« 消費税を上げる前にもらいすぎ年金を減らしましょう | トップページ | 資産をいかに増やすかを考えるよりも »

成功している理由を考えてみる

私がやっている事業に関して、数字だけを見ると成功している部類かもしれません。
キャッシュ・フローはボーナス月を除いてほぼ毎月黒字ですし、順調に負債も減っています。

しかし、実際はそれほど楽々やっているわけではありません。休日なんてほとんどありませんし、昨年は大口顧客との契約が終わり売上で1000万円規模で飛んでしまいましたし、スタッフが増えたことで人員管理が大変です。

苦労話はさておいて 成功している理由を考えてみました。たぶんこんなところでしょう。

  • 小さくはじめたこと
  • ニッチ市場での勝負
  • 顧客の創造源があること

「企業の目的は顧客の創造」だとドラッカー氏も述べておりましたが、そのとおりだと思います。ただ、それだけではありません。もし商品が売れなくなっても根強いファンがいる場合はどうするのでしょうか?
顧客の創造だけを考えればその売れなくなった旧商品を捨てて新しい商品開発やマーケティング戦略が必要になるでしょう。でも取り残されたオールドファンを見捨てていいものなのでしょうか?ここにスポットライトを当てて取り込む戦略などもアリなのではないでしょうか?

「しんがり」というか、出口戦略といいうか ともかくどのように幕を下ろすのが最もいいのか、難しい問題です。

|

« 消費税を上げる前にもらいすぎ年金を減らしましょう | トップページ | 資産をいかに増やすかを考えるよりも »

起業・事業について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/43791703

この記事へのトラックバック一覧です: 成功している理由を考えてみる:

« 消費税を上げる前にもらいすぎ年金を減らしましょう | トップページ | 資産をいかに増やすかを考えるよりも »