間ネズミの時間』を思い出す。学生時代に読んだなぁ~! 
生物は柔らかい
p127うわべは柔軟で、芯は硬いというのが、生物のやり方です。ところが人工物はそうではない
p139 長さ1億倍、重さ1兆倍の10億倍:生物のサイズを比べて
生物はアロメトリー、正比例ではない
p160 10トンの草の山、体重500kの牛2頭にたべさせる。14ヶ月かかって食べきって、その時の体重の増加は2頭あわせて200kg
     体重2kgのうさぎ500羽に食べさせても、同じ200kgの増加、ただし、3ヶ月しかからない。
体重1gのイナゴ100万匹に食べさせる。9ヶ月かかって食べつくし、その時には200万匹 2000kgになっている。
恒温動物よりは変温動物を、大きい動物よりは小さい動物を食べたほうが効率がいい。
こんなところに、飢餓・食糧不足に対する解決策があったなんて!私もなるべく肉を食べずにイナゴを、いやむしろ野菜を食べたいと思います。
p197エネルギーを使えば使うほど、社会と体の時間のギャップは大きくなり、私たちはより不幸になるのだ。だから幸せになりたかったら省エネするしかない!
このあたりは『バカの壁』で養老氏が述べられていたことと同様かと思われます。
p204ヒトの寿命と人間の寿命
心臓が15億回打つと、ゾウもネズミもみんな死ぬ。ヒトでは15億回打っても41歳
人生半ばのように感じるが、これは最近のことらしい。
縄文人の寿命は31歳 幼児の死亡率がものすごく高いので、それは覗いて、生殖年齢に達したもの、つまり、15歳より長生きした人の平均をとる。それでも寿命は31歳江戸時代で40歳代、昭和22年にいたっても、まだ50歳
縄文時代に60歳より長生きしたヒトは、100人に1人、室町時代でも10人に1人程度
p206野生においては、食物を始めとする資源は限られていますから、生殖活動に参加できなくなったものが生き残ると、自分の子供と資源を奪い合うことになる。
p207 60年代までは子どもが死ななくなった。 70年代以降は老人が死ななくなった。
う~ん、なるほど残り時間をどのように使うかを考えなきゃいけないですね。もちろん、社会をよりよくするために、人の役に立てるようにと考えていますが・・・
p216消費とはお金でエネルギーを買って、そのエネルギーを使って時間を生み出している。
消費も悪いことではない気がします。要は使い方。
p219老人は子育てを支援し、若者が子どもを作りたくなる環境を整備する。年金があるのだから、利益を抜きにして世のために働くべき
次世代のために働き、次世代の足を引っ張らないという姿勢をずっと持ち続けていけば
後ろめたさの少ない老後を過ごせるのではないかと思うのです。
p221 美味いものを食い精力をつけ、格好をつけて良い子を生みそうな相手を惚れさせ、いい家に住んで安全に子を育てながら良い学校に行かせて自分の子孫の繁栄を図る。これらの全ては、利己的遺伝子の欲求です。
p244世の中には自分にとって都合のよいものばかりが存在するわけではありません。
おっしゃるとおりですね。本当に生物関連の研究をやられている方はこのような視点を持つことが多いようです。やはり、自分だけの尺度で考えてはいけないのでしょうねぇ~。勉強になります。ありがとうございました。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ原子力安全保安院が一酸化炭素中毒のことを言うのか?

http://www.lpg.or.jp/etc/campaign/campaign2009.html

電車に乗っていると妙な広告を見かけました。

一酸化炭素中毒を警告しているのですが、不思議なことに原子力安全保安院からの告知です。いったいなぜ?

君たち一酸化炭素中毒を心配するより先にやることがあるでしょう。安全・安全だと言ってた原発はメルトダウンでいまだに放射能汚染を撒き散らし中ですし、こういう事故がおこらないようにチェックするのがキミらの仕事でしょう。

Mado_poster2009_01s

ガス会社サイドからみると大きなお世話!

とりあえず、放射能汚染の責任取れよな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

40歳 ほぼ人生終わりなのか?

20年ほど前、私がまだ学生だった頃『ゾウの時間ネズミの時間』を読みました。
最近、同じく本川達雄氏著作の『生物学的文明論』を面白く読みました。

ハツカネズミの寿命は2−3年ですし、インドゾウは70年近くは生きますから、ゾウはネズミよりずっと長生きなのですが、心拍数を時間の単位として考えるなら、ゾウもネズミもまったく同じ長さだけ生きて死ぬことになる

 心臓が15億回打つと、ゾウもネズミもみんな死ぬ。ヒトでは15億回打っても40数歳(心拍数60回/分:換算)

そうなんです。もう40歳とかっていうと、ほぼ寿命なわけなのです。実際、 縄文人の寿命は31年だったという推測値がありようですし。

さて、そう考えるともう人生 いつ終わってもおかしくないと言えましょう。では、残された時間をどのように有意義に使えるのか?今年の課題・宿題となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30冊ほどブックオフフへ

年末年始にオフィスと自室の整理整頓を行いました。
まずは、あらゆるところにはびこっている書籍のうち、最近2~3年で目を通していない本をブックオフで処分しました。

合計1500円ほどになりました。

書籍はかさばるのが難点ですね。

と、同時に必要なとこをスキャンスナップで取り込んだ古い雑誌や専門誌も大幅に処分。職場にはスチールラックを新たに設置して無駄スペースをだいぶ減らしました。

『捨て方上手ですっきり暮らす』http://www.amazon.co.jp/dp/4072425133/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1326194809&sr=8-1より 60m2で15万円の賃料なら畳1枚分は1ヶ月4125円 特売品でも無料でもらったものでも無駄なものを持つと それだけのコストがかかる」 
という記述を参考に スペースもタダじゃない 有効に使ってこそのスペース!
仕事のストレスでイライラがつのっていたのですが、片付けることによって気持ちもだいぶすっきりしました。(o^-^o)

断捨離おすすめです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年末のポートフォリオ(一部)

2011年末のポートフォリオです。

Ib2011_12_30

ちなみに1年前はこんな感じ

2010_12_31

ユーロ圏が安くなったばっかりについつい約定が多くなりポートフォリオに占める割合が膨らんでしましました。ちょっと反省!

 

              目標(%)  2012年1月
VTI (米国トータル)     22%
VB (米国小型)       24%
VGK+VEA (非米国大型) 12%
DLS+VSS (非米国小型) 15%
KXI (セクター戦略)     8%
VNQ (USA REIT)      3%
VNQI             3%
VWO (新興国)         10%
DBC+VDE (コモディティ)   3%
VTI,VBのアメリカ勢とKXIを増やし目に、そしてVEA,VWOを減らし目にしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 今年の目標

  1. 健康:なんといってもこれが大事 まだアラフォー世代ですが、いたるところに衰えを感じます。しっかりメンテナンスしていきたいです。
  2. 仕事:スタッフ定着率を上げる
  3. 勉強:英語力アップ http://homepage3.nifty.com/mutuno/04_dissect/04_dissect.html 最終的にはレベル5を目指していますが、とりあえずレベル3を目標に
  4. 生活:時間管理・整理整頓

       整理整頓:とりあえず、書籍の整理30冊程度をブックオフへ
       時間管理:月のうち半分は19時台に帰れるようにする
  5. そして、投資とブログをマイペースで続ける

去年の目標http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/2011-bea4.htmlとあまり変わっていませんが、少しずつコツはつかめています。しっかりやっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 今年の目標は

今年の目標を考える前に 昨年の評価・反省点などを

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/2011-bea4.html

2011年の目標

  1. 体調管理 
  2. 時間管理 
  3. 仕事? 
  4. 楽しむ時間をより多く ちょっと無理してでも旅に出よう

1)○風邪を引いて休んだり、何らかの病気で入院したりなどがなかったのでクリア
2)☓後半にはネットサーフィン減ってきましたが、相変わらず夜更かしが多かったです。だいたい寝るのが24時過ぎになってしまいました。今年はせめて23時半までには入眠したいです。
3)△~☓ 昨年度は意識的に仕事をアウトソーシングしていきました。スタッフの定着率がわるかったので今年は定着できるような職場環境を作りたいです。
4)○少しはできました。南の島で骨休めしてきましたし、あとは時々の出張がてらの遠出なども・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 引退まであと4年(目標)

昨年の資産状況をチェックしてみました。
毎年年末恒例の行事です。リバランスにむけての細かな計算はまだできていませんが、ざっくりと1年前と比べて30%の資産増加でしたo(*^▽^*)o

大きく貢献したのは次の2つ

  1. 1棟アパートがフル稼働したこと 
    それまでは半分が空室だったのですが、これにより不動産の資産価値が倍増しました。(年間家賃収入が10%となるように資産価値を計算)
  2. 事業収入
    毎年の増収増益とはいかなくなってきましたが、営業キャッシュフローがプラスなので無理な設備投資などをひかえれば自然と増えていきます。

しかし、それ以上に なによりも気が楽になったことは借金が減ったことです。一時7000万円近くあった負債が半減したことが嬉しいです。

今年の目標の一つですが、引退を2016年12月31日と勝手に決めてしまったので、それほど悠長に構えていられません。時間もないため英語を集中して勉強しようと思っております。
まずは、『完全英語上達完全マップ』(ホームページ)http://homepage3.nifty.com/mutuno/ (書籍) http://www.amazon.co.jp/dp/4860641027に沿って計画を立てていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »