« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

今年の目標:やめることを3つ考える

  1. 売買しないのにアカウントチェックすること。あきらかに時間の無駄である。そもそも口座を減らそう!
  2. 中抜き業者をなるべく減らす 他人のために働くことを減らす。
  3. 不毛な論争・会議などに時間をかけない
以上のような無駄を減らしたいと思っております。
おそらく、自分でコントロールできることが大部分なはずなのですが、現実的にはよほど意識していないと難しいですよね。
あ、ネットサーフィンも昨年はだいぶ減りました。
時間の無駄なのでこれらも継続して減らす方針です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルジェリアのテロについて

アルジェリアで武装勢力による人質事件で思うこと

英国、フランス首相が「多数の死者が出たにもかかわらず、アルジェリア軍の行動は正当、憎むのはテロリストの方だ」などとコメントしておりました。

日本人感覚としては、「えぇっ!アルジェリア!!つっこむの???」「人命尊重は…?」
そんな疑問がわいてきますが、必要以上にアルジェリアの対応を正当化するのは理由があるのでしょう。

ここで、弱気を見せたら今後もっとひどいテロが起こり得るのを懸念しているのではないでしょうか?
現に、日本では、テロリストと交渉したり、人命尊重ということで、身代金をたんまり渡したり、それが、今後のテロ再発を増長させるのではないでしょうか?
テロリストからすれば「日本人はくみしやすい、なんでも要求を飲む」などとなめられる可能性があります。今回の件でも、日本人が第一ターゲットだった可能性が考えられます。

なめられないような、武装も必要なのでしょうねぇ・・・
今後、このようなことがないように列強の連帯および当事国との連携をお願いします。

いままでは、日本人が尊敬の念で見られていたのに、これからターゲットとみられる世界はゴメンだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8~10月購入ETF

8月 9月 10月
EMLC 26.72
VEA 34.49
VNQ 66.04 69.02 64.64
VNQI 50.05 53.07 52.50
VSS 85.02 89.95 88.38
VTI 72.03 75.56 74.09
VWO 41.03 42.019
USD 78.05 78.02 78.12
アップできていませんでしたが、ブログ更新できなくてもETFは購入し続けております。
ただ、購入金額は減少傾向にあります。
本業が忙しくて、細かくチェックしにくくなってきましたし、それ以上にやらなきゃいけないこと
あるいは、やりたいことが増えてきたのが理由です。
ま、そんなこんなでも続けられるのが長期積み立て投資のよいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fxの含み益が数百万 さてどうしたものか?

おりからの円安でfxの含み益が数百万円に積み上がっております。

もともとは300万円ほど入れていたのですが、レバレッジ5倍ほどで、
円安とスワップ合わせて 入れていた金額以上の含み益が出ております。(◎´∀`)ノ
上手いトレーダーなら、このへんで利確するのでしょうね。そして、また3年ほど寝かして円高の際に外貨買いするかんじでしょうか?
「もっと上手いと思い込んでいる」トレーダーはタイミングを見てドテン売り、あるいはスキャルピング・・・?
いずれでもない私はそのまま・そのまま動かず そのまま
出口戦略としては、USDが110円、AUDが100円を超えたら売ると思います。
そんなことはさておき、まずは健康第一だと考えている今日この頃でした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業倒産防止共済がいつの間にか変わっていた点

    サラリーマンにとっては全く無縁のものですが、


中小企業倒産防止共済の上限がアップしていました。

掛け金も月々20万円まで増え、掛け金も800万円までOKとのことです。
しかも、前納で少しお得になります。

前納減額金(前納による割引金)の算出方法
  掛金月額×1,000分の5×(前納月数の累計)   
http://www.smrj.go.jp/tkyosai/qa/nofu/000110.html


使わない手はないでしょう。この共済が破たんするリスクなんかも考えなきゃいけないのかもしれませんが、ま、とりあえず国家破綻はしない前提で考えておりますので杞憂かと思います。

中小企業ど真ん中、所得税・消費税増税が痛すぎる当方としましては、少しでもできる対応をしていきたいものです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »