« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

金融機関の対応差について

金融機関の対応

海外の金融機関に電話する必要がありまして、恐る恐る下手な英語で要件を伝えました。
拙い英語を何とか理解してくださり、しかも 分かりやすい米国英語でゆっくりと丁寧に説明してくださり 用件を済ますことができました。
なにもホスピタリティって日本の専売特許じゃないのね。
で、やけに丁寧な対応をしてくださると感心していると、後ほど対応についてのアンケートが送られてきました。もちろん、excellentと評価しました。
なるほ、このような仕組みづくりで顧客満足度は上がっていくし、窓口スタッフのスキルやモチベーションが上がっていくのですね。
それに比べて、日本の窓口といえば・・・ http://lazy-portfolio.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-7d52.html
インセンティブの方向性が間違っているのでしょうね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4414304164 『影響力の武器』なんかを読めばすごく参考になるのにね、間違いなく前述の金融機関のスタッフや上司は読んでないでしょうね。
もちろん、専門のコールセンターとリアル店舗の窓口では事情が異なるのでしょうが…
それにしてもなぁ・・・ 
日本の金融機関を使う利点に疑問を抱くこの頃でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金融機関の営業姿勢について

ちょっと 頭にくることがございまして・・・

なんなんだろうなぁ~ あの某金融機関の営業姿勢は・・・?
こっちからお願いしたわけでもなく 営業に来たくせに、入金済ますと もう来なくなるし・・・
(営業ノルマたっせいしたから もういいの?)
こっちからお願いした金融商品や不動産物件の紹介などもなく、散々 待たされた挙句 約束のミーティングはドタキャンするし・・・
社会人として信じられない。
社会人として信じられない場合どうなるか?当然 一緒にビジネスなどできるわけなく、即効で解約しました。
解約時に店舗で待っていましたが、なんだかご立腹のお客さんが窓口に文句言ってましたね。
「さんざん、待たせておいて!」とか「この書類だと不備があるだと~?」などなど
まぁ、そんなにプリプリしなくていいのにと思いながらも、顧客を怒らせる 何らかなの原因なり企業(支店)文化があるのかなと思いました。
もっとも、金融機関側にしてみると、預金者は顧客じゃないのでしょう。
自分たちの顧客はお金を借りてくれる企業と思っているのでしょう。
ま、間違いではないでしょうが、なんだかなぁ~・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィークになにをしているのか?

以前のブログ記事を見ていると、ゴールデンウィーク中は 結構仕事をしていましたね。

今年は、ほぼ仕事してません。いや、一日だけ事務仕事を片付けていました。
何をしていたか?
近場に遊びに行ったり、整理整頓したり・・・
あと、たくさん本を読めたのがよかったです。
仕事関連の専門書や 自己啓発的定番の『ビジョナリーカンパニー』やビジネス雑誌 あとは『海賊と呼ばれた男』
なかなか充実した連休でした。
ちなみに、GW中にオススメ行事は大掃除です。やるべきことの多い12月よりはよほど作業効率がいいと思います。寒くないし、水も冷たくない。
特に今年は晴れ間が多かったですし、なんだか、気持ちもリセットできてスッキリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »