« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

『アマゾンのロングテールは二度笑う』鈴木貴博

『アマゾンのロングテールは二度笑う』鈴木貴博
p28 足場の悪い土俵で戦い続けてはいけない
NTT、ソニー、イトーヨーカドーの共通点は「自分たちがこれまで得意だった土俵では、優良企業であることの意味がが小さくなってきている」
戦う土俵をしっかり見極める。あ~!できてないです。初心に戻ってなんのために起業したのか?ある特定のひとにちょっとした幸せを届けたいだけなのになぁ~
p111 日本人の新興富裕層は、「人生の終盤にささしかかった今、なににお金を使ったらいいのか」という悩みがある。
う~ん、確かに ヨーロッパなどの超富裕層とは違い、所詮日本の超富裕層は1代か2代せいぜい50~60年のキャリアしかありませんから、お金の使い方なんて分からないですよね。わたしも定義的には富裕層に分類されそうですが、効果的なよりよいお金の使い方が全くわかっておりません。とりあえず、使い方がよく分からないので投資しているだけという情けない状況です。まずは目的を持って取り組むべしとミーティングではスタッフに激を飛ばしているはずなのに・・・
p156 仕組みの差で勝敗が決るレベル
仕組みづくりにお金をかけたらいいのでしょうね。それは分かるのですが、現実おこる雑多なことに飲み込まれ・・・イカン、イカン 遠くの目標:自分がいなくても回る組織づくりを目指してがんばろう
p169 サーバントリーダーシップ
なぜアマゾンは・・・二度笑うのか?少ない在庫投資で利益を上げる。ロングテールの部分で利益を上げる
う~ん、理想的ですな。少ない在庫で利益を上げているのはある程度できていると思います。ただし、不安定。ロングテールの部分で稼げているかというと全く・・・まぁ いいや とりあえず、経営が不安定になったきているので しっかりと足場を固めよう。がんばれ!自分!!ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琉球銀行 確定拠出年金 信託報酬率引き下げ

野村新興国株式インデックスファンド・野村新興国債券インデックスファンド 信託報酬率の引下げについて 2011年9月20日
2012年4月1日より、下記のとおり信託報酬率が引下げになりますのでご確認ください。

ファンド名 信託報酬率
変更前 変更後
野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.798%
(税抜き0.76%)
0.588%
(税抜き0.56%)
野村新興国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.7245%
(税抜き0.69%)
0.5775%
(税抜き0.55%)

告知はだいぶ前にあったようですが、琉球銀行の401k信託報酬率 引き下げです。

VWOVanguard MSCI Emerging Markets ETFが0.22% 
EMLCMarket Vectors Emerging Markets Local Currency Bond ETF が0.49%

を考えれば まだまだ感がありますが、もう一段階引き下げあるならスイッチングして購入していこうと思います。とくに、新興国債券のほう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000億円集めるのね・・・

もう締め切られちゃいましたが、少し前に静岡銀行インターネット支店 定期預金の金利が話題となっていました。なんでも破格の高金利(^-^; とのこと

0.7%ぽっちなんですけどね。しかしまぁ驚いたことに予定の1000億円を集めちゃうのですね・・・

http://shizugin.net/campaign/campaign_announce.html

平素はインターネット支店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

「プレミアム金利キャンペーン」はご好評につき、募集総額1,000億円に達しましたので、当初からのご案内の通り、2月17日(金)16時をもって受付を終了させていただきました。

みなさまのご利用ありがとうございました。
引き続き、インターネット支店をご利用いただきますようよろしくお願いいたします。

静岡銀行インターネット支店:プレミアム金利(1年0.70%)キャンペーン 本日(2/17)16時締め切り 2012/02/17

ケタは違いますが、復興支援の資金もうまくやればいくらでも集まる気がします。だって死蔵されているようなお金がこんなに利率でも動くのですから。あるところにはあるものですね。

日本のしくみを変えてくれる政治家 カモン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休眠口座で復興支援

休眠口座で復興支援 いいことですね。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120215/plc12021521260010-n1.htm
これに対し、銀行業界は「休眠口座は20年程度取引がなくても、突然引き出される場合もある」(大手)などと強く反発している。

な~んて言ってますが、じつは 銀行がネコババしてます。

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201202140743.html
商法上、銀行の預金は最後の取引から5年、信用金庫などの預金は民法上10年たつと、預金者の権利が失われる。ただ、金融機関は休眠預金でも預金者の求めがあれば、払い戻しに応じている。払戻額は年350億円前後で、800億~900億円からこの分を差し引いた450億~550億円が金融機関の収入になっている。

いやネコババじゃないです。法律できまっていることですから、ただここ数年税金も納めていなかった銀行の収入になるのはおかしいでしょう。

さて、私の休眠口座なのですが、先日閉鎖しようと金融機関に行ったのですが、支店ではダメとのことで、本店に行きました。本店では預金の口座の印鑑と出資の口座の印鑑が別々でこちらは預金口座の印鑑なので出資の引き上げができませんとのこと。さて、三度のトライでようやく出資の引き上げができましたが、まだ口座はクローズできません。(;ω;)

口座をオープンするときはウチまで来てくれたのにいざ閉鎖するときはすごく苦労します。

なんとかならないのものでしょうか?

そういえば、カルロス・ゴーン氏が『ゴーン道場』でこんなことを言っていました。

p96 強みは弱み

日本企業はプロセス重視
製造業やエンジニアリングにはいいが、非製造業では効率悪くなる 外国人は口座を開くのに膨大な書類必要
プロセス重視の日本社会では確かに製造業などで高品質のものを作り上げることはできるでしょうが、iPhone やらwndowsのような不完全を前提にしたものは難しいのでしょうね。それにしても、日本の銀行業のサービスの悪さは何とかならないか!不満たらたらです。(・A・)イクナイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ぶれない人』小宮一慶

『ぶれない人』小宮一慶

p5ある程度の収入や立場を得たことで満足してしまう人はそこで止まってしまう。
高い「志」がないとそこから上の段階へは進めない。
効率性ばかりを重視するなどして、仕事をする人は、仕事がお金を稼ぐための手段になっているため、仕事が荒れる。
伸びる人は もう一段階上 良い仕事をすること

いい仕事がしたいですねぇ~。自分が納得できる仕事。お客様も納得できる仕事、そして第三者から見ても「これはいい仕事だ」と評価されるような仕事をしたいものです。でも実際はこんなものでいいか、なんて妥協しがちです。反省してもっと上のステージを目指したいものです。

「ぶれないこと」 自分の信念をしっかりと持ち、それを貫いている人
p50立派な木になるために、しっかりとした根を下ろす
p80自分の原点や、人生の根源に関わる価値観などについては、信念をかけてでもこだわり、、譲らず、貫いている

「信念」ですね。投資に関しては「信念」をもって貫いておりますが、事業に関しては「背に腹は代えられない」とばかり妥協する場面も・・・今一度 原点を振り返って「いい仕事」をしよう。
p84 「優しさ」のコインの裏側は「厳しさ」
 「甘さ」の裏側が「冷酷」
「優しさ」と「厳しさ」のバランスを上手くとってよいボスとして仕事を回していかなきゃね
p101 まずは自分を省みる。できれば何度も省みる
p137 働きがいを持つと楽しい。毎日るんるん気分で会社に行ってますか?
p139 せめて自分だけは正しい考えを持って、お客様のために良い仕事をしよう
スタッフがルンルン気分で仕事に入れるよう環境を整えます。自分はわりとテンション高めで職場に来ていますが・・・
あ~あ、なんか反省点ばかり、「おごってはいけない」「おごっては」さぁ、今日も仕事がんばろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おごってはいけない

すみませんm(_ _)m 奢っていました

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-fd90.html

http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-8c1a.html

なんて、天狗になっていました。
そんなに余裕はないですね。

景気動向・内部統制・競合・・・などなど 当方も問題山積みです。
実際 利益に直結している主力セクタは半減しているし、売上・利益とも1割は減っています。

一応食ってはいけるし、スタッフを雇って食わしてはいけてますが、今後もこのペースで減少し続ければと考えるとちょっと心配です。

  • 主力セクタでのセールスに力をいれること
  • 人件費以外の経費を節約すること

まずは上記をやっていきます。顧客数は増えてるんだけど、単価が極端に減ってるんだよなぁ~。値引き合戦みたいなことは絶対にやらないと心に誓っているわたくしでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気動向---看板屋さん情報より

最近景気が少し上向いているとのこと 
野立ての看板の発注がいくつかあったようです。
ただし残念なことに外食大手のみ・・・う~ん、微妙ですねぇ~。

外食大手が参入するのはそこがマーケットとしてイケルと思っているからでしょう。その意味では当地はまだまだ発展余力がありそうです。しかしなぁ~、本当は小さなお店がどんどん活躍できる方が好ましい状況だと思うのです。

就職先がないと嘆くよりも、どんどん起業してどんどん失敗して、それでもやり直しがきく社会であって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月購入ETF

2012年 今年はじめての定期購入です。

ETF

12月

2012年1月

VAS(AUD)

@55.77 
XIU(CAD)
@16.92

XGIN(EUR)

@193.06

PCY

@26.97

VB

@69.69
@71.71

VEA

@31.13

VNQ

@54.45
@57.75

VNQI

@42.25
@42.38

VSS

@79.97
@78.87

VTI

@63.36
@65.56

VWO

@38.85

@39.39

相変わらずの円高なので、今回は多めに外貨へと交換しました。

FX 12月 2012年1月
EUR.JPY @98.23
USD.JPY @76.78

本業のほうが不振のため、現在、そちらに集中して取り組んでおります。
え~っと、1月に関しては定期購入に対してとくにコメントありません。しかも、どういうわけかちょっと資金余力が乏しくなっています。今回はこのへんで・・・m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年末のポートフォリオ その2

2011_12_30
2010_zakuri下図は2010年末のものです。

これらを比較すると、日本株がだいぶ減って、他の先進国とのバランスが取れてきました。現在、アーリーリタイアメントに向け少しずつ保守的にシフトする予定です。今後は債券投資を増やしていいく予定です。シンプルに年齢くらいまでのパーセンテージまで徐々に増やしていきます。

あと、問題なのは日本の不動産。これじゃあ、持ち家の一般的な昭和サラリーマンに近いかもです。もうそういう時代じゃないですから・・・。持ち家が資産とは今の私にはとうてい思えません。日本の不動産を減らして、海外の不動産REITを増やしたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »