« クレジットカードの功罪 | トップページ | 求めるものが高すぎる? »

『自分を見失いがちな世界でぐらつかない生き方を選ぶ本』リック・カーシュナー

『自分を見失いがちな世界でぐらつかない生き方を選ぶ本』リック・カーシュナー
http://www.amazon.co.jp/dp/4478710414/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1334738906&sr=8-3

はじめに 自分の人生に何を求めていくかが確実なこと

それが必要なのですが、なにを求めると言われても・・・ まぁ幸せかな?いろいろな外部環境からの圧力が少なく、なにをやるのも どこへいくのも比較的自由な状態 それを求めております。

p20 われわれは 5つの通貨をすでに持っている

1. 時間
2. お金
3. エネルギー
4. 才能
5. チャンス

私にしてみれば、時間がだんだん失われつつあります。その反面 お金は増えてるとは思います。
あ、でも エネルギーとチャンスも減ってきてます。そして才能も「たいしたことない」ということが分かってきつつあります。どうすりゃいいんだ?

一発逆転を狙いに行くしかないのか?・・・宝くじ?まさか?(゚ー゚;

p25

1. 満たしている価値観を確認
2. 部分的にしか満たしていない価値観
3. 満たしていない価値観
4. 価値観に違反している行為を確認

これれを評価確認

p122 80% を健康とエネルギーにとってよいものを食べ、残り20%を他の基準で選ぶ

p95 失敗しないために  どうすべきか?

答えは、集中と反復 そのむかし、私はサッカー少年でした。その練習でも一緒だったなぁ~。たしかに、大切なのは集中と反復だ!! 

p81 時間の配分を確認 チェック
p60 方法1 人生をデザインするためのスケジュール帳

1. 価値観
2. 目標
3. プロジェクトと計画
4. 時間の見通し

1. 月別
2. 週別
3. 毎日
4. 今月
5. 今週

p222 汚染された土地にひまわりを植えるとウラニウムを除き、カラシナが水銀を、とうもろこしやバミューダ・グラスが鉛を除く作用があるとわかっています。植物は様々な疾患や身体的障害の治療回復に役立ちます。オトギリソウがうつ病に、イチョウが痴呆に、にんにくが血圧、生姜が乗り物酔いに効果があることを知っていますか。

まぁたしかに、聞いたことはあります。食事に関していえば 日々の生活が大切ということでしょう。



 p241 訳者あとがき わたちたちは配られたトランプの中で生きなければなりません。配られた手が悪いからと言って嘆いても始まらない

確かに自分を見失いがちな世界ですけれども、ぐらつかない生き方って難しいですよね。人生をデザインする必要があります。

どういうふうにして生きていきたいのかもともとよく考えなきゃね。まぁその通りなんですけれどもいろいろと他人と比べたり、いろんなことにこだわって自分の不幸を嘆いてみたりよくはないですね。
もっと現状認識を 認識して、そのなかで最善のことやっていかないといけませんね。

|

« クレジットカードの功罪 | トップページ | 求めるものが高すぎる? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/524799/44870486

この記事へのトラックバック一覧です: 『自分を見失いがちな世界でぐらつかない生き方を選ぶ本』リック・カーシュナー:

« クレジットカードの功罪 | トップページ | 求めるものが高すぎる? »